ゲーム紹介

#思考・戦略

「ごきぶりサラダ」─3秒リミットの超まぎらわしい判断力勝負─

「ごきぶりサラダ」は、条件に適した野菜の名前を次々とコールしていくゲーム。ゲーム名から感じ取れる意味でのやばさはありませんが、頭の混乱度はやばいかもしれません。

2~6人でプレイできて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。全てのカードを全員に裏向きで配りきり、それを重ねて個人別の山札とします。ゲームの目的は、一番先に山札をなくすことです。

カードのほとんどは「野菜カード」。トマト・レタス・パプリカ・カリフラワーが、それぞれ30枚ずつです。

自分の番にすることは、山札を1枚めくって、野菜の名前をコールしながら場に置くこと。出すときの基本ルールは、「めくったカードに描かれた野菜の名前を言いながら場に出す」というもの。ごく普通ですね。

プレイヤーが順番にカードの野菜をコールして、順調に場に出していったとします。写真ではわかりやすくするためにずらして置いていますが、本来は重ねて出していきます。

さて、場にレタスが出された状態でレタスをめくったプレイヤーがいました。カードを出すときのルールには例外があります。「例外1」は、「めくった野菜が直前にめくられた野菜と同じ場合、それ以外の野菜を言う」というもの。ですから、ここでは「レタス!」と言えません。そのほか3つの野菜ならオッケーですので、ここでは「トマト!」と言ったことにしましょう。

もし、レタスと言ったらアウトになってしまいます。3秒以内に言えない場合もアウト。「うーん…」「えーと…」などと余計なことを言ってもアウト。ルールは結構厳しい。アウトになったら、場に置かれているカードを全て引き取り、自分の山札の下に入れなくてはなりません。素早く正確な状況判断をして、正しく行動に移すことがポイントです。

次のプレイヤーはトマトをめくりました。「トマト!」と言いたいところですが、もう1つ例外があります。「例外2」は、「めくった野菜が直前に言われた野菜だった場合、それ以外の野菜を言う」というもの。ですから、ここで「トマト!」と言ったらアウトです。聞いたことを覚えておかなくてはなりません。

これらの「野菜カード」だけのルールでも結構難しいので、慣れないうちは野菜カードだけで遊んでもオッケー。ただし、通常ルールでは「ごきぶりカード」も登場します。

野菜に×印がついている「ごきぶりカード」。4種類の野菜が2枚ずつ入っています。

これをめくった場合は「ごきぶり!」と言いながら場に出しましょう。これは簡単。そして次からカードを出すときは、ごきぶりカードが一番上になった山とは別の山を作り、そこに出していきます。

この例のようにトマトのごきぶりカードが見えている場合、「トマト!」と言ったらアウト。上の写真の場合では、トマトを引いても他の野菜を言わなくてはいけません。ここでは「レタス!」と言ったとしましょう。

続いてのプレイヤーが引いたのはレタス。何と言ったらよいでしょう?

この場合、「例外2」のルールで「レタス!」と言ったらアウト。また、トマトのごきぶりカードが出ているので「トマト!」もアウト。そのときの条件に合った判断をしなくてはいけません。この場合は「パプリカ!」または「カリフラワー!」と言う必要があります。

それを3秒以内にしないといけない。「あー」とか「うー」とか言ってもいけない。なかなか厳しいですが、条件に合わせて素早く答えを弾き出すって、プログラムを処理するような感覚かもしれません。

ごきぶりの絵柄は憎たらしいけど憎めないようなデザインで、「ヘーンッ!」と言われているようにも思えてくる。3秒制限という緊張感のある中、条件を正しく判断して言えるとスカッとするのが楽しいゲームです。

(おわり)

「デジット」─対戦型のマッチ棒パズルで知恵くらべ─

「デジット」は、並んだ棒のうち1本だけを移動させてお題通りに揃えるゲーム。マッチ棒パズルが対戦型になったような感じのゲームです。

ゲームの準備として、まずは山札から1枚カードを引いて表向きにします。そこに描かれているように棒を並べたあと、1本だけ適当に動かします。棒のはじが他の棒のはじに接しているように置けばオッケー。

さて、ゲームは2~4人で遊べて、セット例はこんな感じ。手札は5枚ずつで、基本ルールでのゲームの目的は手札を早く出し切ることです。

自分の番にすることは、棒を1本だけ動かして、手札に描かれたお題と一致させること。この場面だと、右端のカードを出すことができますね。

こんな感じ。これは簡単ですよね。

自分の番が来たのに出せないときは、山札から1枚カードを引いて、自分の番はおしまいです。よく観察して、棒の動かし方を考えるのがポイント。

棒の並びをカードのお題と合わせるときは、カードを回転させてもオッケー。それだけでなく、鏡に映った形にするのもあり。線対称というやつです。それでいくと、上の写真の場面でも出せることになります。

というわけで、簡単。ちょっと考えただけであきらめず、頭の中で鏡像を描いて考えるのもポイントです。こんな風に繰り返していって、最初に手札を出し切ったプレイヤーが優勝です。

手札を連鎖させて出せる応用ルールもあります。1人用ルールもあるので、考える練習もできます。

場と手札をよく見比べて、棒をどう動かすとどうなるか想像するのが面白い。おっ、これいけるぞ!と気づく瞬間がうれしいゲームです。

(おわり)

「秘密コード13+4」─サイコロの数字を組み合わせ計算して暗号を解け!─

「秘密コード13+4」は、サイコロで出た数字を組み合わせ、四則演算して暗号を解いていくゲーム。数字と計算記号をとっかえひっかえ考えるのがポイントです。

2~4人で遊べて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。ボード上の数字タイルは両面印刷になっていて、ランダムに配置します。人数による違いは、プレイヤーコマの数だけです。

博物館に仕掛けられている警備レーザーを解除する暗号を見つけながら、最奥にある宝を手に入れるという設定のこのゲーム。自分の番にまずすることは、6個のサイコロを振ること。そして、自分のいる場所の次のマスにある数字に注目しましょう。

サイコロで出た数字と「+-×÷」の記号を組み合わせて計算し、その答えを次のマスの数字にできれば進める、というわけです。この場合、「3+4」で「7」を作って進みましょう。

まだ自分の番は続きます。これまで使っていないサイコロを隣のプレイヤーが振り、新しく出た数字を次の暗号を解くために使えるからです。この場合、「7-2」で「5」を作り、さらに「5×3」で「15」ができました。

サイコロの数字はいくつでも組み合わせられるので、頭の中で数字と記号を入れ替えて、あれこれ考えることが勝利への道。また、同じ数字を作るのでも、使うサイコロが少ないほうが有利になるので、効率性を意識するのもポイント。

残りのサイコロはまた振ります。分かれ道では好きな方に進めます。サイコロの数字は計算せずにそのまま使うこともできるので、ここは「8」で先に進みましょう。暗号の数字を作れないとその時点で自分の番はおしまいですが、今回はうまく使い切れました。

こうして順番にコマを進めていき、ゴールの宝に最初に到着したプレイヤーが優勝。上の写真の場面、サイコロをうまく使うとゴールするために必要な「20」を作れます。

電車の切符や車のナンバーの数字を計算して「10」にする遊びってしませんでしたか?あれがボードゲームになったようなこの作品。数字と記号をこねこねして、必要な数字を出せた瞬間が嬉しいゲームです。

(おわり)

« 1 2 3 4 23 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.