ゲーム紹介

#アクション

「窓ふき職人」─ゲームになるとなぜだか楽しい、超まぎらわしい合同図形探し─

madofukishokunin_001

「窓ふき職人」は、お題カードで示された四角形と同じ四角形を見つけ出すゲーム。つまりは合同な図形探し。やることはそれだけ。小学校で算数の時間にやったやつだ。なのにゲーム化されると意外なほど楽しいから不思議。

madofukishokunin_002

2~6人で遊べて、6人でのセット例はこんな感じ。プレイ人数分のコマの数に違いがあるだけで、その他は何人でも一緒です。

madofukishokunin_003

並べた6枚の「窓の絵ボード」にはそれぞれ大きさの違う窓が5~6つずつ描かれていて、窓の数は全部で35。算数の問題でやったのと違うのは、たくさんある分、大きさの違いがかなり微妙だということ。

madofukishokunin_004

では、ゲームを始めましょう。積まれた白い「窓カード」の山の、一番下にあるカードを引き抜いて場に出します。各プレイヤーはそれをよく見て、同じ大きさだと思う窓に早い者勝ちで自分のコマを置きます。

さて、上の写真。まん中の「窓カード」と合同な窓、わかりますか?

madofukishokunin_005

「そんなのわかるだろ」と、私もやる前は思ってました。でも、意外とわかんない。もちろん当てられるときもありますが、思っていたほど正解率が高くない。

このゲーム、つまりは超まぎらわしい合同図形探し。外れるともちろん悔しいけれど、同時になんだか笑っちゃう。「えーっ!」「そっちかー!」があちこちで連発するのだ。

…そう聞いても、なかなか楽しさが伝わらないように思う。自分もやる前にそう聞いていても、楽しさがピンと来なかったからだ。でも、やってみて衝撃を受けた。

madofukishokunin_006

ゲームでは全員がコマを置いたら、窓カードをめくって答え合わせ。裏にはイラストが入っているので正解がわかる。正解者は窓カードもらって、その数が得点になる。カードがなくなるまでこれを繰り返していきます。

とにかくよく見比べるというのがこのゲームの勝利への道。既出の窓カードを覚えておくとだんだん有利になるから、記憶の要素も少々ある。

madofukishokunin_008

窓にコマを置くのは早い者勝ちだけど、同じ窓にコマは2つまで置ける。正解だったら2人が得点。ということは、自分の目に自信がない場合は「得意そうなあいつにササッと便乗」という戦略もとれるわけだ。

基本ルールでは個人戦だけど、それぞれがコマを持ちつつ、2人組のペア戦にしても面白いかもしれない。コマを置くときに見立てを共有したり、置く場所の集中/分散を相談したりできるからだ。

やることは自体は簡単なのに、意外なことがたくさん起きる。やる前の自分がそうだったように「いくらなんでもシンプル過ぎる」と感じるかと思いますが、物の見え方の正確さ・いい加減さを実感できるのが楽しいゲームです。

(おわり)

「ベルズ」─テクニックの発見が楽しい、磁石での鈴取り合戦─

bellz_001

「ベルズ」は、磁石の棒に自分の色の鈴をくっつけて集めるゲームです。やることは本当にそれだけでかなりシンプルですが、手先にも頭にも使い方の工夫が生まれるのが面白いんです。

bellz_002

クッション素材で作られている半円状パッケージのジッパーを開けると、中には4色の鈴がたくさん。

bellz_003

一緒に入っているオレンジ色の棒は磁石になっています。両端の太さが異なっていて、磁力にも違いがあります。

bellz_004

さて、ゲームは2~4人でできて、何人のときでもセット例はこんな感じ。パッケージはそのまま広げて、鈴を乗せるステージとなります。

bellz_005

ゲームの目的は、自分の色の鈴を10個全て手に入れること。自分の番では棒を持ち、担当する色の鈴をくっつけて集めます。

棒のどちら側を使うかは自分で決められますが、磁力は両側ともに結構強く、鈴はまとまったりつながったりしてくっついてくる。いくつかくっついたところでおしまいにして手で磁石から引き離せば、それらを手に入れることができます。

bellz_006

ただし、自分の色以外の鈴をくっつけてしまってはいけません。いっぺんにたくさん自分の鈴を取りたくなりますが、引き際を見極めるのも重要。説明書では「自分の色以外の鈴が磁石についたら失敗」となっていますが、判定がやや微妙ですので、私がやるときは「自分の色以外の鈴がステージから離れたら失敗」としています。

ただ、失敗してもそのあとに考えどころはある。くっついた鈴をどう戻すかにはルール上決まりがないので、どこにどう戻すかを考えることで、他のプレイヤーの邪魔をしたり、自分を有利にしたりできる、というわけです。

bellz_007

このゲームの面白いところは、鈴を手に入れるほどに残りの鈴が少なくなって取りづらくなるところ。そのため、勝負のゆくえがもつれやすい。

でも、そんな状況を乗り越える方法を見つけられることもある。上の写真、緑の鈴は残り1つ。他の色の鈴に囲まれていて取りづらそうに見えると思います。緑だけ取るのは無理だと思えるかもしれません。

bellz_008

でも、ある方法を使うと実はそんなに難しくない。緑だけ取れちゃう。

どんな風に磁石を使ったらうまく取れるかを考えるのがおもしろどころなので、方法は内緒にします。シンプルながらも、状況に応じて考えた工夫を、手先で実行して試行錯誤するのが楽しいゲームです。

(おわり)

「ハリガリエクストリーム」─条件を満たしたら素早くチーン!─

halligalliex_001

「ハリガリエクストリーム」は、場に出たカードが条件を満たしていたら素早くベルを鳴らし、できるだけカードをたくさん集めるゲームです。モチーフはフルーツや動物でかわいいですが、実際は居合抜きのようでもあります。

halligalliex_002

2~6人で遊べますが、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。カードは均等に配って、裏向きに積んで各プレイヤーの前に置きます。

halligalliex_003

自分の番にすることは、自分の山札の一番上のカードをめくり、奥側に出すこと。上の写真ではこのあと何も起きずに次のプレイヤーの番に移りますが、ゲームが進んでいく中で見えているカードの条件が揃うと、早い者勝ちでベルを鳴らします。

halligalliex_004

ベルを鳴らす条件は4つ。1つ目は、全く同じカードが出現した場合。

halligalliex_005

気が付いたら素早くベルに手を伸ばし、一番に鳴らすことができると…

halligalliex_006

そのとき表向きになっている山のカードを全てもらうことができます。手に入れたカードは裏向きにしてまとめ、自分の山札の下に入れます。

halligalliex_007

ベルを鳴らす条件の2つ目は「サルのカードがあって、場にライムがない」という場合。サルはライムが嫌いだけど他のフルーツは好き、という設定らしい。上の写真では同じカードはありませんが、この条件を満たしているのでベルを鳴らせます。

halligalliex_008

上の写真の場合はサルがいますがライム(手前の緑色のフルーツ)があるので、ベルは鳴らせません。サルのカードのバックはライムと同じ色なので目印になるでしょう。

halligalliex_009

3つ目の条件は「ゾウのカードがあって、場にイチゴがない」という場合。ゾウはイチゴが嫌いなようです。

halligalliex_010

4つ目の条件は「ブタのカードがある」という場合。ブタはなんでも食べちゃうようで、なんとなくイメージしやすい。

というわけで、カードをよく見て4つの条件のいずれかが成立しているかどうかを察知することがまず大事。成立してたら素早く手を動かしてベルを鳴らすのは、やったことないですが居合抜きのような雰囲気です。

ただし、「ブタとゾウとイチゴがある」という場合には、ブタがいてもゾウとイチゴの条件があるのでベルは鳴らせないルール。手という刀を抜く前に、ちゃんと考える必要があります。

halligalliex_011

条件を満たしていないのに鳴らしてしまった場合はお手つき。自分の表向きカードを全てベルの下に入れます。このカードは次のラウンドで正しくベルを鳴らしたプレイヤーが手に入れられますが、ベルの下にカードを入れたプレイヤー自身は2度と回収できないので注意です。

halligalliex_012

上の写真の左手前のプレイヤーのように、自分の番が来た時に裏向きの山札がなくてカードが出せない場合は負け。こうして負け抜けで勝者が決まっていきます。

目で見た情報を素早く処理して、正確に行動することが勝利への道。他のプレイヤーがビクッと動いたのに釣られて、条件成立でないのにベルを鳴らしちゃうとすごく悔しいゲームです。

(おわり)

« 1 6 7 8 12 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.