ゲーム紹介

「ありがた迷惑」─強制的に感謝させられる記憶力バトル─

「ありがた迷惑」は、どんな場合でもお礼を言う掟を守りながら、得点のルールを意識してお宝を分け合うゲーム。記憶力と屈辱に耐える気持ちがポイントです。 箱の中身のメインは、さまざまなお宝が描かれた48枚のタイル。お宝は12種 …

「ムイムイ」─たし算と記憶でチャンスが広がる神経衰弱─

「ムイムイ」は、うまくすると大量ゲットのチャンスがある神経衰弱風のゲーム。記憶とたし算を組み合わせて一気にたくさん取ると、気持ちがいいです。 箱の中身はタイルとサイコロ。タイルのほとんどには虫が描かれていて、その数は1~ …

「マナー豆 匠」─お箸でいろんな豆をつかんで運ぼう─

「マナー豆 匠」は、お箸で豆をつかんで運ぶゲーム。2人で対戦するほか、お絵かきのような遊び方も楽しめます。 説明書にはいろいろな楽しみ方が載っていますが、ここではまず2人用の「盛りつけ対戦」を紹介します。セット例はこんな …

「ゴブレット・ゴブラーズ」─戦略と記憶がポイント、油断禁物の三目並べ─

「ゴブレット・ゴブラーズ」は、「○×ゲーム」としてもおなじみの三目並べ。ただし、並べるコマに仕掛けがあって、戦略と記憶とうっかり度がポイントになってきます。 「井」のマスを埋めていく三目並べという点は「○×ゲーム」と同じ …

「アブザック」─子どももサクサク楽しめるカードゲットバトル─

「アブザック」は、手札を場に出したり、条件を満たして場に出したカードを手に入れたりして、たくさんのカードを集めることを競うゲーム。簡単ルール&手札の扱いやすさで、小さな子から楽しめます。(※全く同じ内容のゲームが「ゆかい …

「オバケだぞ~コンパクト」─記憶がポイントで混乱が楽しい集中力すごろく─

「オバケだぞ~コンパクト」は、自分のコマをいち早くゴールに進ませるすごろくタイプのゲーム。……なのですが、自分のコマがどれなのか、途中からわかんなくなってくる仕掛けに混乱します。 ゲームは2~4人でプレイできて、4人プレ …

「サンゴの森のなかまたち」─マスの進み方を工夫する協力型すごろく─

「サンゴの森のなかまたち」は、海の仲間たちを見つけるためにコマの進め方を工夫する、観察と思考のすごろく。普通のすごろくと違って競争ではなく、全員で協力して目的を成功させるタイプのゲームです。 写真奥にある4つのコマがこの …

「トマトマト」─カードの並び通りに声に出す、早口言葉バトル─

「トマトマト」は、カードの絵を並び順にスラスラと声に出して言う、早口言葉のようなゲーム。必死に言ったり、思わずドヤ顔になったりと、妙に笑えるのが楽しいです。 箱の中身は、1~3の目のサイコロが1つと、45枚のカード。カー …

「ワードスナイパー」─お題を満たす言葉をすばやく見つけるスピード競争─

「ワードスナイパー」は、お題の条件を満たす言葉をすばやく見つけるゲーム。頭の中を言葉が駆けめぐり、うまく言えたときのスッキリ感が気持ちいいです。 箱の中にはカードが50枚。それぞれの青い面にはお題、黄色い面にはひらがなが …

「ロボット探検隊 ドラゴン島の秘宝」─ロボットをプログラミングで操作して宝を手に入れる全員協力型─

「ロボット探検隊 ドラゴン島の秘宝」は、ロボットをプログラミング風に操作し、宝を手に入れて島を脱出するゲーム。みんなで知恵や意見を出し合ってミッションを成功させる、全員協力型です。 上の写真はこのゲームのパッケージ。箱で …

PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.