monstergasumuie_000

「モンスターがすむ家」は、ペアで協力してモンスターを運び、穴に落っことすゲームです。このゲームの場合、運ぶというのは実際に物理的に運びます。

monstergasumuie_002

中身はこんな感じ。ボードの中にいるオレンジ色のコマが運ぶべきモンスター。これを可動式のバーで挟んで迷路を移動させ、まん中の穴に落とします。

monstergasumuie_003

2人ずつ順番に、隣り合わせたプレイヤーでこうしてバーを持ち、スライドさせてどんどんモンスターを移動させていきます。角まで進むと交代、ハイッハイッと小気味よく進めていくのがコツ。まん中の穴に落としたらモンスターカードをめくって新しいモンスターを出現させ、これを砂時計が落ちきるまで続けます。

時間が来た時点までに落としたモンスターの数が、2人共通の得点。相手と息を合わせて手を動かすのが高得点につながります。

monstergasumuie_005

ただ、急ぐだけではうまくいかない。勢いをつけ過ぎるとこうしてモンスターが倒れてしまいます。この場合、スタート地点からやり直しになるので結構なタイムロス。素早く、でもちょうどよい手の動かし方が必要になってくる。

monstergasumuie_006

こうして2人ペアを交代しながら進めていきます。上級ルールでは迷路のポイントカードが登場し、モンスターを運ぶ際に必ず通らなくてはならない地点が指定される。この場合、どのルートを通るか2人で相談することも重要になってきます。

知人はこのゲームをしながら「これは…なんか…仕事みたいだ!」と言っていました。「時間制限×相手と息を合わせる×素早く、ちょうどよく手を動かす×ルートの打ち合わせ」というゲームの要素を考えると確かにそうとも言える。もちろん基本的にはワイワイと純粋に楽しいのに、仕事のシミュレートになってるかもしれないのがすごいゲームです。

(おわり)