monstermenu_001

「モンスターメニュー」は、2匹のくいしんぼうモンスターがケンカしないよう、いろいろな食べ物を2匹分そろえて与えてあげるゲームです。

2~4人で遊べますが、3人プレイ時のセット例はこんな感じ。カードを3枚ずつ手札として配り、残りは山札とします。場に表示はありませんが、2種類のゾーンがあります。

monstermenu_003

とりあえずの目的は「同じカードを2枚そろえること」と思っておいてください。自分の番では、まず山札を1枚めくります。右端のソーセージのカードを引いたとして、それをどうするか3つの選択肢があります。1つ目は、このまま手札に入れること。

monstermenu_004

2つ目は、裏向きで左隣のプレイヤーに手札として渡すこと。

monstermenu_005

3つ目は、場の「公開置き場」に表向きで出すこと。

これら3つのうちいずれかをしたら、もう1枚カードを引きます。引いたカードをどうするか、さっき使った選択肢は再び使えないので、残り2つのいずれかにします。

2つのうちいずれかをしたら、もう1枚カードを引きます。このカードには、残った1つの選択肢をすることになります。ちょっとわかりづらいですよね。

monstermenu_006

自分の番にすることをまとめるとこんな感じ(PDF)。①と②を3回繰り返し、③に進みます。ここで同じカードを2枚そろえると、くいしんぼうモンスターに与えることができ、そろえ方によって得点がもらえます。

monstermenu_008

手札の中から2枚そろえてあげるのが一番高く、3点もらえます。

monstermenu_009

手札と公開置き場の同じカードを1枚ずつ、2枚そろえてあげると1点。公開置き場の中で同じカードが2枚そろってもモンスターにあげることになりますが、その場合は0点です。

monstermenu_011

カードの食べ物の種類は12種類で、それぞれ4枚ずつあります。モンスターはグルメであるらしく、同じメニューを2回あげることはできませんからご注意を。

こうしてそろえてはあげるを繰り返し、10種類のメニューが並んだらモンスターもおなかがいっぱいになったということでゲーム終了。

monstermenu_012

得点計算では、これまでモンスターに食べ物をあげたときに得た点数に加えて、終了時点で手札にある「ごちそうカード」1枚につき2点を加算します。ごちそうカードはゲーム途中にモンスターにあげることはできませんが、最後まで持っているとプラスになるというわけです。

これが一連の流れ。場に出たカードを踏まえながら、どのように手札を管理していくかが考えどころ。自分の番ではやることが3つあるので、どのカードのときにどうするか、どういう順番で選択していくかがポイント。

と言っても、流れがわかったものの戦略方針は今ひとつわからないかと思います。何をどう考えればよいのかわからない状態から、プレイを繰り返すうちに自分なりの考え方が立てられるようになっていくのがこのゲームのおもしろどころでしょう。

(おわり)