ゲーム紹介

#アクション

「フォールドイット!」─布を折りたたんで競争する早解きパズル─

「フォールドイット!」は、指定された料理だけが見えるように、できるだけ早く布を折りたたむゲーム。布を使った早解きパズル競争です。

箱の中身のメインは、いろいろな料理がプリントされた布と、その料理を指定するお題カード。4枚ある布のプリントはどれも共通で、スルスルした感触の素材でできています。

このゲームですることを端的に言うと、「お題カードで指定された料理だけが見えるように布をたたむ」ということ。布はマス目に沿って折りたたんでいきます。両面プリントで、表裏とも同じ位置に同じ料理がプリントされています。

さて、ゲームは2~4人でプレイできて、3人プレイ時のセット例はこんな感じ。まん中に積んであるのがお題カード。その隣にある丸チップは、プレイ人数より1つ少ない数だけセットします。

ゲームはラウンド制で、お題カードを1枚めくったらスタート。そこに出ている料理だけが見えるように布を折っていくスピード勝負。絵は意外とまぎらわしいので、どの料理が指定されているのか、まずはよく見ることが大事です。

ここにこれがあるから、こっちをこう折って…と、思考と手先の動きを両立させることもポイントです。正しくできたら、中央に置いてある丸チップを取りましょう。

丸チップは人数より1つ少ないので、取れないプレイヤーが1人出てきます。そのプレイヤーは、配られている3つの星チップのうち1つを箱に戻しましょう。星チップが全てなくなったらゲームから脱落。こうして最後まで残ったプレイヤーが優勝です。

お題カードは、背面の色によってベーシックとアドバンスの難度設定があります。アドバンスは考えているうちに手が止まってしまうこともある手ごたえ。説明書のルールでは全員共通のお題カードで競争しますが、ハンデをつけたいときには個々に難度の違うお題カードを配ってもいいかもしれません。

布を折るという行為がゲーム化されているのが新鮮。子どもにとっては、日常生活にもつながる手先の使い方を楽しく経験する機会になりそう。パパッを手を動かし、素早く正しく解けるのがうれしいゲームです。

(おわり)

「都道府県いちばんかるた」─日本の地理がテーマのかるた─

「都道府県いちばんかるた」は、都道府県がテーマのかるた。特産品や名所、各種データが札にふんだんに取り込まれているのが特徴です。

説明書には5つの遊び方が載っていますが、ここでは最も基本の「かるたとり」と、そのアレンジについて書いてみます。

中身のメインはかるたに使う札。読み札と取り札が47都道府県分あり、読み札には特産品や名所が五七五のリズムで書かれています。基本的には、冒頭のひらがなに対応する取り札を探して早い者勝ちで取る、という一般的なかるたのルールです。

実にシンプルなゲームであるかるた。まず大事なことは、どこにどの札があるかよく見ること。また、札の場所を覚えておくと取りやすくなるはず。そして読み札をよく聞いて、聞いた情報をもとに探すという行動につなげる必要があります。

かるたはシンプルなゲームですが、実際にやってみると小学校高学年くらいの子も意外と真剣に楽しむ印象があります。見る・覚える・聞く・探すという具体的な行動を連携させ、自分の持っている力をわかりやすく発揮する楽しさがありそうです。

これが説明書の「かるたとり」で、ごく普通のルール。でも、このかるたの札には工夫があるので、遊び方をアレンジするのもよさそうです。

取り札の裏面には、大きく漢字表記された都道府県名が。普通は読み札冒頭のひらがなを探しますが、こちらの面を上にして取り札にすると、読み札を最後まで聞き、都道府県名を探すことになります。また、「くまもとけん」と聞いて「熊本県」を探すので、聞いた音声を漢字で認識できると素早く探すことにもつながります。(ふりがなつきですので、漢字が読めなくても探せるのもいいところ)

読み札の五七五の「五七」の部分は、百人一首かるたの「上の句」とも言えます。わかってくると「阿蘇山と言えば熊本だから…」と、早めに探すことができるので、都道府県ごとの特徴を自然と覚える動機づけにもなりそうです。

昔からある都道府県パズルを使って、ピースを取り札代わりにしても遊べそう。この場合、形を認識することがポイントになってくるので、普通のかるたとはまた違った感覚で楽しめそう。

かるたなので、普通は札読み役が必要になるところ。でも、このかるたはネットに自動読み上げ機能が公開されているので、全員がプレイヤーとして参加することもできて気が利いてます。

身近な地理がテーマのオーソドックスなかるた。シンプルゆえに、工夫次第で難度調整や面白さのアレンジをできるのが楽しいゲームです。

(おわり)

「ゴーゴージェラート」─カップでアイスを移して作る、スピードアクションパズル─

「ゴーゴージェラート」は、お客さんの注文通りにアイスを作るゲーム。カップでアイスの玉を移動させ、頭も使いながらすばやく手先を動かします。

2~4人で遊べて、3人プレイ時のセット例はこんな感じ。各プレイヤーは3色のアイス玉と、4色のカップを写真のようにセットします。まん中に置いてあるのは注文カードです。

注文カードを1枚めくってゲーム開始。アイス玉とカップを注文のように組み合わせ、並び方も同じように作るのが目的です。

他のプレイヤーよりも早く完成させましょう。でも、アイス玉を手で触ったら売り物にならなくなってしまいます。触ってよいのはカップだけです。

えーと、まずは、緑のアイス玉を青のカップに移して……。

というわけで、アイス玉をどんどん入れ替えて注文カード同じようになるように作っていきます。カードを良く見て、すばやく手先を動かすのがポイントです。できあがったら「ゴーゴージェラート!」とコールして、正しくできていたらそのカードをゲット。新しいカードをめくって、次のラウンドの開始です。

注文カードには、カップが2重になっていたり、逆さだったりするものもある。あまり考えないで作っていくと、「あれ、こっちはできたけど、こっちができてないからだめじゃん!」と行き詰まることがあります。そういう場合は巻き戻ってやり直し。効率的に作っていける手順を考えられると、完成までの時間も短くなるでしょう。

中にはこんなに高さがあるものも。すばやさだけでなく、慎重な手先の使い方も大切です。

慌てて作ると、アイス玉を落としたり、できていたアイスを倒したりしてしまうことがあります。それでもゲームは続けられますが、アイスを手で触るのは禁止。カップで挟んで拾いましょう。こうなると時間のロスになりがちなので、目の前の空間の状況を把握しながら手を動かすのも大切です。

こうしてゲームを続けていき、最初に5枚のカードをゲットしたプレイヤーが優勝です。

アイス玉表面はほどよくざらつきがあり、重さもちょうどいい感じ。カップもとてもしっかりしていて、アイス作りをするためのモノとしての質感がすでに気持ちいい。子どもにとって、作ってるだけで十分楽しい感覚がありそうです。

スピードアクションのゲームは、実力差が出やすいのが特徴。このゲームは個別にモノが揃っているので、各自の練習時間も取りやすい。年齢や実力の差を緩和するルールアレンジもしやすく、わいわい楽しめるゲームです。

(おわり)

1 2 3 13 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.