ゲーム紹介

*全員協力型

「虹の国」─魔法使いVSプレイヤー全員の協力型すごろく─

nijinokuni_001

「虹の国」は、すごろくタイプのゲームですが、ゴールに入る順位を競うわけではありません。虹のしずくを集めて、魔法使いが壊してしまった虹を取り戻すというミッションを全員で成功させることが目的です。

nijinokuni_002

2~6人まで遊べて、6人プレイ時のセット例はこんな感じ。人数が違った場合も、左上のスタート地点にいるコマの数が変わるだけです。

nijinokuni_003

プレイヤーは自分のコマの色を決めて、順番にサイコロを振ってコマを進めていきます。上の写真は、スタート地点にいた赤のプレイヤーが4を出して進んだところ。止まったマスにあるのは色おはじきは「虹のしずく」。ちょうどで止まると手に入れることができます。

nijinokuni_004

手に入れた虹のしずくは、壊れてしまった虹に戻しましょう。色を合わせて欠けた部分に乗せると、本来の色に戻ります。この仕掛けがビジュアル的にきれいで楽しい。

nijinokuni_005

すごろくタイプのゲームですが、前に進むだけでなく、後ろに戻ることもできます。上の写真で5の目を出した黄色のプレイヤー、後ろに戻ればちょうど青い虹のしずくを手に入れることができます。こうしてみんなで虹のしずくを集めていきますが、コマの動かし方の特徴はこれだけではない。

nijinokuni_006

上の写真、青のプレイヤーが1を出したところ。実はこのゲーム、誰がどのコマを動かしてもいいことになっている。この状況だったら、青のプレイヤーが緑のコマを動かせば虹のしずくを得られる、というわけ。

そのため、サイコロを振ったら、自分のコマだけでなく全てのコマを見渡して、どれを動かしたらいいのか考えるのがポイント。普通のすごろくと違い、視野を広く持つことがミッション成功につながるわけだ。

nijinokuni_007

他にも考えどころは発生する。例えば上の写真、茶色のプレイヤーが虹のしずくを取ったところですが、そのマスには5の目の表示が。これは「サイコロの目が書いてあるマスに止まったコマは、その目が出たとき以外には動かせない」という意味。

先のルール通り、茶色のプレイヤー以外が5を出したときにも茶色のコマは動かせます。常に他のプレイヤーのコマの状況も把握しておけば、そのときにベストの選択がしやすくなる。もちろん、サイコロを振ったプレイヤーが気付かないときは、他のプレイヤーが伝えてもいいでしょう。プレイヤー全員は、共通の目的をもったチームであるわけです。

nijinokuni_008

こうしてマスを行き来しながら虹のしずくを集めていくわけですが、虹を壊した魔法使いも黙っているわけではない。全てのプレイヤーが魔法使いの手下であるカラスのマスを通過すると……。

nijinokuni_009

それ以降、各プレイヤーはサイコロを振るとき、普通のものと合わせて紫のサイコロも一緒に振ります。そして、紫の目の数の分、魔法使いが進んで追いかけてきます。魔法使いの紫サイコロの目は1・2・0となっていて、0が出るとホッとしますが、どんどん進んでくることもある。迫りくる魔法使いにドキドキしながら、その場でのベストの判断を考えるのが楽しい。自分が気付かない場合でも、他のプレイヤーが教えてくれることもあるでしょう。

nijinokuni_010

こうしてマスを進んでいき、全ての虹のしずくを集めて、全員がゴールである太陽にたどり着ければミッション成功。全員がゴールする前に、魔法使いが太陽にたどり着いてしまったらミッション失敗です。

すごろくだけど協力型というのが珍しい。自分のことだけでなく、ボード全体をみんなでよく見て考えるのがポイントのゲームです。

(おわり)

「ザ・ゲーム」─やりとりがもどかし面白い、協力型の数字並べ─

the_game_001

「ザ・ゲーム」は、他プレイヤーと限定条件のもとで情報をやりとりしながら数字カードをできるだけたくさん出していく、全員協力型のゲームです。見た目はおっかないですが、内容はそんなことありません。

the_game_002

中身の全ては写真の通り。1と100のカードが2枚ずつ、2から99までのカードはそれぞれ1枚ずつです。とてもシンプル。

the_game_003

1~5人でプレイできますが、3人プレイ時のセット例はこんな感じ。2枚ずつの1と100、カードを出していく場所のセットの仕方は説明書とちょっと違うのですが、わかりやすいと思ってこうしています。

カード出し場は4か所あり、1から数字をだんだん大きくして出していく場所が2か所、100から小さくしていく場所が2か所。ここにプレイヤー全員で可能な限りたくさんのカードを出していくことがこのゲームの目的です。

the_game_005

自分の番では、いずれかの置き場にカードを2枚以上出します。写真は4と94を出したところ。数字の間は飛んでもよいですが、カードは基本的に小さい順・大きい順にしか出せません。カードをたくさん出すことが目的なので、飛ばす数は少ない方が有利、というわけ。

the_game_006

カードを出したら、出した枚数と同じ枚数のカードを山札から補充します。上の例では2枚出したので、2枚補充したところ。そして次のプレイヤーの番に移り、カードを出しては補充して…を順番に繰り返していきます。

the_game_007

繰り返しになりますが、ゲームの目的はカードをたくさん出すこと。なので、97の次に96を出すように、差が1のカードを出せると嬉しい。

こうして順番にカードを出していく中、プレイヤー同士手札を見せ合うことはできませんが、「ここは出さないで!」「この場所、出しちゃってもいい?」などとコミュニケーションをとることはオッケー。ただし、コミュニケーションには条件があり、具体的な手札の数字を言うことや、数字が特定できる示唆の発言は禁止。

「96持ってるから、97のところには出さないで!」とは言えないわけです。「97のとこ、かなりいいから任せといて!」ならオッケー。表現を工夫しながら、なんとか互いの状況を伝え合うのがもどかしくて面白い。「結構いいカード」「まあまあのカード」「やばいカードしかない」など、あいまいな表現しか使えません。でも、同じメンバーでプレイを繰り返すうち、だんだんそれがどれくらいを意味しているのかが通じ合うようになっていくのが嬉しい。

the_game_008

そのときの状況からすると厳しいカードしか手札にない場合も当然発生。自分の番には最低2枚はカードを出さなくてはならないので、9の次に24を泣く泣く出すしかない……なんて場合もあります。

しかし、カードを出すときには1つ特別なルールがあります。

the_game_009

それは、「数字がちょうど10違うカードについては、巻き戻して出せる」というもの。上の写真の場合、24の次には基本的に25以上のカードしか出せないのですが、24より10小さい14のカードは特別に出せるというわけ。これによって、だんだん上がっていく数字を回復させることができる。

the_game_010

このルールは小さく出していく場でも同じ。87以下しか出せないはずの88の次に、98なら出せるわけです。この「10巻き戻し」を有効に使わないと、どんどん数字が大きく/小さくなっていってしまうので、プレイヤー間のコミュニケーションではうまく巻き戻せるカードがあるのを伝えるのもポイント。もちろんその時も、具体的な数字やあからさまな示唆はできません。

こうして進めていき、プレイヤーの誰か1人でもカードを出せなくなったらゲームオーバー。説明書によると、残りの山札と全員の手札の合計が9枚以下ならプレイヤー全員の勝利。もちろん、全て出し切ったら完全勝利です。

個人的には今のところ2人でプレイしたことしかないのですが、20回以上やっての最高記録は残り1枚。完全勝利は未達成ですが、だんだんやりとりや出し方がうまくなって、記録が伸びていくのが楽しいゲームです。

(おわり)

「葉っぱでかくれんぼ」─葉っぱの下に何がいるかな?をリアルでやる─

happadekakurenbo_001

「葉っぱでかくれんぼ」は、散らばる葉っぱの下にいる妖精を探すゲームです。ゲームの説明はこれで全部と言っていいくらいで、説明通りのことをそのままします。ここまでひねりがないのも珍しい。

happadekakurenbo_002

2~4人で遊べますが、3人で遊ぶ時のセット例はこんな感じ。敷き詰められた葉っぱは紙製でこそありますが、かなりリアルに葉っぱ。

happadekakurenbo_003

個人戦と協力型、2種類の遊び方ができますが、することはほぼ共通。まずは山札となっている「探索カード」を1枚めくり、砂時計をひっくり返し、「クモの糸とカエルの脚、巨人よ眠れ!」と叫びます。説明書にそう書いてあるので、年齢に関係なく叫ぶべきでしょう。

happadekakurenbo_004

叫んだら先っちょに樹脂キャップのついた杖で葉っぱをずらし、先ほどめくった探索カードに描かれている妖精を探し出します。個人戦なら1人で、協力型なら全員いっぺんに葉っぱをカサカサ動かしましょう。上の写真、妖精が見えていますがめくったカードとは違う妖精なので、見つけたことにはなりません。

happadekakurenbo_007

また、探している間に葉っぱを下に落としたり、4つある巨人のコマを倒したりしてしまったら、その時点でミッション失敗。慎重に手先を使うことが重要です。量にボリュームがある分、ちょっと気を抜くと葉っぱが落ちることもしばしば。巨人のコマの下にある葉っぱはさらに慎重に動かさないと倒れます。

happadekakurenbo_008

砂時計が落ちきるまでに見つけられたら成功。個人戦なら1点を得て次のプレイヤーに交代します。協力型ならこれを繰り返し、16人いる妖精のうち半分より多く見つけられたら全員の勝ちです。

happadekakurenbo_005

葉っぱを全てどかしてみるとこんな感じ。捜索中に葉っぱを動かす中で見えた妖精の場所を覚えておくと、個人戦でも協力型でもその後の展開が有利になる。ただ…

happadekakurenbo_006

妖精の中にはかなり似ているのもいてまぎらわしい。さらに、個人戦ではプレイヤー交代のときに箱を90度回転させることになっているので、記憶は一層曖昧に。このゲーム、見かけによらず結構きつい。

それでも、協力型なら記憶を共有すれば見分けづらい妖精の場所も覚えていられるかもしれない。また、積極的に葉っぱをどかす探し役と、葉っぱや巨人を押さえる役など、役割を分担すれば成功率が高まるかも。協力型ならではの工夫のしどころはあるはず。

やることシンプル、でも実態はシビア。真剣に手を動かしてると思わず無言になりがちなゲームです。

(おわり)

« 1 9 10 11 13 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.