ゲーム紹介

*個人戦

「オーシャン・ラビリンス」─動く迷路を探検してアイテムを手に入れろ─

「オーシャン・ラビリンス」は、どんどん変化する迷路を探検して、アイテムを手に入れるゲーム。よく見て道を動かし、うまくつながるのが気持ちいいんです。

2~4人でプレイできて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。各プレイヤー配られているのは「アイテムカード」です。

「アイテムカード」を何枚ずつ配るかは説明書で指定されていませんが、全員同じ枚数ずつ配ります。ゲームの最初に、自分のアイテムカードを1枚めくって、それが何かを確認しましょう。迷路内のどこかにある、このアイテムを手に入れるのが目的です。

さて、自分の番にまずすることは、常に1枚だけボード外に余っている「迷路タイル」を、ボード4辺にある「▲」のいずれかから挿入すること。グイグイッと押し込むと、その列の迷路が動きます。そして、奥から別の1枚が押し出されます。

次にすることは、自分のコマの移動。今いる場所から道が続いている限り、どこまでも動かせます。

というわけで、自分の目指すアイテムがどこにあるかをよく観察することがまず大事。そして、どこをどう動かせばうまくいかく考えるのがポイントです。

迷路タイルを入れる場所は12か所。どこにタイルを入れたらどうなるか、よく想像するのがおもしろどころ。意外なつながりを見つけて、うまくアイテムのところまで行けると嬉しい。

1つ目のアイテムをゲットしたら、次のアイテムカードをめくって見ます。こうして、全てのアイテムを最初に手に入れて、ゴールに戻ったプレイヤーが優勝です。

ここまでが基本ルール。迷路タイルの中には、裏面に何かが描かれているものが数枚あります。拡張ルールではこれを取り入れ、そのタイルを押し出したときに上のような効果が発動します。

このゲームは「オーシャン・ラビリンス」ですが、元祖「ラビリンス」もあります。テーマが海ではなく遺跡の迷宮で、拡張ルールがないことは以外は同じルール。デザインの好みで選ぶとよさそうです。

動く迷路という仕掛けがまず面白い。観察や想像をして、あっ!とひらめくのが楽しいゲームです。

(おわり)

「クラッシュアイスゲーム」─失敗してガシャーン!が癖になる気持ちよさ─

「クラッシュアイスゲーム」は、ペンギンを落とさないようにブロックをハンマーで叩いて落っことすゲーム。ジェンガやスティッキーのような「崩しちゃダメ」系ですが、なぜか笑える気持ちよさがあります。

セット例はこんな感じ。箱には2~4人と書いてありますが、やろうと思えば何人でも遊べます。

自分の番にまずすることは、ルーレットを指で弾いて回すこと。矢印の止まったところを確認しましょう。

それぞれの絵に従って、ブロックを落としていきます。……なのですが、個人的にはゲームのリズム感を優先させて、ルーレットなしでどんどん交代していく方が好みです。もちろん、ルーレットありにした方が、ゲーム性は上がるかもしれません。

どっちにしても次にすることは、ハンマーでブロックを叩いて落とすこと。慎重に叩くもよし、あえて思い切っていくのもよし。自分の感覚だと、少々強めに叩いてスコーンと打ち抜くのが気持ちよく感じます。

ブロックだけが落ちればセーフですが、ペンギンまで落ちてしまうと負け。どのブロックを叩けば大丈夫なのか、よく観察することがポイント。力の調整も必要です。

ゲームが進んで、だんだんブロックが減ってくると考えどころ。こことここが支え合ってるから、ここなら叩いてオッケーだな…と、よく見ると気づくことがあるはずです。

そう思って叩いても、ダメになっちゃうときもあります。こうなると即刻負け。勝者を決めるのではなく、1人の負けを決めるゲームであるわけです。

そう言うとシビアであるはずなのに、このゲームの不思議な魅力は負けたときの感覚にある。ジェンガなら「あーあ、やっちゃった……」とショックですが、このゲームだと「あっはっは、やっちゃった!」と、なぜか笑える感じがするのだ。

それは、ガッシャーン!と、ほんとに氷を砕いたような感触が気持ちいいからかもしれない。崩したときの音にも魅力があるので、しっかり固い平面の上でやるのがオススメ。

もう1回!となりやすいこのゲーム。準備にはブロックを全てはめこむ必要があるので、ちまちました手作業がしばらく必要。手間ではあるけれども、この作業もなんとなく味わいがある。ギュギュッとブロックを詰めていく感触は、小さな子供が手先を使う経験としてもちょうどよさそう。「準備をした先に楽しみが待っている」という経験にもなる。

ゲーム中には、ブロックが奇跡的な崩れ方をすることもあって、歓声や笑い声があがることもしばしば。ゲーム全体としてはざっくりした作りだけど、そのゆるさが生む偶発的な面白さがとっても楽しい。

観察のしがいや考えどころがあって、力の入れ方にも工夫が必要。そして、直感的な気持ちよさや、みんなでワッと笑える楽しさも魅力。負けてもうれしいような気持ちになるのが不思議なゲームです。

(おわり)

「ジャマイカ」─数字を四則演算でコネコネして、指定された数を作れ!─

「ジャマイカ」は、サイコロで出てきた数字を計算して指定された数にするゲーム。数と+-×÷の記号が頭の中で飛び交います。

ボードゲームでもカードゲームでもなく、本体はこんな感じのモノ。周囲にある6つのサイコロは1~6の数字がある普通のもの。中心のサイコロの数字は10の倍数になっていて、10~60の面があります。

何人でも遊べて、まずはこんな風に手のひらの上に乗せます。そして、本体をぐるぐる動かすと…

こんな風にサイコロがコロコロ回転します。上の画像では動きが見えやすいように右手でつまむように持っていますが、両手のひらで挟んでコネコネするとやりやすいです。なんとも言えない感触が気持ちよかったりもします。

適当にコロコロしたら、テーブルなどの硬い平らな面にバシッと置きましょう。

すると、こんな風にサイコロの目が確定します。ここからが頭の使いどころ。白いサイコロの数字を全て使って四則演算し、黒いサイコロの数字を合計した数字にする、というのが遊び方です。

この場合、4・5・3・1・3を1回ずつ使って計算し、24にするというわけです。数字と記号をあれこれ組み合わせて、計算しましょう。

この例はたぶんそんなに難しくないはず。4×5=20、20+1+3で24……だと、3が1つ余っちゃいます。ちゃんと全部使って24になる計算があります。こういうときはこれまでの考えを捨てて、新たな計算を作る思考の切り替えがポイント。

1人でも遊べますが、誰かと正しい計算を作る速さを競うのも楽しい。子どもとやるとき、暗算できる力が十分あればよいですが、やってみると書いて考えたくなってきます。もちろん紙でもよいですが、100均でも売ってるミニホワイトボードを使うのもおすすめ。なめらかにササッと書けて、消すのも素早くできます。

さて、続いてはこんな目が出た場合。黒の合計が60台になると難しくなる印象があります。出た目によっては式を作れない場合もありますが、これはできます。

いろいろやってるうちに、この組み合わせ、ほんとにできる…?と思わされることも自分にはしばしばありました。ネット上に「ジャマイカ自動計算」(stabucky.com様)というものを公開している方がいらっしゃるので、こちらで数字を入力して確かめることができます。

1人で頭の体操をするもよし、みんなで競うのも楽しい。素早く正確に計算して、こうじゃなければこうかもしれない…と、あれこれ考えるのが楽しいゲームです。

(おわり)

1 2 3 29 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.