あるところに、平和な王国がありました。そこで人々が穏やかに暮らしているのは、賢い国王が悪から守る力のある指輪を持っているからです。しかしある日、その指輪が盗まれてしまいました。国王は犯人を突き止めるべく、城にいる動物たちに聞き込みをすることにしました。

…というわけで、「犯人は誰だ!」は、プレイヤー全員で協力して、犯人を見つけるゲームです。

箱の中にはタイルがいっぱい。上段は動物タイルと食べ物タイル。長方形の人物タイルは、同じ絵柄のものが大小2セットあります。

2~5人で遊べて、セット例はこんな感じ。伏せてあるタイルは裏向きのままシャッフルして並べるので、表が何かは誰もわかりません。1枚だけ離してある小さい人物タイルが、指輪を盗んだ犯人です。

自分の番にまずするのは、サイコロを振ること。数字が出たらその数だけ全員共用の国王コマを時計回りでタイルの上を進めます。

今回は動物のタイルに止まりました。その動物の好きな食べ物を思い出して与えることができると、犯人のヒントをくれるようです。

というわけで、動物タイルの隣にある食べ物タイルが何なのか宣言して、めくります。

まあ、序盤は勘で言うしかありません。今回は外れてしまったので、時計の針を5分進めます。時計の針が一周した時点で犯人を見つけられないと全員の負けとなってしまいます。

そして、食べ物タイルを裏返しに戻します。ただ、再びここに来るときのために、何の食べ物だったか覚えておくといいでしょう。

続いては宣言が正解。この場合、さらに隣にある小さい人物タイルをめくります。動物が「ギタリストは犯人じゃないよ」と教えてくれた、というわけです。大きい人物タイルを裏返して、容疑が晴れた目印にします。この場合、時計は進めなくてオッケーです。

こうしてゲームを進めていきます。だんだん食べ物タイルの正体がわかってくるので、見たことをしっかり覚えておくのがポイント。もちろん全員協力型ですから、みんなで記憶を確認したり、伝え合ったりしていいわけです。

コマが止まるタイルは動物だけではありません。星のタイルに止まった場合、コマを好きな動物タイルに移動させ、その動物の好きな食べ物を宣言することができます。既知の記憶を生かすチャンスというわけです。

サイコロの面は、1・2・3の目が1つずつ。「サイコロの絵」の面が出たら、コマを1から3の好きな数だけ移動させられるので、うまく使えるチャンス。でも、時計の面が出たら問答無用で時計が5分進みます。サイコロ運もほどよく成否に絡んできますが、チャンスを生かしましょう。

また、おばけの面が出たら、時計回りで次の位置にある食べ物タイルと、まん中のおばけが持っているタイルとを入れ替えます。おばけの面だけは2面あるので、頻繁に入れ替わってかなりわかんなくなってきます。でも、全員協力型なので自分が忘れてしまっても誰かが覚えてくれているかもしれません。

さあ、もう少しで時計の針が一周します。このあとさらに時計が進み、一周した時点での人物タイルの状況を見てましょう。

一周するまでに、表向きの人物タイルが1枚になっていたら完全勝利。そいつか犯人です。犯人を完璧に追い詰めることができました。

複数枚の場合は、運にまかせて最後のチャンス。残っているうちのどれが犯人かを宣言して、犯人である小さい人物タイルをめくって確認しましょう。宣言したのと同じだったら全員の勝ち、違っていたら負け、というわけです。

完全勝利はなかなか難しく、達成する手応えもあります。必要なのは、運と記憶と、ちょっとの戦略。全員で運と記憶を共有して、状況によっては知恵を出し合うのもポイントになってくるゲームです。

(おわり)