ゲーム紹介

#アクション

「ドブル・キッズ」─よく見て探してる、はずなのに…─

dobblekids_001

「ドブル・キッズ」は、2枚のカードの中から共通に描かれている動物を探し当てるゲームです。カード同士にはある仕掛けがあり、言われてみれば単純なのにこんなに目や頭がグルグルするなんて!と思わされます。

dobblekids_002

中身はこんな風にいろいろな動物が描かれたカードが30枚。仕掛けとは「どれかとどれか、2枚のカードを比べると、ひとつだけ同じ動物が描かれている」というもの。上の写真、試しにしばらくじっと見つめて、それぞれのカード同士で同じ動物を探してみると面白さがわかると思います。

dobblekids_003

マニュアルにはこの仕掛けを生かしたミニゲームの遊び方が5種類載っています。上の写真はそのうち「5本の指」と名付けられたもの。プレイヤーそれぞれにカードを4枚ずつ配り、真ん中に1枚置きます。スタートの合図で自分のカードのうちどれかと、真ん中のカードと共通する動物を探します。

dobblekids_004

見つけたらその動物名を言いながら真ん中のカードに重ねます。上の例なら「シマウマ!」。こうして全てのカードを出し切ったプレイヤーの勝ち。カードの間で視線を行き来させ、素早く見つけ出すのが大事。

真ん中のカードはどんどん変わり、真剣に見つめながらも「あっ…あっ…」と思っているうちに他のプレイヤーが次々に出していくこともある。そうしたもどかしさも楽しいのがすごい

dobblekids_005

楽しいながらも、この手のゲームは実力差が出やすい。ゲームの楽しさを維持するためのハンデとして、始めの枚数を増やすのはすぐに思いつく。そのほか、真ん中のカードの場所を強い方のプレイヤーから遠ざけても、視線の移動距離が伸びてグッと難しくなる。

どんな方法にするかを相談することで、力の差があってもお互い楽しめる。もちろん、苦手な方のプレイヤーがハンデなしで何回も根気強く挑戦するのもいい。

dobblekids_007

「ドブル・キッズ」はその名の通りこども向け版で、上の写真はオリジナル版の「ドブル」。「キッズ」はカードに動物の絵が6つ描かれているのに対し、「ドブル」はノンジャンルの様々な絵が8つ。当然こっちの方が難しいが、こどもでも歯が立たないほどではないので、どっちもありだと思います。

自分もそうですが、プレイした人に聞くと、みんな「調子よく連続で見つけられたり、急にさっぱり見つけられなくなったりする」と言うのが不思議。マニュアルの他のミニゲームも面白いのに加え、仕掛けを生かしたオリジナルの遊び方をいろいろ考えられそうなのも楽しいゲームです。

(おわり)

「ごきぶりキッチン」─ルールの隙で、もめよう─

gokiburi-kitchen_001

「ごきぶりキッチン」は可動式の迷路の壁を動かして、リアルに移動するゴッキーを自分のところに導くゲです。導きたくないと思っても導くゲームです。ゴッキーの動きはリアルですが、ビジュアルはそうでもないので安心してください。

gokiburi-kitchen_002

中身はこんな感じ。箱全体が迷路になっていて、よく見るとわかりますが迷路の壁はナイフ・フォーク・スプーンの形をしています。

gokiburi-kitchen_003

ゴッキーはアップで写しても心配のないビジュアル。中には小さな電池が入っていて、おなかのスイッチを入れるとウィーンと細かく振動します。

自分の順番ではまずさいころを振り、出た絵と同じカトラリーを回転させます。

gokiburi-kitchen_004

こうしてうまく迷路を変化させ、自分の担当する穴にゴッキーがやってきて落ちたら得点。その動きがトリッキーで、やたらと本格的。

gokiburi-kitchen_005

カカカカ…と音を立ててゴッキーが歩き回る中、みんなでワーワー言いながら迷路をガチャガチャ回すのは、まず問答無用で楽しい

私も含めて多くのプレイヤーがメカ虫周囲のカトラリーを動かしがちなのに対して、上手な子は視野をもっと広げて動かしてくる。自分が有利になるよう、冷静に考えているのだ。一発ギャグみたいなゲームだけど、ちょっとは戦略性もある。

とは言え、このままじゃ他のプレイヤーのゴールに入っちゃう!というときは素早く判断して対応することも必要。まあこっちの要素の方がずっと多いです。

gokiburi-kitchen_006

このゲーム、自分の番に「さいころを振って、カトラリーを回す」という行動があるわけですが、それをどのくらいの時間でこなすのか、というところがルール的にはっきり決まってない。やってみるとわかるが、迷路の状態が自分にとって有利だと、じっと見守ってゴッキーが来るのを待ちたくなる。

写真のように落ちてくれば得点になるわけだが、ゆっくりやってると他のプレイヤーから「ずるい!」と声が挙がる。

じゃあどうするか。「わかった、次からもっと早くする」となるか、「ごめんごめん、今のなしにしよう」か。「じゃあ今度から5秒以内ね」と、具体的に決める場合もあるかもしれない。

gokiburi-kitchen_009

どれに転んでもいいのだろう。ルールではっきりしていないことを、みんなで相談して決めるということが重要なのだと思う。

得点札となる写真のゴッキーチップをもらうのが本当にうれしいことなのかどうかはともかく、基本的にわいわいとにぎやかで、真剣に勝負するならほどよくもめるポイントがあるのも隙があって楽しいゲームです。

(おわり)

「ワニに乗る?」─競争する?協力する?かわいいのに緊張で息が止まる─

wanininoru_001

「ワニの乗る?」は木製の動物コマを崩さないように重ねていくゲーム。棒を抜いていくジェンガと比べて、やることが反対のような感じです。わいわい楽しいですが、自分の番では息が止まります

wanininoru_002

中身は大きなワニのコマが1つと、7種類の動物コマ。ワニ以外のコマを1つずつ配り、それを順番にワニの上に乗せていきます。

wanininoru_003

こんな感じにどんどん積み重なっていく動物たち。自分のコマを全部乗せたら勝ちですが、崩したらコマを引き取らなくてはいけません。よく見て考えて、慎重に手先を使うと自然と息が止まってます。

それから、自分の番ではコマを乗せる前に赤いさいころを振ります。写真で手前に見えているワニの絵が出ると…。

wanininoru_004

一番下のトリやヘビのように、ワニにくっつけて広げて置くことができる。他にもさいころの面によって置けるコマの数が変わるなど、運の要素がほどよく混ざってるのが楽しいところ。

wanininoru_005

例えば、手のマークが出ると置くコマの種類を自分で決められず、他のプレイヤーが相談して決める。場の様子を見て話し合う状況が発生します。

基本的には崩すのを狙って乗せづらいコマを考える戦略性があるわけですが、こども同士でやってるのを見ていると「これだったらうまく乗るんじゃない?」と、乗せやすいのを選んであげる場面を目にすることもある。勝負なのに。

ゲームの勝ち負けという目的合理性を超えて、動物がどんどん高く積み重なる純粋な楽しさが勝ってるのがすごい。ならば説明書のルールとは違うけど、そっちを目的にしてもいい。

wanininoru_006

箱裏の写真でもこんなに積みあがっている。じゃあコマは共有にして交代で乗せて、みんなでこれを超えよう、さらに何個まで乗せられるかやってみよう、とすれば、意見を出し合いながら共通の目的に向かうゲームになる。基本ルールでは他のプレイヤーの失敗を願いたくなるけれど、こちらだと全員がチームだ。

コマを乗せるという部分は同じでも、ルールのあり方で競争にも協力にもできる。どっちでやっても味わいの違う面白さがあるゲームです。

(おわり)

「リング・ディング」─よく見てすばやく正確に…チーン!─

ring-l-ding_001

「リング・ディング」はお題カードの絵と同じように素早く指にヘアゴムを入れるゲーム。箱の絵はゲームそのもので、内容がよくわかる。ただ、わかったところでうまくできるわけではありません。

ring-l-ding_002

中身はたくさんのカラフルなヘアゴムと、指にヘアゴムを入れたお題カードがそれぞれたくさん。お題カードはよく見ると、どちらが親指でどちらが小指か読み取りづらい。これは意図的なようで、ゴムを入れるのは手の左右表裏、どれでもいいわけです。自分のやりやすいやりかたを見つける、ちょっとした試行錯誤が生まれます。

ring-l-ding_004

そしてひとつだけ入っているのがベル。お題カードを1枚めくって、最初に正しくゴムを入れた人がベルを鳴らし、カードをもらえる。5枚集めた人の勝ち、というのが基本ルール。

音のよく響くベルを鳴らすべくプレイヤーはみんな必死にゴムを入れる。やってみるとわかるが、急いでやると結構まちがえる。目で見た情報をしっかり読み取って、正確に行動することが勝利への道。手先を素早く器用に使うことも重要になる。カードを一度見ただけで入れ方を覚えてしまえば、より素早く入れられるだろう。

ring-l-ding_003

ただ、この手のスピード競争系ゲームは、実力の差がはっきり出るのがむごいところ。どんなにがんばっても歯が立たない場合もよくある。こどもがこのゲームでやりたいのはなんと言っても、よしできたぞ!とベルを鳴らすこと。ならばそのチャンスの幅を広げるやり方があってもいいでしょう。

ring-l-ding_005

上の写真の例では、基本ルールのように場に1枚カードをめくって出すのではなく、それぞれに手札として3枚ずつ配っています。スタートで手札を1枚めくり、できたら鳴らす。3枚できたらチンチーンと2回鳴らし、そのセットの勝者となる。

これなら1セットの間にほぼ誰でもベルを鳴らせる。集中してやる中でチーン、チーンと響くベルの音は、自分ができた証であるのと同時に、他のプレイヤーからのプレッシャーでもある。そうしたノイズの中でも集中力を保つ経験にもなるだろう。

次のセットでは手札を配り直し、勝者にはごほうびとしてプラス1枚あげるようにしてもいい。勝った名誉であり、他のプレイヤーに与えるハンデでもある。これならさっき負けた子にも勝機が見える。実力差がはっきり出るタイプのゲームではそれが縮まるようなアレンジを加えると、双方のモチベーションが高まることもあると思います。

(おわり)

« 1 5 6 7
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.