cardline-doubutsuhen_001

「カードライン動物編」は、さまざまな動物の体長・体重などを予測して正しく並べるゲームです。長さや重さはまだしも寿命まで問われるので、「そんなのわかんない!」「意外と合ってた!」とワイワイやるのがおもしろどころ。

cardline-doubutsuhen_011

8人まで遊べますが、3人で遊ぶ際のセット例はこんな感じで、それぞれの手札は4枚。場に並べたそれらを全て出して手札をなくした人が勝ちです。

cardline-doubutsuhen_003

自分の番では手札から1枚選んで、場の中央にあるカードの隣に並べます。上の写真ではメガネカイマンが場のカード。カード下部に並ぶ3つの数字は、左から体長・体重・寿命を表しています。ゲーム開始前に、これから行うゲームではこれらのうちどれを比べて並べるか決めておきます。ここでは左の体長を比べることにしましょう。

イノシシはプレイヤーが出そうとしている手札。裏にはメガネカイマンと同じように3つの数字が載っていますが、まだ見ることはできません。イノシシの体長がメガネカイマンより長いと思ったら左側、短いと思ったら右側に出します。それを決めたら裏返して答え合わせです。

cardline-doubutsuhen_004

右側に出したところ、短かったので正解。このまま並べて、手札を1枚減らせます。

cardline-doubutsuhen_005

次のプレイヤーが出そうとしているのはコモドオオトカゲ。うーん、これは難しい。場にある2匹の動物の中間くらいの体長かな…と見当をつけたとして、その間に出すことにしました。

cardline-doubutsuhen_006

しかし、コモドオオトカゲは2.7mでメガネカイマンより長いです。残念ながらこの場合は不正解。

cardline-doubutsuhen_007

はずしてしまったカードは並べず捨てて、山札から1枚取って手札に加えます。はずれたので手札を減らすことができません。こうした流れを繰り返し、手札をなくすことを目指します。

cardline-doubutsuhen_008

始めのうちはまだわかっても、場のカードが増えて数字の間が詰まってくると難しい。どこに入れればいいのか、実際の動物を思い出して見当をつけることが必要になってくる。

正しく予想して手札を減らすのがゲームの目的ですが、答え合わせをするたびに「おおっ、当たった!」「そこかあ~」「そうなのか!」と、みんなで声をあげて感心したり驚いたりするのも楽しい。例えば上の写真のニワトリ、試しに体長をプレイヤーそれぞれが両手の間で作ると、意外と違っていたりするのも面白い。

cardline-doubutsuhen_009

上の3つ、体長比べはすぐわかるでしょう。それに関連する体重もまあわかる。ただ、寿命だと難しい。あんまり見当がつく人、いないんじゃないでしょうか。(答えは選択反転すると出てきます→・クロアリ 3年・シマウマ27年・ホホジロザメ41年)

勝敗を楽しみながらも、みんなで「へえ~」「そうなんだ!」と言い合って、一緒に知識を得たり、感心したりするのが楽しいゲームです。

(おわり)