「みつばちブンブン」は、クマがハチの巣を襲いに来る前に、ミツバチとなって花のみつを全て集めるゲーム。全員で協力して目的を成功させる、すごろくタイプのゲームです。

2~4人でプレイできて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。4色の桶のようなものが各プレイヤーのコマで、ボードの四隅がスタート地点です。

自分の番にまずするのは、サイコロを振ること。そして、出た目の数だけ自分のコマを進めます。進める先は点線でつながっているマスです。

自分の色と同じ花のマスで止まったら、みつを手に入れられます。そこにある丸いチップを桶の中に入れましょう。花のみつがある場合は、サイコロの数字より少ない数でコマを止めてもオッケーです。

こうしてみつを集めていくわけですが、サイコロに1面だけある足跡の面が出たらピンチです。クマがハチたちの家である巣に一歩近づきます。全てのみつを手に入れて、みんなで巣に戻るのがこのゲームの目的ですが、その前にクマが来てしまったらミッション失敗です。

サイコロにはラッキーな面もあります。「ALL 3 PLAY」が出たときは、プレイヤー全員が3マス移動できます。

こうしてサイコロを振ってはコマを進めていきます。自分が取れるのは、自分の色のみつだけ。マス同士は一見距離が近いように見えても、つながっている線をたどると意外と遠かったりもする。どういう順番で集めるか、よく見て考えるのがポイント。

「こことそこにみつがあるから、えーと、1、2、3、4、5…」と指で指して数えて比べることもしばしば。箱には「5歳から」となっていて、指差ししながら数を唱えるという数え方が自然と引き出されます。

マスをつなげる線は結構くねくね。最後は巣に戻ることも考えると、花を回る効率性には結構考えどころがあります。

自分のみつを全て集めて巣に戻ったプレイヤーは、以後サイコロを振りません。みんなが集合するまで待っていましょう。でも、全員協力型ですから「こうやって行った方が近くない?」と、アイデアを出すと成功が近づくかもしれません。

コミュニケーションが自然と生まれるのが全員協力型のいいところ。シンプルながらも、正確に数えて比べたり、ボードをよく見て回り方を考えたりと、比較や思考の基本が体験できるゲームです。

(おわり)