「クイビット!」は、手札を使ってカエルのコマを進め、最後まで生き残るゲーム。ルールはとっても簡単ですが、心理の読み合いと論理思考が熱いんです。

2~4人で遊べて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。赤丸で囲んだ特殊なタイルの間に、各色のタイルを1枚ずつランダムに並べ、全体を円にします。4つのカエルコマを連なるように並べて、ゲーム開始です。

手札は全員共通で、自分のカエルと同じ色の1~5のカード。このゲームには自分の番というものはなく、手札から1枚裏返して場に出します。

全員が出したら、せーので表向きにしましょう。そして、出したカードの数字に合わせて、タイルをマスに見立てて自分のカエルを移動させていきます。移動にはいくつかルールがあります。

  • 小さい数字カードを出したプレイヤーから移動させる。
  • 同じ数字カードが出された場合、カエルの並び順が後ろのプレイヤーから移動させる。
  • カードの数字と同じ分、カエルを時計回りに進める。
  • 他のカエルがいるタイルは飛ばして数える。
  • 「自分の色の葉」か「花」のタイルに乗ったらセーフ。それ以外はアウト。

という感じ。実際にやってみましょう。

最小の数字は赤と緑の1ですが、より後ろにいる緑カエルから移動。赤カエルを飛び越えて、ハスの花に乗ったので、セーフとなります。

続いては赤カエルを移動させて、緑のハスの葉に乗りました。自分の色と違うハスの葉に乗ったので、アウトです。

続いての黄色カエルはアウト。

最後の青カエルは、うまく他のカエルを飛び越えて青い葉に乗ったのでセーフ。思惑がうまく当たったわけです。

セーフだった緑と青は手札が戻ってきますが、アウトだった赤と黄色は出した手札を捨てなくてはいけません。

カード出しと移動を繰り返し、最後まで手札を残した人が勝者。手札は二度と戻ってこないので、だんだん選択の幅が狭まっていきます。そうならないためにも、他のプレイヤーが出してくるカードを読んで、セーフにするべく選択をよく考えるのがポイント。

全てのカエルを移動させたら、並び順のトップの目印としてカエルに乗せます。勝ちが決まる条件はもう1つあって、トップのカエルが周回遅れのビリカエルを追い越した場合はその場で優勝。じわじわ進んでるだけではまずい場合もあるわけです。

1枚だけある水面のタイルに乗った場合はアウト。気をつけなくてはいけませんが、うまく使えば他のカエルを陥れられるかもしれません。

出すカードを決めるに当たっては、まず他のプレイヤーの動向を想像するのがポイント。そして、移動のルールを踏まえてカエルの動きを頭の中で組み立てることも大切。ああなって、こうなって、こうなるから……いや待てよ……と、悩ましい分、うまくいったときが嬉しいゲームです。

(おわり)