ゲーム紹介
  • HOME »
  • ゲーム紹介 »
  • 月別アーカイブ: 2015年11月

月別アーカイブ: 2015年11月

「大怪獣コトバモドス」─ひらがなパズルの出し合いっこ─

突然ですが、まずはこのひらがな9文字を見てください。

daikaiju_kotobamodosu_001

なんだかさっぱりわかんないですよね。これは、私が3文字の言葉を3つ作って、それをバラバラにしたものです。3つの言葉に戻すことができるでしょうか?

daikaiju_kotobamodosu_002

「大怪獣コトバモドス」はそういうゲーム。言葉のセンスや柔軟性を発揮したり、人のそれらを知ったりするのがおもしろどころです。

daikaiju_kotobamodosu_003

2人から5人まで遊べますが、3人でのセット例はこんな感じ。まん中で山になっているのがひらがなの文字タイル、怪獣の絵が描かれているのはつい立てです。

daikaiju_kotobamodosu_004

プレイヤーはそれぞれ、山から文字タイルをランダムに25枚取ってつい立ての陰に並べます。そして、3文字の言葉を3つ作ります。

daikaiju_kotobamodosu_005

試しに作ってみたのはこんな感じ。これが最初の写真の答え、ということになります。

参加者のうち、最初に3つの言葉を作れたプレイヤーは透明の1点チップをもらえる。得点のチャンスはこのあとも何回か出てきますが、まずは文字タイルをよく見たり動かしたりしながら、頭の中の語彙と照らし合わせて素早く言葉を作ると得点になる。

さて、全員が言葉を作れたら、使った文字タイルを裏返してよく混ぜ、隣のプレイヤーに渡します。

daikaiju_kotobamodosu_006

というわけで、隣のプレイヤーになったつもりになって、回ってきたのが最初の写真。これを並び替えて3つの言葉を作っていくわけです。ここでも最初に3つの言葉を作れると、水色の3点チップをもらえます。

ただ、元の言葉通りになるかというとそうでもなくて…。

daikaiju_kotobamodosu_007

こんな風に並べる人もいるかもしれません。「れんげ」は同じでも、「あたい」と「こしつ」は元の人が作ったのとは違います。(元は「しあい」と「こたつ」)

最初に言葉を3つ作ったプレイヤーが砂時計をひっくり返し、砂が落ち切ったら他のプレイヤーは作るのが途中でもやめて答え合わせ。正解の数だけ得点チップをもらえます。これを4回繰り返し、最も得点の多いプレイヤーが勝ち、というのが説明書の基本ルール。

daikaiju_kotobamodosu_008

やってみるとわかるが、意外にも自分で作った言葉がなんだったかわからなくなることがある。それを防ぐためにメモ用紙とボールペンもセットになっている親切設計。

このゲーム、それぞれのステップで得点チャンスがあって、ゲーム的ながんばりどころの盛り上がりがある。ただ、得点を抜きにしても、「言葉を3つ作る」「人が作ったのを戻す」「自分が作ったのを人がどんな風に戻すかを見る」という、することの根幹がすでに十分おもしろい。

特に、自分が作ったのを人が並べて戻す様子を見ているのが楽しい。自分以外の発想をライブで覗き見ていると、心の中で「あー、違う違う」「そういう言葉もあったか!」と言いたくなる。そのうちルールを忘れて「ヒント出そうか、ひとつは食べ物だよ」「1文字目は合ってる!」といったやりとりもしたくなる。

特にこどもとやるときは得点を競う要素を除いて、作った言葉のクイズをいろいろやりとりしながら解き合うアレンジにしてもじっくり楽しめていい。言葉を作るのも楽しいけど、他の人がわかってくれて戻してもらえることも嬉しく感じるからだ。本気ゲームとしても、コミュニケーションツールとしても楽しいゲームです。

(おわり)

「ベストフレンドS」─気持ちを、想像する/発見してもらう─

bestfriends_001

「ベストフレンドS」は、出されたお題に対して、出題者が一番気に入る答えを回答するゲームです。相手の気持ちを想像する楽しさが基本ですが、想像された答えが自分でも気付いていなかった新しい発見になるのもおもしろどころです。

bestfriends_002

4人~6人で遊べますが、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。まん中にあるのが質問カードで、それぞれのプレイヤーには答えを書くための道具が配られます。

bestfriends_003

交代で回ってくる出題者は、質問カードを1枚引いて質問を発表します。他のプレイヤーは、出題者が喜んだり気に入ったりするような答えを想像して、内緒で書き込みます。

bestfriends_004

書き込むのは、セットになっている「ピクセルスレート」という超薄型のボード。付属のマグネットペンで軽く書くと、はっきり読み取れる線が描けます。使い捨てではなく、汚れも発生せず、書き心地もスイスイと快適。

さてこの場面では、出題者の心のうちを想像して、何ががいいかと考えるのがおもしろい。一番気に入ってもらうことを目的に書きますが、他の人と答えがかぶるとあとで選択肢から取り除かれるので、かぶるのを避けることを意識する必要があるのも考えるスパイスになって楽しい。

bestfriends_005

全員が書き終わったら、出題者は裏返しに集めてシャッフルして公開。もしかぶったカードがあれば、ランキングの選択肢から取り除きます。そして、一番「こりゃ違うな~」と思うのから外していき、最後に残ったベストアンサーを書いた人を確認。その人に1点入ります。

「どれがいいかな?」と考えるのはもちろん楽しいし、そもそも「自分の気持ちの予想として、こんな答えが出てくるのか!」と知るのも意外なおもしろさがある。思いも寄らなかった答えが出てきてそれが気に入ったら、自分の知らなかった自分を人に発見してもらえたことになる。

bestfriends_006

1問終わったら、答えを消して出題者を交代。ピクセルスレートに書いたものは、マグネットペンの柄を裏側から当ててさすると消えていく。しっかり消えるので、書き残しがたまっていくような感じもない。

出題者を2周回して得点を競うのが説明書の基本ルール。もちろん、そこは柔軟にしてオッケーとも書いてある。

bestfriends_008.jpg

質問カードの右下には、そのカードの質問の特徴を表す印がある。左から、赤は「子供向け」、青は「大人向け」、緑は「親近感が感じられる」、オレンジはいわゆる「大喜利系」といった具合だ。メンバーによってあらかじめ選んでおいてもいい。もちろん、写真のようにオールマイティに印がついてるのもある。

ルール上は得点もつくけど、それはあまり意識しなくても生まれるやりとりだけで十分楽しいタイプのゲーム。「えっ、そうなの?」「ズバリこれでしょ!」「よくこんなの思いつくなー」と、いろんなファインプレーや発見で盛り上がります。

(おわり)

「カードライン動物編」─へー!そうなんだ!の答え合わせ大会─

cardline-doubutsuhen_001

「カードライン動物編」は、さまざまな動物の体長・体重などを予測して正しく並べるゲームです。長さや重さはまだしも寿命まで問われるので、「そんなのわかんない!」「意外と合ってた!」とワイワイやるのがおもしろどころ。

cardline-doubutsuhen_011

8人まで遊べますが、3人で遊ぶ際のセット例はこんな感じで、それぞれの手札は4枚。場に並べたそれらを全て出して手札をなくした人が勝ちです。

cardline-doubutsuhen_003

自分の番では手札から1枚選んで、場の中央にあるカードの隣に並べます。上の写真ではメガネカイマンが場のカード。カード下部に並ぶ3つの数字は、左から体長・体重・寿命を表しています。ゲーム開始前に、これから行うゲームではこれらのうちどれを比べて並べるか決めておきます。ここでは左の体長を比べることにしましょう。

イノシシはプレイヤーが出そうとしている手札。裏にはメガネカイマンと同じように3つの数字が載っていますが、まだ見ることはできません。イノシシの体長がメガネカイマンより長いと思ったら左側、短いと思ったら右側に出します。それを決めたら裏返して答え合わせです。

cardline-doubutsuhen_004

右側に出したところ、短かったので正解。このまま並べて、手札を1枚減らせます。

cardline-doubutsuhen_005

次のプレイヤーが出そうとしているのはコモドオオトカゲ。うーん、これは難しい。場にある2匹の動物の中間くらいの体長かな…と見当をつけたとして、その間に出すことにしました。

cardline-doubutsuhen_006

しかし、コモドオオトカゲは2.7mでメガネカイマンより長いです。残念ながらこの場合は不正解。

cardline-doubutsuhen_007

はずしてしまったカードは並べず捨てて、山札から1枚取って手札に加えます。はずれたので手札を減らすことができません。こうした流れを繰り返し、手札をなくすことを目指します。

cardline-doubutsuhen_008

始めのうちはまだわかっても、場のカードが増えて数字の間が詰まってくると難しい。どこに入れればいいのか、実際の動物を思い出して見当をつけることが必要になってくる。

正しく予想して手札を減らすのがゲームの目的ですが、答え合わせをするたびに「おおっ、当たった!」「そこかあ~」「そうなのか!」と、みんなで声をあげて感心したり驚いたりするのも楽しい。例えば上の写真のニワトリ、試しに体長をプレイヤーそれぞれが両手の間で作ると、意外と違っていたりするのも面白い。

cardline-doubutsuhen_009

上の3つ、体長比べはすぐわかるでしょう。それに関連する体重もまあわかる。ただ、寿命だと難しい。あんまり見当がつく人、いないんじゃないでしょうか。(答えは選択反転すると出てきます→・クロアリ 3年・シマウマ27年・ホホジロザメ41年)

勝敗を楽しみながらも、みんなで「へえ~」「そうなんだ!」と言い合って、一緒に知識を得たり、感心したりするのが楽しいゲームです。

(おわり)

「メルヘン王国を救え!」─時にはあきらめて、中成功を目指す─

meruhen-oukoku_001

「メルヘン王国を救え!」は、庭園に忍び込み、恐ろしい王様が破り捨てたおとぎ話を取り戻して脱出するゲームです。プレイヤーはメルヘン王国のこどもたちになって、目的達成のために協力します。

meruhen-oukoku_002

中身をセットするとこんな感じ。箱の中のタイルは3つを除いて2段重ねになっていて、上段のタイルは15パズル(スライドパズル)のように動かせます。

meruhen-oukoku_003

自分の番にすることは2つ。1つ目は、タイルを2回スライドさせること。1枚でもいいですが、指で一押しできるなら複数枚いっぺんでも1回カウントです。タイルの上にいるこどもコマごとスライドもできます。

このゲームの目的のひとつは、王様に真っ二つに破り捨てられたおとぎ話を取り戻すこと。どうすればできるかと言うと…

meruhen-oukoku_004

タイルをスライドさせた結果、絵のつながった2枚が同時に見えるようにする。こういう状態にできると、おとぎ話カードをもらい、絵のつながったタイルを裏返しにします。こうしてうまくつなげることができた場合は、茶色の枯れ草タイルをどれか1枚裏返して、緑の草にすることができる。

プレイヤーは全員でひとつのチームなので、つなぐべきタイルがどこにあったかは教えあっていい。記憶を共有して解決できるのだ。

meruhen-oukoku_006

自分の番にすることの2つ目は、自分の色のこどもコマを1マス移動させること。枯れ草には移動できませんが、緑の草には移動できます。これで次のプレイヤーに交代。

meruhen-oukoku_008

こうしておとぎ話を取り戻しつつ、庭園の出口から抜け出ることを目指すのがもう1つの目的。ただし、自分の番でタイルを揃えて絵をつなげることができないと…

meruhen-oukoku_007

庭園の出入り口から外に出た王様が一歩進みます。こどもたちが全員脱出する前に、王様が一周して出入り口に戻ってきてしまうと、プレイヤー全員の負け。

取り戻すべきおとぎ話は12種類。もちろん、全て取り戻して全員が脱出するのが大成功。ただ、全員が脱出する前に王様が一周するとプレイヤー全員の負けなので、状況によってはいくつかあきらめて中成功を選んだ方がよい場合もあるかもしれない。

meruhen-oukoku_005

誰かがぎりぎりまで粘っておとぎ話を取り戻そうとしても、王様が戻ってきてしまったなら、いくらたくさん話を取り戻していても負け、というのがこのゲームのルール。おとぎ話の奪還より、こどもが無事に戻ることの方が価値が高いというのがこのゲームの世界観なのだろう。

2つの目的を目指すとき、メインの目的を得るために、サブの目的を妥協したり一部あきらめたりする。あるよね、そういうこと。大人ならわかる。

でも、サブの目的も可能な限りは達成したい。安易に妥協やあきらめに流れず、できるところまで手に入れたい。あるよね、そういうこと。大人ならわかる。

(脱出の)戦略を練りつつ、(記憶を共有して)協力しながら(スライドパズルという)状況を動かしていくだけで十分やりごたえのあるミッションであろうに、加えて目的達成レベルの調整と決断も求められる。舞台はメルヘン王国だけど、要素の組み合わせとしては、大人が生きてく上でしばしばしなくちゃいけないやつだぞ、これ。

そう言ってしまうと仕事みたいでつまんないようにも聞こえますが、やればわかるようにこのゲームはとても面白いので、仕事の方のことをゲームみたいで面白いと思った方が得だと思います。

(おわり)

「ウミガメの島」─選択肢いっぱいのおんぶすごろく─

umigamenosima_001

「ウミガメの島」はウミガメになってたくさんタマゴを産むべく、島をグルグル回るすごろくです。すごろくと言うとサイコロ運の要素が強いイメージがありますが、このゲームには選択をする場面が満載で、テンポよく次々と決断していくのがおもしろどころです。

umigamenosima_002

中身のセット例はこんな感じ。盤面にある1から21までの表示がマスで、いかだをスタート地点として島を何周も回っていきます。

umigamenosima_003

自分の番では、まずサイコロをひとつ振ります。上の写真では一番小さい1が出てしまっていますが、がっかりする必要はありません。もちろんここで自分の番をおしまいにしてもいいのですが、このゲームではまだ振れるサイコロがあるからです。

umigamenosima_004

2つ目のサイコロは2。普通に足し算すると3ですが、こうして複数のサイコロを振った場合は計算が変わってきます。計算式は「足し算した答え×振ったサイコロの数」。この場合は「(1+2)×2」で、6となります。

うーん、それでままだ小さい。サイコロは3つあるので、もう1つ振ってみましょう。

umigamenosima_005

3つ目のサイコロは4。「(1+2+4)×3」となるので、一気に21マス進めます。しかし、サイコロをたくさん振るのがうまくいくとは限りません。

umigamenosima_006

次の番が回ってきたときは、4が出た後に5が出ました。合わせて9。このようにサイコロの目が8以上になってしまった場合は進むことができず、スタートのいかだに戻されてしまいます。8以上にならないよう、サイコロをいくつ振るか考えるのが決断の分岐点。場面に応じて、手堅くいくのか、リスクを取って勝負を賭けるのか決断します。

umigamenosima_007

21マス目は産卵所。ここに止まるか通過したら、一番上にあるタマゴカードをもらえます。タマゴの個数は1から7まであって、上の写真では赤のプレイヤーが3点ゲット。

umigamenosima_008

次に産卵所に来たのは青のプレイヤー。タマゴカードは取ったものの、たったの1点。次に見えるのは6点ですから、ちょっと悔しいかもしれません。こうして、タマゴの個数によって進む数を調整するのも考えどころ。

umigamenosima_009

また、コマが同じマスに止まった場合は写真のようにコマを重ねます。こうしておんぶ状態になると、黄色のコマは青のコマが進むときに一緒に進むことができます。単にコマを前に進めるだけではなく、うまく他のコマに乗れるかどうかも意識してサイコロを振るのも考えどころ。

しかも、青のプレイヤーが1つ目のサイコロを振ったあと、2つ目・3つ目を振るかどうか決めるのは上にいるコマのプレイヤー。上に乗ることで、意思決定まで乗っ取ることができるわけだ。

umigamenosima_010

さらに、産卵所でもらえるタマゴカードは一番上にいるコマのプレイヤーのものとなる。下のカメに悲哀が漂います。

umigamenosima_011

たくさんコマが重なっている場合、途中のコマのプレイヤーの番になったときもルールは同様。上の写真では赤のプレイヤーの番になったとき、赤の上のコマも一緒に動き、サイコロを振る個数を決めるのは黄色のプレイヤー。おんぶが重なったり離れたりして、有利不利の状況がどんどん変わっていく。

umigamenosima_012

7人まで一緒にプレーできるので、多人数のときは盤面もにぎやかに。タマゴカードが尽きるまでグルグルを繰り返し、なくなった時点で合計タマゴ個数の一番多いプレイヤーが勝ちです。

やってみるとわかるが、わざとサイコロが8以上になるように振った方が有利な場面も出てくる。運と戦略とが絶妙に絡み合うのが楽しいゲームです。

(おわり)

1 2 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.