ゲーム紹介

#思考・戦略

「おばけの試験カードゲーム」─よく見て覚えて、勝負を賭ける─

obakenoshiken-card_001

「おばけの試験カードゲーム」は、おばけとなってお城の住人をおどかすべく、カードに描かれた住人をよく覚えておくゲームです。基本は記憶ゲームですが、戦略や駆け引き、リスク管理もあるのが楽しいです。

obakenoshiken-card_002

中身のセット例はこんな感じ。一番下にあるのが「おどかしカード」。その上に並ぶ、キャラクターの描かれたカードが「お城の住人カード」。プレイヤーはまず、みんなで1枚の「おどかしカード」をよく見てそこに誰がいるかを覚えます。

obakenoshiken-card_003

「おどかしカード」には必ず12人の住人が描かれています。すぐ見てわかるのもたくさんありますが、かなり見つけづらい住人も。上の写真の「おどかしカード」、例として並べた鎧やフクロウがどこにいるかわかりますか? 絵の小ささや紛らわしさに負けずによく見ておくことが重要です。

また、プレイヤー間で「おばけリーダー」役を順番に回します。リーダーの役割は「おどかしカード」をどれだけの間見ているか決めること。時間設定は自由なので、3秒でも1分でもオッケー。リーダーは覚えタイムをおしまいにすることにしたらカードを裏返します。数秒勝負の短期決戦にするか、じっくり覚えて記憶をたどる長期戦にするか、リーダーにはそのラウンドの戦略をどうするか決定権があるわけです。

ではちょっと体験的にやってみましょう。

obakenoshiken-card_004

こちらの「おどかしカード」をよく見てください。どれだけ見るかは自分で決めてください。覚えタイムをおしまいにすることにしたら、しばらく下にスクロールしてください。

obakenoshiken-card_005

ではこちらの住人カードの中から、先ほどの「おどかしカード」に描かれていた住人を見つけてください。カードの中には12人いたはずです。

実際のゲームでは、最初のプレイヤーが住人カードを1枚取ったら次のプレイヤーが1枚取る、また次のプレイヤーが…と何周か繰り返します。もういなくなったと思ったり、わからなくなったりしたらパスもできる。全員がパスすることにしたら答え合わせに移ります。

obakenoshiken-card_004

さて先ほどの「おどかしカード」を見て答え合わせ。ゲームでは正解の住人カード1枚につき1点もらえますが、絵にいない住人カードを取ってしまっていたらその枚数分だけマイナス点になるので要注意。

住人カードを取るときには記憶を見極めて正確に思い出すことに加え、記憶が曖昧な場合は勝負に出るか引いておくかの決断をする必要がある。

obakenoshiken-card_006

「おどかしカード」の裏面はしましまのマスになっています。余ったカードを裏返して並べ、そこに自分のおばけコマを進めて得点表示とします。

これを12ラウンド行い、得点を競う。このゲームは真剣にやると相当消耗するので、個人的には12ラウンドはかなり長く感じた。ラウンドが進むと、カードにいる住人もそれまでのラウンドに出てきたカードと混同してくる。集中力の持久戦でもある。

記憶をベースにしつつも、覚えタイムの設定や答え合わせの際に勝負のかけどころがあるのが面白い。絵柄やテーマはかわいいですが、視覚認知と記憶の本気勝負に駆け引きが絡むのが楽しいゲームです。

(おわり)

「ハエのごちそう」─ビジュアルがどうかしてる戦略すごろく─

「ハエのごちそう」は、カードの効果をうまく使って自分が有利になるようにしたり、他のプレイヤーの足をひっぱったりする、戦略要素が楽しいすごろく的なゲームです。

いつもは箱の写真を最初に載せていますが、今回紹介するゲームのタイトルは「ハエのごちそう」。まだ写真が出てきていない理由をお察しください、そこにあるのはハエのごちそうです。

 

思った以上のインパクトで登場します。

 

よろしいでしょうか。

 

haenogochisou_001

満を持して登場したのは、ハエケーキ。マニュアルにそういう言葉で書いてあります。

haenogochisou_002

六角形のマスを適当に並べ、中身をセットした例はこんな感じ。ハエケーキはゴールなので最後に置き、そこに自分のハエを全てたどりつかせることが目的です。

すごろく的なゲームと言ってもさいころはなく、自分の番ですることは2つ。カードをめくってそれを使うことと、自分のハエのうち1匹を1マスまたは2マス進めること。

haenogochisou_005

ランダムに引くカードの効果は、自分のハエを1マス進めたり、2つのマスをそこにいるハエごと入れ替えたりするもの。これらを効果的に使って、どうすれば自分に有利に働き、他のプレイヤーを邪魔できるか考えるのが楽しい。

haenogochisou_006

写真左の「飛行カード」はマスの上に置き、カードと同じ色のハエがそのマスに止まると2マス進める。写真右の「ハエたたきカード」はそのマスに止まっているハエを全てスタートに戻す。

これらを使ったり組み合わせたりして、自分のハエを一気に進ませたり、他のプレイヤーのハエがスタートに戻るように仕組んだりできる。「ここにこれがあるからこうなって…」とちょっとしたピタゴラスイッチを考えるような気分になる。

普通のすごろくと違ってコマが4つあるので、どれを動かすか考える場面もある。複数の選択肢の中から、今どれを動かすのが自分にとって一番有利なのか判断するのが勝利への道。

 

haenogochisou_008

そんなこんなで進めていき、自分の4匹のハエを全てハエケーキにたどり着かせると勝ち。やったー!とそこに描かれているものをすっかり忘れ、ハエ気分になってる自分がいます。

うまく戦略を考えつつ、ときどきゴールがハエケーキであることを思い出して我に返るのが楽しいゲームです。

(おわり)

「ペンギンパーティ」─もう1回!度が高い、勝ち方の試行錯誤─

penguinparty_001

「ペンギンパーティ」は、できるだけたくさんのペンギンカードをピラミッド状に並べていくゲームです。ルールはとっても簡単ですが、勝つ方法を探るのが難しい。

penguinparty_002

中身は5色のペンギンカード。緑だけ8枚で、他はそれぞれ7枚ずつ。

penguinparty_007

同じ色のカードにはちょっとずつ違いがあって、それを探すのも楽しい。ただ、イラストに少々の違いがあってもそれは機能や価値に関係なく、どれも「青のカード」というだけ。つまり中身は5色のカードだけというわけで、とてもシンプル。

penguinparty_003

自分の番では手札から1枚、ピラミッド状に並べていきます。並べ方のルールは「最下段は8枚まで」「2段目以上に並べるとき、下の2枚どちらかと同じ色しか出せない」というもの。

penguinparty_004

下の段が上限枚数に達していなくても、上の段に出していくことはできます。こうして順番に出していき、全員が出せなくなるまで続けていく。出せずに手札に残ったカードは枚数分だけマイナス点となります。

並べていくうちに、ある色が出せなくなる場面も出てきます。上の写真は、黄色が出せなくなった状態。

手札に黄色があるプレイヤーはショック、黄色がないプレイヤーはしめしめ、という状況。こうして、自分にはもうない色をふさいでいく、というのが基本的な戦略なのだろうと思う。

penguinparty_005

ただ、個人的な感想だが、どうもそういう意地悪とも言える考えだとあんまりうまくいかない。結果的に自分の勝利に結びつかないことが多いのだ。

妻はこのゲームが強いのだが、話を聞いてみると「自分にない色をふさぐことは考えてなくて、できるだけたくさんの色がずっと出せるように、大きなピラミッドになるように出してる」とのこと。場合によっては上の写真のように重なっていき、うまくいくと頂点の一匹まで完成することもある。

そうなのか。そういう考え方の方が結局強いのか。いやいやそれはたまたまなのか。

penguinparty_006

マイナス点を示すためのチップもかわいいこのゲーム。個人的な感想としては、どうやったら勝ちやすいのかがよくわからない。だから勝っても負けてももう一度やりたくなる。そしてそのたびに「こうしたらどうなるかな?」と考えては試すを繰り返す。手探り感が強いのだ。

ルールがシンプルで、1回の時間も短い。そういう点で、小さなこどもから繰り返しの試行錯誤を楽しめるのが楽しいゲームです。

(おわり)

« 1 24 25 26 27 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.