ゲーム紹介

*全員協力型

「ドリームオン!」─みんなで夢の物語をつないで思い出す全員協力型─

「ドリームオン!」は、イラストカードを使って「夢の物語」を作り、あとからそれを思い出す全員協力型のゲーム。ハチャメチャな話を作ったり、頭をひねって思い出したりするのが盛り上がります。

箱の中身のメインは、156枚ある「ドリームカード」。さまざまなイラストが描かれていて、これを使って夢を作っていきます。

ゲームは2~8人でプレイできて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。各プレイヤーにドリームカードが3枚ずつ手札として配られます。残りのカードは1つの山札にします。

このゲームは2分間の「夢見タイム」と、そのあとの「思い出しタイム」という順番で進めていきます。

まずはスタートプレイヤーを決め、その人が山札から1枚めくって場に出します。これが夢のはじまりのカード。

スタートプレイヤーはカードを見て「ある日、プレゼントをもらいました」など、イラストに沿った「夢の物語」を考えて話します。そして砂時計をひっくり返し、砂が落ちきるまで2分間の「夢見タイム」がスタートします。

「夢見タイム」に自分の番というものはありません。ここから先は、思いついた人が手札からカードを出しては「夢の続き」を語り、どんどん話がつながっていきます。

上の写真だったら「プレゼントはおじいさんがくれたものでした」という感じ。カードを出したら山札から1枚引くので、手札は常に3枚です。これまでの話と手札のイラストから想像して、物語をつなげていきましょう。

ただ、私たちが寝ている間に見る夢は、結構ハチャメチャで謎めいている場合も多いはず。発想を表現するタイプのゲームは「うまいこと言わなくちゃ」というプレッシャーがかかることもありますが、ここは夢の世界。何が起きてもおかしくない。

というわけで、「そのとき突然、火山が爆発しました!」なんて、唐突なのもあり。得点のルールは後述しますが、カードをたくさん出してどんどん話をつないだ方が高得点なりやすいです。

続いては掃除機のカードを出して「そこで、掃除機で火山灰を全部吸い取りました」なんて感じでもいい。メチャクチャな展開も、本物の夢っぽくて記憶に残りやすい。

こうしてカードを出しながら夢の物語をつないでいき、砂時計が落ちきったら「夢見タイム」は終了。ここから先は「思い出しタイム」です。

「思い出しタイム」になったら、最後にカードを出したプレイヤーがカードの山を丸ごとひっくり返して手に取ります。そして、一番上のカードが何かを思い出し、夢の内容を話します。この場合だったら「えーと、まず、プレゼントをもらったはず」という感じ。

自分で正しく思い出してカードをめくれたら、「+2」の得点札の隣にカードを置きます。得点は全員共有で、この場合は2点ゲットというわけです。カードの山を時計回りで隣のプレイヤーに手渡し、思い出し役を交代です。

夢の続きを忘れてしまったら、他のプレイヤーに聞いて教えてもらってもオッケー。その場合は「+1」の得点札の隣にカードを置いて、1点ゲットです。

発想表現系のゲームは苦手な人もいるものですが、このゲームの場合は「夢見タイム」で無理に表現しなくても大丈夫。そういう人も「思い出しタイム」では活躍できるかもしれません。

誰も思い出せなかったり、間違った夢を思い出してしまったときはマイナス2点になるので要注意。しっかりと記憶をたどって、全員で記憶を確かめ合いましょう。

全てのカードをめくったらゲーム終了。カードの得点枚数を計算して、その結果が総合得点です。

説明書では15点区切りで成功の度合いが設定されています。自分がやってみた感じではメチャクチャな内容の夢になって、カードを出しているときには「こんなの思い出せるはずがない…」と思っていたのに、結構思い出せて意外でした。

ただ、30点以上を狙うなら、「夢見タイム」でかなりサクサクとカードを出していかないと難しい。発想の質も記憶の定着に関わりそうでありつつ、高得点のためには速さもかなり大切です。

物語をつないで笑ったり感心したり、記憶を紐解いて助けあったりと、やりとりが盛り上がる。発想と記憶をみんなで共有するのが楽しいゲームです。

(おわり)

「デイサービス農園(協力ルール)」─動物が荒らしに来る前に、みんなで作物を育てよう─

「デイサービス農園」は、動物が農園を荒らしに来る前に、作物を育てて収穫するゲーム。個人戦ルールと協力ルールがあり、それぞれにルールの難易度が3段階ありますが、ここでは「協力ルールの中級モード」を紹介します。

1人以上の何人でも遊べて、セット例はこんな感じ。どの人数でプレイするときもセットの仕方は変わりません。

ボードの左上と右下にいるのはサルとイノシシ。ゲームが始まると、両方ともだんだん農園に近づいてきます。いずれかが農園にやってくる前に、カボチャ・ナス・トマト・メロンを育てて収穫することがゲームの目的です。

さて、自分の番ではまずサイコロを2つ振りましょう。そして、そのうち1つのサイコロを選んで、それと対応する作物の畑に「新芽チップ」を置きましょう。作物の下にあるマスの全てに「新芽チップ」を置けたら、その作物を収穫できます。

「新芽チップ」を置くマスに「足跡マーク」が描かれている場合は要注意。イノシシが1マス進んでくるからです。イノシシがだんだん進み、4つの作物を収穫する前に農園に来てしまったらミッション失敗です。

また、サイコロで1が出た場合は、サルが進みます。全ての作物の収穫前にサルが農園に来てしまった場合もミッション失敗です。

しかし、動物たちを後退させる方法もあります。サイコロの目の2を選んだ場合は、「猟師マス」に「新芽チップ」を置けます。チップを2つ置けたら、サルかイノシシのいずれかを選んで1マス後退させることができます。

作物の畑にチップを置いて育てたいけど、動物が来るのに備えて猟師マスにも置いておきたい…。攻守のバランスを見極めるのが考えどころです。

畑をチップで満たしたら、その作物を収穫することができます。

保管庫に移動させて一安心……なのですが、野菜の大きなタイルをどかすと、そこに描かれているのは動物。収穫したあと、対応する数のサイコロを選ぶ(選ばざるを得ない)ときには、描かれた動物が1マス進みます。というわけで、作物を収穫するほど動物の歩みは加速するわけです。

あと少しで全ての作物を収穫できる、でも、動物もかなり近づいてきてる…。どうすれば無事に成功できるかは、サイコロ運だけでなく1回1回の選択にも大いに関わってきます。

もちろん、協力型ですから、知恵や意見を出し合って判断の精度を高めることもポイント。迷ったときに意見を尋ねたり、人が気づいてない視点を伝えたりと、コミュニケーションも盛り上がります。

上級ルールでは使う「新芽チップ」の数に制限があって難度がグッとアップ。私も数回やってみましたが、一度も成功できずにうなりました。わかりやすいテーマとサイコロのドキドキ感の中、みんなで先を見通した考えを見出していくのが楽しいゲームです。

(おわり)

「グラビティ・メイズ」─やりごたえが頭にも手にも気持ちいい、立体迷路パズル─

「グラビティ・メイズ」は、立体迷路を組み立てて、スタートのブロックに入れた球をゴールまで転がすゲーム。大人でもかなりやりごたえのある3Dパズルで、複数人でワイワイ解くのも楽しいです。

箱の中身はこんな感じ。右上の「グリッド」に、色とりどりのブロックを立体迷路がつながるようにはめこんでいきます。右下の「問題カード」は、全部で60枚あります。

各色のブロックは内部がさまざまに仕切られていて、組み立てることで球の通り道が作れるようになっています。赤いブロックはゴール用のブロックで、問題カードで指定された条件に合わせて迷路を作り、ここに球を転がし込めると成功、というわけです。

さて、実際にやってみましょう。まずは「問題カード」を1枚選び、表示に合わせて2つのブロックをグリッドにはめ込みます。赤がゴールで、もう1つのブロックが最初に球を入れるスタートです。

また、問題カードの下部には「ADD TO GRID」と書かれた欄があります。ゲームの目的は、すでにはめ込んだ2つのブロックに加えて、ここで指定されている色のブロックをはめて、スタートからゴールまで球が転がるように道を作ることです。

というわけで、道を作っていきましょう。まずはスタートからゴールまでの道筋に見当をつけるのがポイント。また、ブロックの中がどうなっているかをよく見て、球が転がりを想像して組み立てるのも大切です。

もちろん思考を先行させずとも、適当に組み立てては転がして、ダメな部分に気づいては直して…というやり方もあり。手先を使いながら、試行錯誤でだんだんわかっていく面白さがあります。

ブロックをはめるときのコキッとした感触も気持ちよく、ほどよく力が必要。力を込めて手先を使ってる感じが心地いい。しばらくやってると大人でもちょっと手が疲れるくらいで、まさに「手ごたえ」があります。

さて、これならいけるはず…という具合に組み上がったら、実際に球を転がしてみましょう。スタートの青ブロックに球を入れると……。

見事、ゴールに球がたどり着きました。これでこの問題はクリアです。

カラフルなブロックは見た目に楽しく、コロコロコロ…ガシュッ!とゴールに入るのも気持ちいい。

問題は全部で60問。15問ごとに難度の区切りがあり、だんだん難しくなっていきます。先ほど例示したのは2問目。解きながらパズルの性質がわかっていく問題順になっていて、論理的に考えられるようになっていく自覚が持てるのもいい。個人的には20問目くらいから解くのに時間がかかるようになって、「これ、結構難しいぞ…」とうならされました。

問題が進んでいくと、こんな複雑な組み方が正解になるものも。パズルなので基本的には1人でじっくり取り組めますが、何人かであれこれ言い合いながら考えられるのもいいところ。「ここにこれは確定だよね?」「いや、こっちの可能性もあるから…」と、知恵を出し合うやりとりも楽しいです。

「問題カード」の裏には答えが載っています。難問を複数人でやってると、中には「さっさと答えを見たがる人」もいたりする(うちでは妻がそう)。普通に答えを見てしまうのは悔しいけど、そういう人に「ここまで合ってる?」と、やりとりを通して部分的なヒントをもらうのもいいかもしれません。

頭も手先も使いつつ、だんだんわかっていくのが面白い。解けたことが視覚的・物理的に確認できる気持ちよさに、スッキリ感のあるゲームです。

(おわり)

1 2 3 15 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.