catalo-gue_001

「かたろーぐ」は、互いの好みのランキングを当てあうゲームです。ゲームと言うより、おしゃべりのサポートアイテムとも言えますが、おしゃべりをゲーム以上にも面白くしてくれます。

catalo-gue_002

中身はこんな感じ。「かたろーぐ」にはいくつか遊び方があり、ここでは3人以上用のルール「パティろーぐ」を紹介します。

catalo-gue_003

まず、なんでもよいのでカタログ的なものを用意して、適当に7つのマーカーを置きます。写真の例ではゲームにサンプル用カタログとして入っている「たのしいこと」を使っています。

catalo-gue_004

出題役はマーカーと同じマークが描かれたカードを、裏向きにして自分の好みの順番に並べます。ここから他の出題者がこのランキングを当てていくのですが、ヒントとして4位だけは最初から明かします。

解答役は、まず1位を予想します。ただ、個人的にはすぐに答えの発表に移らず、質問タイムを設けた方が楽しかった。相手のことを知ろうとする、ちょっとこっぱずかしくもあるやりとりがゲームの中で自然発生するからだ。

そして、質問に答えるかどうかは出題役が決める、というくらいのゆるいルールの方がおすすめ。教えてくれなくても、その反応の仕方から読み取れるものもあるだろう。

catalo-gue_005

それぞれの予想の発表は、かけ声の合図で1位だと思うマーカーを指さしておこないます。そして…

catalo-gue_006

出題役が1位のカードをめくり、答えの発表。正解者はハートのトークンをもらえます。マーカーは裏返すと色違いになっているので、既出のものがわかりやすくなります。

これを他の順位でも繰り返していき、たくさんのハートをもらえた人が勝者、というわけです。ゲーム中は「そうなの~?」「意外!」「ほら~」「やっぱり!」と言った言葉が飛び交います。理由のやりとりも始まるので、自然と理解が深まっていきます。

catalo-gue_007

「かたろーぐ」のキャッチフレーズは「世の中全てがゲームになる」。サンプルカタログ以外に、チラシでも図鑑でもなんでも使えるのが楽しい。カタログにするものを選ぶ時点からゲームが始まってるとも言える。

身近な人でもそんなに仲良くない人とでも、年齢も問わず一気に距離が縮まるのが楽しいゲームです。

(おわり)