ゲーム紹介

#思考・戦略

「キングドミノ」─タイルを並べて高得点の王国づくり─

「キングドミノ」は、できるだけ高得点になるようにタイルを並べて、自分の国を作るゲーム。思惑がうまくいき、得点の高い国を作れたときの気持ちよさが楽しいゲームです。

箱の中身のメインは、草原や森といった6種類の地形が描かれたタイル。タイルは1枚で2マス分の広さがあり、よく見るとわかりますが、中には王冠が描かれたものもあります。これらのタイルをつなげて並べ、自分の国を作っていきます。

タイルの並べ方にはルールがあるので、まずはそれを紹介しましょう。自分の城があるのは「スタートタイル」。ここには、どんな地形でもつなげることができます。

普通のタイル同士をつなげるときには、どこか1つでいいので同じ地形の辺が接するように並べなくてはいけません。森と森、湖と湖といった具合です。

また、自分の国の幅と奥行は、5マスまでにしなくてはいけません。6マス以上になるようには置けません。ゲーム本番で、つなげないタイルを取ってしまったときには捨てなくてはいけませんので要注意です。

続いて、国を作り終わったあとの得点計算のルールです。まずは、王冠の描かれたタイルに注目します。そして、そのタイルとつながっている同じ地形のマス数を確認しましょう。得点は「王冠の数×つながっているマス数」となります。

王冠タイルが孤立していても「王冠の数×1」の得点です。逆に地形がつながっていても、王冠がなければ0点です。計算結果を合計したものが総得点となり、一番多いプレイヤーが優勝となります。これでタイルのつなげ方と、得点のルールが確認できました。

もう一つ、タイル裏面の数字について説明しましょう。タイルの裏側には1~48の数字が振られています。上の画像を見るとわかりますが、小さい数字よりも、大きい数字のタイルの方が王冠が多くなっていくという傾向があります。

さて、ここまで確認したら、実際のゲームの流れを見ていきましょう。

ゲームは2~4人でプレイできて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。それぞれのプレイヤーの前には「スタートタイル」があります。

他のタイルはシャッフルして箱に入れ、そのうち4枚を取り出して並べます。箱に近い位置から、数字の小さい順に並べます。

続いて4枚のタイルをめくり、ジャンケンで勝った順に自分の「王様コマ」を欲しいタイルの上に置いていきます。このタイルはあとから自分のものになるので、ここでは「予約した」と考えておけばよいでしょう。

そして、新しくタイルを4枚取り出し、数字の小さい順に並べてめくります。これらが次に予約するタイルです。

今度の予約は、さっきの予約で数字の小さいタイルに置いたプレイヤーから順番におこなっていきます。さて、どこにしよう?数字の大きいタイルは得点につなげやすいけど、次の予約順は遅くなる。メリットとデメリットを踏まえて判断する必要があります。

ただ、自分にとってのタイルの価値は、いつでも数字の大きい方が高いとは限りません。得点のルールを踏まえて、どんな国を作っていくかの見通しをもつことも大切でしょう。

新しいタイルを予約したら、先ほど予約したタイルを取って、自分の国に並べていきます。どの地形をどんな風につなげるか、考えどころです。

これを繰り返して全員が12枚のタイルを取ったら王国づくりは終了。得点を計算して、順位を競います。

タイル選びの際には他のプレイヤーの国を確認することもポイント。自分の得点を追求しつつ、他人に取られせたらまずいタイルを察することも必要かもしれません。

この地形を育てていこう……と思っても、なかなかよいタイルが回ってこなくてもどかしいことも。その分、きれいに高得点の国を作れたときの嬉しさはひとしお。1ゲーム15分ほどと短い時間の中で、じっくり考える面白さを味わえるゲームです。

(おわり)

「お買いものゲーム」─お金を貯めて、値段を見定めて買い物しよう─

「お買いものゲーム」は、お店を回って買い物リストの商品を買い集めるゲーム。簡単ルールながら、お金を貯めたり値段を見定めたりと、ちゃんと考えどころがあります。

2~4人で遊べて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。すごろく風に進んでいくボードには4つのお店があり、いろいろな商品が並んでいます。

プレイヤーそれぞれに配られるのは、赤いお財布と買い物リスト。このリストにある品物を買い物して、できるだけ早く家に帰るのがゲームの目的です。

自分の番ですることは、サイコロを振ってコマを動かし、お店を目指すこと……なのですが、はじめは買い物で使うお金を持っていません。でも、家に留まることで1ユーロもらえて、お財布には8ユーロまで入れられます。

しばらくはサイコロを振る代わりに、お金をもらいましょう。ただ、ずっと貯めていても買い物に行けません。いつまで貯めて、いつから行くか、いきなり考えどころがあります。

そろそろ買い物に行こうと思ったら、サイコロを振りましょう。出た目の数だけコマを進めて、お店に着いたら買い物ができます。

お店は、肉屋・八百屋・パン屋・なんでも屋の4種類。それぞれ3つの商品が並んでいて、ほしい商品の上に表示されている値段で買えます。値段は棚の右側が高く、左側が安い。誰かが買って売れたら他の商品を左にずらし、一番右に新しい商品が入荷します。

ほしい物の値段を見定めて、どのタイミングで買うかが考えどころ。誰かが自分のほしいのを買っちゃうかも。でも、誰かが別の商品を買えば安くなるかも。お店を回る順番を考えることもポイントです。

1つ買い物をしたら、お金を手に入れる別の方法が使えます。それは銀行に行ってお金を下ろすこと。銀行に着いたらサイコロを振り、出た目と同じ枚数の1ユーロコインをもらえます。

お金をもらうチャンスですが、移動のロスが生まれます。また、お財布に入るのは8ユーロまで。買い物・移動・お金の管理と、実生活っぽい要素をバランスよく計画して考えるのが大切です。

リストの品物が全てそろったら、家に戻りましょう。お金が余っていれば1ユーロにつき1マス、サイコロの目に加えて進めます。最初に家へ戻った人が優勝です。

お店は立体的に組み立てられていて、お金をチャリンと入れられる仕組みになっているのも楽しい演出。買い物してる気分を盛り上げます。

シンプルなルールながら、やれることの選択肢はいろいろあるので、見通しをもって考えるのがポイント&おもしろどころ。最初から8ユーロ持って始める簡単ルールもあるので、小さな子も楽しめます。買い物競争というわかりやすく楽しいテーマも魅力的なゲームです。

(おわり)

「さまことば」─カードの言葉につながる言葉を探す、ことばの発想ゲーム─

「さまことば」は、さまざまな「様子を表す言葉カード」につながる言葉を探すワードゲーム。頭をひねって柔らかくして、うまく言葉を考えるのがおもしろどころです。

箱の中身は全てカード。それぞれのカードには「TASTY(おいしい)」「FUNNY(おかしな)」など、さまざまな「様子を表す言葉」が描かれています。

文字の描き方が「いかにもその言葉っぽいデザイン」になっているのも楽しい。言葉の意味が、絵としても伝わってきます。

さて、説明書には3つの遊び方が紹介されていますが、そのうちまずは「もっと増やせるかな?」と題されたゲームを紹介しましょう。基本的には何人でも遊べて、いずれの場合もセット例は上の写真の通り。全てのカードを1つの山札として置いておきます。

自分の番では、山札から1枚引いて自分の前に置きましょう。そして、「引いたカードとつながる言葉」を言えればオッケーです。上の写真では「長い」ですから、例えば「長いヒモ」といった具合です。言えたら、カードはそのまま置いておきます。

ゲームの目的は、できるだけたくさんのカードを手に入れること。続いての自分の番では、山札から引く代わりに、自分の前にあるカードを手に入れることも選べます。

でも、1枚ではまだ少ないかもしれません。もう1枚引いてみることにしましょう。

登場したのは「白い」。今回言う言葉は、自分の前にあるカード全てにつながる言葉でなくはいけません。もし言えないと、カードは全部没収となってしまうので、いろいろな言葉を思い浮かべて考えてみましょう。例えば「長くて白い、ヘビ」という感じです。

続いても引いてみました。3つにあてはまる言葉を考えるのはなかなか難しいかもしれませんが、「長くて白くてふわふわの、毛糸」なんて感じに言えればオッケーです。

さて、次の自分の番ではどうしよう。そろそろ得点として手に入れておいてもいいかもしれない。でも、得点が確定する代わりにカードはめくれません。もっとたくさん並べて、一気に手に入れる方が効率がいい。いけるかどうかをよく見極めて判断するのがポイントです。

今回は思い切ってめくってみることにしてみました。出てきたのは「柔らかい」。ちなみに、つなげる言葉は単語でなくてもオッケーです。この場合なら「長くて白くてふわふわで柔らかい、ウサギの耳」でも大丈夫。

こんな風に続けていき、山札がなくなったらゲームはおしまい。手に入れたカードと、自分の前にあるカードの枚数の合計が多い人が優勝です。

ちなみに、カードの中には反対の意味となる言葉もあります。例えば「大きい」と「小さい」は対義語。でも「大きくて、小さい赤ちゃん」ってあり得るかも。「大きくて、小さい夢」なんてのもありかもしれません。

説明書には「答えとしてふさわしいかどうか悩ましいときは、みんなで話し合って決めましょう」とあります。説明を加えてあてはまり度をアピールしたり、いやいや無理があるでしょと反論したりと、明確な基準のないコミュニケーションもおもしろそうです。

より易しいレベルの「思いつくかな?」と題されたゲームは、競うのではなく言葉遊び。1枚めくって、それにつながる言葉を言えたらオッケー。カードは累積させず、次にめくったカードにつながる言葉を言って…と続けていきます。

「ずたずたの」だったら……ぞうきん?靴下? 1枚だけなので、より小さな子でも言葉の発想を楽しめます。

難しいレベルの「全部当てはまるかな?」と題されたゲームでは、山札から任意の枚数をめくって場に出します。そして、全てのカードにつながる言葉を早い者勝ちで言えた人がカードをゲット。再び山札からめくって…をという具合に繰り返し、手に入れた枚数を競います。柔軟性に加えて、素早い発想が必要になってきます。

上の写真だったら、「おそろしくて、くさくて、チェック柄の、何があったかわからないくらいズタズタのずっと洗濯してないネルシャツ」でオッケー、のはず。言葉の組み合わせを柔軟に発想して考えるのが楽しいゲームです。

(おわり)

« 1 2 3 31 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.