「バーディーパーティー」は、パーティー主催者のリクエストに合ったプレゼントを見つけるゲーム。よく見て覚えて、全員で協力してミッションを成功させるタイプのゲームです。

箱の中身は全てカード。まずはこちらの「鳥カード」が16枚。ハチドリ・ホロホロチョウ・オウム・フラミンゴという4種類の鳥が4枚ずつ。めくると4色・4種類のアイテムが描かれています。これがそれぞれの鳥が持っている、パーティーに持参するプレゼントというわけです。

こちらは主催者から届いた「招待状カード」で、枚数はやはり16枚。片面の上段には鳥が1羽、下段には絵の具とプレゼントが描かれています。上の写真の例は「ハチドリさんへ…赤いもの、または、ケーキを持ってきてね」という意味です。

さて、ゲームを始めましょう。説明書には1~4人用とありますが、実際は何人でもオッケー。どの人数でもセット例はこんな感じ。

自分の番でまずするのは、「招待状カード」の山札から1枚めくること。出てきたのは「フラミンゴさんへ…青いもの、または、ネックレスを持ってきてね」という招待状です。

続いてするのは、招待状のあて先と同じ「鳥カード」を1枚めくること。上の写真でめくったところ、ネックレスではありませんが青いものが出てきました。色またはモノのうち、片方が合っていたので、この招待状はクリア。「鳥カード」は裏返して場に戻し、次のプレイヤーに交代です。

次の招待状は「オウムさんへ…黄色いもの、または、手袋を持ってきてね」。でも、めくったオウムのカードから出てきたものは、黄色でも手袋でもないので失敗です。この場合はその「鳥カード」を場から取り除きます。

続けて招待状と合ったプレゼントを探さなくてはいけません。一度違った場合は、もう鳥の種類に関係なくどの「鳥カード」でもめくれます。失敗したら「鳥カード」を取り除いて再挑戦、クリアしたら場に戻して次のプレイヤーに交代…を繰り返していきます。

こうして、全ての「招待状カード」をクリアできたらミッション成功。その前に「鳥カード」が場からなくなってしまったらミッション失敗です。

ゲームを進めるうちに、「あの鳥カードの裏は○色の□□だったな」ということがわかっていくので、見たことをよく覚えておくのがポイント。全員でミッション達成を目指すので、他の人の番のときにもコミュニケーションを取り合って協力できます。

箱には「4歳から」と書かれているこのゲーム。色または絵のマッチングということで、1つのカードに2つの情報があるわけです。「招待状カード」と「鳥カード」の照合は、自分がやったときも一瞬だけ「…ん?」と、合ってるかどうかの確認に時間がかかりました。小さな子どもにとっては、「どちらか片方でも条件が合っているか」ということを認識する経験になりそうです。

やってみるとわかりますが、全員協力型のゲームの中でもミッション成功はかなり簡単な部類。そういう意味では負けや失敗の受容が難しい子でも、安心して楽しめそうとも言えます。ルールに従って情報を処理し、達成感を味わう経験になるのが楽しいゲームです。

(おわり)