ゲーム紹介

*個人戦

「コリドール」─迷路作りの攻防でせめぎ合うチェス風バトル─

「コリドール」は、コマを進めたりフェンスを立てたりしながら、ゴールのマスにたどり着くことを目指すチェス風のゲーム。迷路作りの読み合い攻防に熱くなります。

2人または4人でプレイできて、2人プレイ時のセット例はこんな感じ。9×9マスの手前まん中にあるのが自分のコマ。これを移動させ、一番奥にあるマスのいずれかへたどり着くのがゲームの目的です。

また、10枚ずつ並べてあるのは「フェンス」と呼ばれる木片。ゲーム中に自分のものとして使っていくことができます。

自分の番にできることは2つのうちのいずれか。選択肢の1つ目は、コマの移動。

移動できるマスは、今いるマスの前後左右。のちほど出てくる特別な状況を除いて、斜め移動はできません。

選択肢の2つ目は、フェンスを置くこと。コマはフェンスを越えることができません。

フェンスは必ず2辺にまたがるようにして置きます。また、コマがゴールに向かう道が完全に断たれる置き方はできません。

基本的なルールはこれだけ。こうして順番に、コマを進めたりフェンスを立てたりしながらゲームは進行。ルールがシンプルなだけに、初めてプレイしたときには「一体どんなことが起きるんだ……?」という手探り感があった。そして、やっていくうちに「そうか、なるほど!」という発見が次々にあるのが楽しい。

コマ同士が隣接している場合は特別ルール。相手のコマを飛び越えて2マス進めます。

進む方向のマスにコマがいても、その後ろにフェンスがある場合は飛び越えられません。その代わり、斜めのマスに進むことができます。こうした特別な移動ルールも有利に利用していきましょう。

チェスや本将棋は深遠な分、面白さの醍醐味に至るまで十分な経験が必要でしょう。それに対して、このゲームは初めてでもそれなりの見通しを立てやすい。だからと言って簡単ではなく、「あっ、そうなるのか!」という発見が次々にあるのがいきなり楽しい。

例えば「ゴールへの道が完全に断たれるフェンスの置き方はできない」というルール。これは「1マスでも道がつながっていればいい」と言い換えられます。相手を邪魔したり、自分を有利にしたりする「いい手」を思いつくと、小躍りしたくなります。

こうして先に一番奥のマスに着いたプレイヤーが勝ち。やっていくうちに「あと5マスでゴールだぞ。あ、相手はあと4マスか…。いや、ここにフェンス置くと3マス遠回りさせられるから…」など、読めることが増えていく。状況を把握して先を見通して考えるのがポイント。

でも一筋縄ではなく「待てよ、ここにフェンス置かれたら5マスも遠回りさせられるぞ…」と、相手の視点に立って考えることも必要になってきます。「いや、先にここを塞いでおけば…」と、やっていくうちに攻防の幅が広がり、上達を実感しやすいのも嬉しい。

「今の状況の次」を考えるうちに慣れてきて、「次の次」「次の次の次…」と、想像が深まっていくのが楽しい。最初の手持ちフェンスの数を調整すれば、簡単にハンデをつけられるのもいい。見通しのよさが程よく、熟練に至らずとも論理的な思考の面白さが味わえるゲームです。

(おわり)

「ウボンゴミニ」─タイルぴったり早並べ競争─

「ウボンゴミニ」は、お題カードにタイルをぴったり重ねて並べる、パズル早解き競争のゲーム。頭も手先もフル回転です。

基本ルールでは2~4人で遊べて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。各プレイヤーにはパズルのタイルが8枚配られます。まん中に積んであるのが「お題カード」です。

ゲームはラウンド制。ラウンドの最初に、各プレイヤーは「お題カード」を1枚引きます。そしてスタートの合図で裏返しにします。ここからは先はスピード競争です。

一番を目指してするのは、「お題カード」のマスがぴったり埋まるように、タイルを3枚並べること。タイルを乗せたりどかしたり、手先を素早く動かしましょう。

タイルは両面使えるので、まずはいろいろ試行錯誤。慣れてくると、きれいに埋まる並べ方の見通しがパーッと浮かんでくる瞬間もあって楽しい。逆に、ダメだと思ったときはリセットする気持ちの切り替えもポイントです。

一番にマスを埋められたら「ウボンゴ!」と叫びます。続いて20まで声に出してカウントアップ。他のプレイヤーは20になるまでにパズルの完成を目指して頑張りましょう。

カウントが終わったら得点精算。パズルを完成できたプレイヤーは1点獲得。自分の「お題カード」を得点の目印として手に入れます。完成できなかったプレイヤーがいたら、その人の「お題カード」は「ウボンゴ!」と叫んだプレイヤーに渡しましょう。

これを8ラウンドおこない、最終的な得点で競います。

難しそう…と思うかもしれませんが、パズルの解き方は全ての「お題カード」に3通り以上あるそうなので、割となんとかなります。

スピード競争のゲームは実力差・年齢差がはっきり出る場合もありますが、これはそれほどではない方かも。また、全員が並行してできるタイプなので、説明書ルールの勝負に入る前に、個人練習の時間が取りやすいのもいい。

「お題カード」は両面印刷で、AとBの問題があります。先の例で紹介したのはA面で、埋めるのに必要なピースは3枚。B面は4枚必要となって難度が上がります。

もちろんプレイヤー全員で揃えてもいいですが、ハンデをつけるにも役立つ。また、8枚のピースのうち黄色は使わなくても全てのお題が解けるようになっているので、ここでも難度調整ができます。もちろん「うまい人は○秒遅れでスタート」という方法もあり。

さまざまな形で調整できて柔軟性が高いです。シンプルなルールで、時間に追われて頭と手先をフル稼働させるのが楽しいゲームです。

(おわり)

「スリーヒントゲーム」─聞いて覚えて絵札を探す、まぎらわカルタ─

「スリーヒントゲーム」は、読み上げられる3つのヒントに合う絵札を素早く探すゲーム。「聞いて覚えて探す」という連携が普通のよりもちょっぴり難しいカルタです。

箱の中身は全て厚紙製のカードで、読み札と取り札が48枚ずつ。読み札には3つのヒントが書かれていて、取り札にはヒントと対応する絵が描かれています。基本の遊び方はカルタ。読み上げをよく聞いて、それに合う取り札を探しましょう。

(※本来の製品はカドが直角ですが、写真は筆者がかどまるPROのMサイズで丸めたものです。さわり心地がグッと変わります。)

普通のカルタでは最初のひらがなだけで探せますが、このカルタはちょっと違う。読み上げを最後までよく聞いて、3つの説明を満たす札を探す必要があります。

48枚を広げると、なかなかの混乱度。たくさん散らばる札の中から、聞いた内容を一時的に保持してよく探すことが重要です。また、音声言語として得た情報を、絵という視覚情報に変換することも必要になってきます。

札を取るのはもちろん早い者勝ち。一連の情報処理と取るという行動を素早くおこなう必要があるので、実は結構シビアなゲームかもしれません。

動物は12種類で、それぞれ4枚ずつ。たぶん意図的なデザインだと思いますが、形や色合いが似ているもの同士があるので、よく観察することも大切です。

たくさん散らばる中から探すのは結構難しい。でも、読み上げを聞きながら「ぞうが確定した時点でぞうの位置を探し始めて、さらに続く情報から絞り込んでいく」ということは可能。もちろん年齢にもよりますが、情報の入力と行動を同時進行させれば、取れる確率は上がるわけです。

動物が違っても動作は似ているものもあるので、紛らわしさはさらにアップ。48枚の中から見極めるのは、なかなか大変で探しがいがありそうです。札を半分だけ使うなど、難易度の調整をしてもいいかもしれません。

説明書には、トランプの神経衰弱と同じルールの遊び方も掲載。絵には「動物・動作・服装」の3要素があるので、子どもによってはまずは絵合わせで遊んで「同じ/違う」を理解するステップをじっくり取るのもよさそうです。

個人的にはこのゲーム、3セット購入。カルタは年齢差や実力差がはっきり出やすいゲームなので、本気で競うと勝ち目がなくてやる気をなくす子が出る場合もありがち。

でも、取り札を複数セット使ってそれぞれに「自分専用の取り札」があるようにすれば、取る早さに差があっても人に取られることはなくなって、勝敗の厳しさがマイルドになります。1つ463円という価格も買いやすいです。

他にも、お話作りやクイズなど、遊び方のアレンジはいろいろできそう。普通のカルタからちょっとステップアップしつつ、遊びの幅も広がりそうなゲームです。

(おわり)

1 2 3 32 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.