ゲーム紹介

#思考・戦略

「ザ・ゲーム」─やりとりがもどかし面白い、協力型の数字並べ─

the_game_001

「ザ・ゲーム」は、他プレイヤーと限定条件のもとで情報をやりとりしながら数字カードをできるだけたくさん出していく、全員協力型のゲームです。見た目はおっかないですが、内容はそんなことありません。

the_game_002

中身の全ては写真の通り。1と100のカードが2枚ずつ、2から99までのカードはそれぞれ1枚ずつです。とてもシンプル。

the_game_003

1~5人でプレイできますが、3人プレイ時のセット例はこんな感じ。2枚ずつの1と100、カードを出していく場所のセットの仕方は説明書とちょっと違うのですが、わかりやすいと思ってこうしています。

カード出し場は4か所あり、1から数字をだんだん大きくして出していく場所が2か所、100から小さくしていく場所が2か所。ここにプレイヤー全員で可能な限りたくさんのカードを出していくことがこのゲームの目的です。

the_game_005

自分の番では、いずれかの置き場にカードを2枚以上出します。写真は4と94を出したところ。数字の間は飛んでもよいですが、カードは基本的に小さい順・大きい順にしか出せません。カードをたくさん出すことが目的なので、飛ばす数は少ない方が有利、というわけ。

the_game_006

カードを出したら、出した枚数と同じ枚数のカードを山札から補充します。上の例では2枚出したので、2枚補充したところ。そして次のプレイヤーの番に移り、カードを出しては補充して…を順番に繰り返していきます。

the_game_007

繰り返しになりますが、ゲームの目的はカードをたくさん出すこと。なので、97の次に96を出すように、差が1のカードを出せると嬉しい。

こうして順番にカードを出していく中、プレイヤー同士手札を見せ合うことはできませんが、「ここは出さないで!」「この場所、出しちゃってもいい?」などとコミュニケーションをとることはオッケー。ただし、コミュニケーションには条件があり、具体的な手札の数字を言うことや、数字が特定できる示唆の発言は禁止。

「96持ってるから、97のところには出さないで!」とは言えないわけです。「97のとこ、かなりいいから任せといて!」ならオッケー。表現を工夫しながら、なんとか互いの状況を伝え合うのがもどかしくて面白い。「結構いいカード」「まあまあのカード」「やばいカードしかない」など、あいまいな表現しか使えません。でも、同じメンバーでプレイを繰り返すうち、だんだんそれがどれくらいを意味しているのかが通じ合うようになっていくのが嬉しい。

the_game_008

そのときの状況からすると厳しいカードしか手札にない場合も当然発生。自分の番には最低2枚はカードを出さなくてはならないので、9の次に24を泣く泣く出すしかない……なんて場合もあります。

しかし、カードを出すときには1つ特別なルールがあります。

the_game_009

それは、「数字がちょうど10違うカードについては、巻き戻して出せる」というもの。上の写真の場合、24の次には基本的に25以上のカードしか出せないのですが、24より10小さい14のカードは特別に出せるというわけ。これによって、だんだん上がっていく数字を回復させることができる。

the_game_010

このルールは小さく出していく場でも同じ。87以下しか出せないはずの88の次に、98なら出せるわけです。この「10巻き戻し」を有効に使わないと、どんどん数字が大きく/小さくなっていってしまうので、プレイヤー間のコミュニケーションではうまく巻き戻せるカードがあるのを伝えるのもポイント。もちろんその時も、具体的な数字やあからさまな示唆はできません。

こうして進めていき、プレイヤーの誰か1人でもカードを出せなくなったらゲームオーバー。説明書によると、残りの山札と全員の手札の合計が9枚以下ならプレイヤー全員の勝利。もちろん、全て出し切ったら完全勝利です。

個人的には今のところ2人でプレイしたことしかないのですが、20回以上やっての最高記録は残り1枚。完全勝利は未達成ですが、だんだんやりとりや出し方がうまくなって、記録が伸びていくのが楽しいゲームです。

(おわり)

「モンスターメニュー」─選択肢をのりこえてモンスターにごちそうをあげよう─

monstermenu_001

「モンスターメニュー」は、2匹のくいしんぼうモンスターがケンカしないよう、いろいろな食べ物を2匹分そろえて与えてあげるゲームです。

2~4人で遊べますが、3人プレイ時のセット例はこんな感じ。カードを3枚ずつ手札として配り、残りは山札とします。場に表示はありませんが、2種類のゾーンがあります。

monstermenu_003

とりあえずの目的は「同じカードを2枚そろえること」と思っておいてください。自分の番では、まず山札を1枚めくります。右端のソーセージのカードを引いたとして、それをどうするか3つの選択肢があります。1つ目は、このまま手札に入れること。

monstermenu_004

2つ目は、裏向きで左隣のプレイヤーに手札として渡すこと。

monstermenu_005

3つ目は、場の「公開置き場」に表向きで出すこと。

これら3つのうちいずれかをしたら、もう1枚カードを引きます。引いたカードをどうするか、さっき使った選択肢は再び使えないので、残り2つのいずれかにします。

2つのうちいずれかをしたら、もう1枚カードを引きます。このカードには、残った1つの選択肢をすることになります。ちょっとわかりづらいですよね。

monstermenu_006

自分の番にすることをまとめるとこんな感じ(PDF)。①と②を3回繰り返し、③に進みます。ここで同じカードを2枚そろえると、くいしんぼうモンスターに与えることができ、そろえ方によって得点がもらえます。

monstermenu_008

手札の中から2枚そろえてあげるのが一番高く、3点もらえます。

monstermenu_009

手札と公開置き場の同じカードを1枚ずつ、2枚そろえてあげると1点。公開置き場の中で同じカードが2枚そろってもモンスターにあげることになりますが、その場合は0点です。

monstermenu_011

カードの食べ物の種類は12種類で、それぞれ4枚ずつあります。モンスターはグルメであるらしく、同じメニューを2回あげることはできませんからご注意を。

こうしてそろえてはあげるを繰り返し、10種類のメニューが並んだらモンスターもおなかがいっぱいになったということでゲーム終了。

monstermenu_012

得点計算では、これまでモンスターに食べ物をあげたときに得た点数に加えて、終了時点で手札にある「ごちそうカード」1枚につき2点を加算します。ごちそうカードはゲーム途中にモンスターにあげることはできませんが、最後まで持っているとプラスになるというわけです。

これが一連の流れ。場に出たカードを踏まえながら、どのように手札を管理していくかが考えどころ。自分の番ではやることが3つあるので、どのカードのときにどうするか、どういう順番で選択していくかがポイント。

と言っても、流れがわかったものの戦略方針は今ひとつわからないかと思います。何をどう考えればよいのかわからない状態から、プレイを繰り返すうちに自分なりの考え方が立てられるようになっていくのがこのゲームのおもしろどころでしょう。

(おわり)

「おさかなこいし」─かわいい見た目に思惑飛びかう魚釣りゲーム─

osakanakoishi_001

「おさかなこいし」は、カードでできた池を囲んで、釣れた魚の数を競うゲームです。魚釣りがテーマですが、思うようになるようでならない魚の動きを読むのが考えどころです。

osakanakoishi_002

2~4人でできますが、4人で遊ぶ際のセット例はこんな感じ。中央に並ぶのは「池カード」で、9枚並べて池に見立てます。

osakanakoishi_003

最初のラウンドが始まると、まずはプレイヤー全員が「釣りざおカード」を仕込みます。「釣りざおカード」は、白・白・ネコの3枚。自分の前にある3枚の「池カード」の手前に、「釣りざおカード」を1枚ずつ並べます。ここでは緑のプレイヤーになったとして、手に持っている順番で「左・真ん中・右」と並べることにしましょう。

なぜそう並べたかと言うと、あとから魚を釣るときには、ネコのカードを仕込んだ列の「池カード」を釣り上げることができるからです。今のままなら、合わせて5匹の魚が釣れるはず。

osakanakoishi_005

続いては、順番に全員が「おびき寄せ」をします。「おびき寄せ」とは「池カード」を1か所、縦横いずれかの1マスずらすこと。このラウンドのスタートプレイヤーは緑。自分が釣れる魚を増やすために、池の真ん中の魚カードを右に寄せることにしましょう。

しかし、「おびき寄せ」は順番に全員がするもの。そして、池カードが重なっていた場合は、重ねたまま全てをずらします。それぞれのプレイヤーには思惑があるようで、「おびき寄せ」が一周し、順番に魚を釣る「釣り上げ」に入ると下の写真のようになってしまいました。

ネコを仕込んだ赤い矢印の列にあるカードを取りますが、魚は1匹も釣れません…。

時計回りで次のプレイヤーは青。ネコを仕込んだ赤い矢印の列が釣果です。真ん中のカードは重なっているようですね。

osakanakoishi_008

確かめてみると、魚は全部で7匹と大漁。次の黄色のプレイヤーは真ん中列にネコを仕込んでおきましたが、すでに魚はいません。そればかりか、その列にありマイナス点になる石を引き取らなくてはなりません。向かって右にいる紫のプレイヤーは手前列にネコを仕込んでいたので、魚も石も合わせて引き取ります。

これで1ラウンド終了。池の9か所全てに山札から1枚ずつ「池カード」を重ねて補充し、次のラウンドに進みます。4ラウンドおこない、プラス点の魚とマイナス点の石を合計した得点で競います。

というわけで、ラウンドの流れがわかると考えどころも伝わるでしょうか。ネコを仕込む場所や、「おびき寄せ」をどうするかが考えどころ。自分のねらいをどう見せるか、相手の行動からその思惑をどう読むか。わかってくるほど考えの幅が広がって、心理戦が複雑になります。

とは言っても、ルールは簡単なので説明書でも「7歳から」とのこと。「あの人はどうしてああしたんだろ?」と、相手の行動の理由を考えるとよいことに気付けたら、グッと面白さが上がるゲームです。

(おわり)

« 1 21 22 23 28 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.