susumekaizokusan_001

「進め!海賊さん」は、ゴールを目指して船を進める、すごろくとババ抜きが合わさったようなゲームです。普通のすごろくやババ抜きはほぼ運だけのゲームですが、このゲームではしっかり勝負のかけどころがあります。

susumekaizokusan_002

2人専用のゲームで、中身のセット例はこんな感じ。左端の船を進めて、右端のゴールに先に着けば勝ち。はじめの手札は共通で、1・2・爆弾の3枚。

susumekaizokusan_003

自分の番にまずすることは、裏向きの相手の手札から1枚引くこと。ここでは1を引きました。このカードを自分の手札に入れて、自分の番をおしまいにすることもできます。その場合、1を引いたので自分のコマを1マス進めます。

まだおしまいにしないこともできます。1を引いた時点で、相手の手札は2と爆弾。さらに引くことにして2が出れば、1+2で3マス進めます。2分の1の確率に賭けて、もう1枚引いてみた場合も見てみましょう。

susumekaizokusan_004

残念ながら爆弾でした。この場合は1マスも進めず、手札は相手に戻します。うまくいく確率とそのときの状況を踏まえて、カードを引くかどうかを考えるのがポイント。

もちろんババ抜き的な要素として、ポーカーフェイスをしたり、それを逆手に取った表情をしたりするのもありでしょう。特に子どもと遊ぶときには、表情を見て察し合うのもおもしろどころ。

susumekaizokusan_005

もしも2枚引いて成功し、3マス進んでいたとしましょう。この場合引いたカードは手札に入れるので、手札は合わせて5枚。相手の番に移るわけですが、5枚中4枚は数字カードなので、相手にとっては結構チャンス。成果は裏返って返ってくるので、勝負が拮抗するのがおもしろどころ。

susumekaizokusan_006

場合によっては相手の手札が1枚で、それが爆弾という場合も起き得ます。この場合は特別ルールで、無条件に2マス進んでオッケー。

susumekaizokusan_007

また、進路には特別な絵の描かれたマスもあります。上の写真の雲のマス、ここに止まると逆風で1マス戻されます。

susumekaizokusan_008

上の写真の宝箱のマスに止まると、場に置いてある「スペシャルカード」をゲット。裏側に効能が書いてありますが、次回以降の自分の番が始まる前にこのカードを使うことを宣言すると、その番で引いた数字を2倍にして前に進めます。

温存することもできますが、相手が宝箱のマスに止まると取られてしまうので、使うタイミングも考えどころ。

susumekaizokusan_009

こうしてコマを進めていき、先にゴールに着いたプレイヤーの勝ち。カード引きは基本的には運ですが、表情のやりとりや簡単ながら確率計算という要素も。特別マスがらみの攻防には戦略性も生まれるので、シンプルながらも考えどころのちゃんとあるのが楽しいゲームです。

(おわり)