「そっとおやすみ」は、同じ絵柄のカードを集めるゲーム。シンプルなルールですが、他のプレイヤーの動向に素早く反応しなくてはいけないので、気を抜く隙が全くありません。

3~7人でプレイできて、5人プレイ時のセット例はこんな感じ。手札は5枚ずつ配られます。

ゲームの目的は、「ある条件」が起きたときに手札を伏せること。伏せるのがビリになってしまうと、マイナス点になるので気をつけましょう。

「ある条件」は2つあって、その1つは「同じ絵柄の手札を4枚集める」というもの。上の写真では右の2枚が同じ絵柄なので、これを集めていくことにしましょう。

ちなみに5人プレイ時のカード構成はこんな感じ。同じ絵柄のカードは4枚ずつで、5種類。上段の5枚はジョーカー扱いで、どの絵柄のカードとしても使えます。

自分の番にすることは、手札の1枚を次のプレイヤーに裏向きで渡すこと。これを順番に続けていき、カードが回っていきます。

しばらく続けるうちに、手札がこんな状態になりました。条件成立ですので、手札を伏せることができます。ただし、伏せるタイミングはいつでもオッケー。すぐでもいいし、わざとしばらくしてからでも可能。

ここでは、他のプレイヤーがカードを受け渡していて、手札から気をそらしていそうな瞬間を狙って伏せてみることにしました。そっと手札を伏せて置いたら、そのラウンドは勝利です。

そして、手札を伏せることができるもう1つの条件は、「他の誰かが手札を伏せた」というもの。つまり、誰かが伏せたらその瞬間から自分の手札の状況に関係なく、伏せることができるわけです。

他の全員が伏せているのに気づけなかったり、伏せるのが最後になってしまったときは、そのラウンドは負け。マイナス点となる「おねむちゃんカード」を1枚受け取ります。このカードの枚数である13回これを繰り返して、一番多いプレイヤーが負け、というわけ。

かわいいデザインなのに、ルールは一瞬も気を抜けないもの。自分の手札を気にしつつ、他のプレイヤーの動きにも素早く反応する必要があります。視野を広く持つこともポイント。

わざとゲームに関係ない雑談を始めて、他のプレイヤーに隙を生むのもテクニックだったりします。負けると悔しくもあるのですが、「えっ、あれ!?」と、自分の間抜けさに笑えるのも不思議と楽しいゲームです。

(おわり)