ゲーム紹介

#アクション

「クラッシュアイスゲーム」─失敗してガシャーン!が癖になる気持ちよさ─

「クラッシュアイスゲーム」は、ペンギンを落とさないようにブロックをハンマーで叩いて落っことすゲーム。ジェンガやスティッキーのような「崩しちゃダメ」系ですが、なぜか笑える気持ちよさがあります。

セット例はこんな感じ。箱には2~4人と書いてありますが、やろうと思えば何人でも遊べます。

自分の番にまずすることは、ルーレットを指で弾いて回すこと。矢印の止まったところを確認しましょう。

それぞれの絵に従って、ブロックを落としていきます。……なのですが、個人的にはゲームのリズム感を優先させて、ルーレットなしでどんどん交代していく方が好みです。もちろん、ルーレットありにした方が、ゲーム性は上がるかもしれません。

どっちにしても次にすることは、ハンマーでブロックを叩いて落とすこと。慎重に叩くもよし、あえて思い切っていくのもよし。自分の感覚だと、少々強めに叩いてスコーンと打ち抜くのが気持ちよく感じます。

ブロックだけが落ちればセーフですが、ペンギンまで落ちてしまうと負け。どのブロックを叩けば大丈夫なのか、よく観察することがポイント。力の調整も必要です。

ゲームが進んで、だんだんブロックが減ってくると考えどころ。こことここが支え合ってるから、ここなら叩いてオッケーだな…と、よく見ると気づくことがあるはずです。

そう思って叩いても、ダメになっちゃうときもあります。こうなると即刻負け。勝者を決めるのではなく、1人の負けを決めるゲームであるわけです。

そう言うとシビアであるはずなのに、このゲームの不思議な魅力は負けたときの感覚にある。ジェンガなら「あーあ、やっちゃった……」とショックですが、このゲームだと「あっはっは、やっちゃった!」と、なぜか笑える感じがするのだ。

それは、ガッシャーン!と、ほんとに氷を砕いたような感触が気持ちいいからかもしれない。崩したときの音にも魅力があるので、しっかり固い平面の上でやるのがオススメ。

もう1回!となりやすいこのゲーム。準備にはブロックを全てはめこむ必要があるので、ちまちました手作業がしばらく必要。手間ではあるけれども、この作業もなんとなく味わいがある。ギュギュッとブロックを詰めていく感触は、小さな子供が手先を使う経験としてもちょうどよさそう。「準備をした先に楽しみが待っている」という経験にもなる。

ゲーム中には、ブロックが奇跡的な崩れ方をすることもあって、歓声や笑い声があがることもしばしば。ゲーム全体としてはざっくりした作りだけど、そのゆるさが生む偶発的な面白さがとっても楽しい。

観察のしがいや考えどころがあって、力の入れ方にも工夫が必要。そして、直感的な気持ちよさや、みんなでワッと笑える楽しさも魅力。負けてもうれしいような気持ちになるのが不思議なゲームです。

(おわり)

「レグロス」─棒とディスクで描く、お絵かき当てっこ─

「レグロス」は、部品を並べてお題を描き、それが何かを当て合うゲーム。描き役も解答役も頭をひねり、うまく通じ合えると面白いんです。

3~6人で遊べて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。大きなボードに載っている16枚の絵が、描くべきお題です。

お題を描くために使う部品は、これらのディスクと棒。描くと言っても、ペンや筆ではないわけです。

さて、ゲームは「芸術家」役をラウンドごとに順番で回していきます。砂時計をひっくり返したらラウンドのスタート。芸術家がすることは、めくった数字タイルに対応するお題を部品を使って描くこと。上の写真のサクランボ、かなり上手にできたと思います。

芸術家以外のプレイヤーは解答者。解答者はそれが何かを早い者勝ちで答えます。絵が完成してなくても解答できますが、間違えるとその問題の解答権はなくなるので、判断のスピードと確実性のバランスが大切です。

正解が出たら、芸術家は次の数字タイルを引いて再び描く…を砂時計が落ちきるまで繰り返します。上の写真、これだとちょっとわからないかと思います。

ただ、お題ボードをよく見ればわかるのではないでしょうか。答えはハイヒール。うまく表せない…と思っても、意外と解答者に通じるのがこのゲームの楽しい瞬間の1つ。

芸術家は、形の限られた部品を組み合わせて、柔軟に表現することがポイント。上の写真はなんでしょう。芸術家はヒントを言ったり、ジェスチャーしたりはできません。

答えはチョウチョ。うまく表現できていますが、使った部品は5つ。数が少ないディスクを4つも使っています。

というのは、芸術家がお題を描く際、一度使った部品はもう使えないからです。だんだん表現の幅が狭まっていく中、どうにかしてやりくりするのもポイント。難しいと思ったお題はパスして次の数字タイルを引けるので、そこも考えどころです。

この問題、ディスク1枚だけでも青リンゴって通じるんじゃないでしょうか。解答者は作品とお題ボードをよく見て、想像力を働かせながら考えるのがポイントです。

砂時計が落ちきったらラウンド終了。解答者は正解の目印としてボードに置いた自分の色のキューブの数が得点。芸術家はうまく伝わったということで、ボード上のキューブ全体の数が得点となります。

次のラウンドはお題を全て変えて、芸術家を交代します。お題タイルは92枚、両面印刷なので184種類のお題があるのでやりごたえ十分です。プレイヤーが1回ずつ芸術家を担当したらゲーム終了。その時点の得点で順位を決めます。

芸術家は大量得点のチャンス。限られた部品と時間の中で、柔軟に表現するのが勝利への道。また、解答者は何が表現されているか意図を読み取り、想像力を働かせて考えるのが大事。

箱に描かれたカタツムリの完成度もなかなかのもの。「なんでわかってくれないの…」というもどかしさや、「よくこれでわかったな!」と通じ合う嬉しさが楽しいゲームです。

(おわり)

「おばけの城」─アイテムのありかを伝えてゲットする、ボードゲーム版スイカ割り─

「おばけの城」は、アイテムのありかを声で伝えて手に入れる、全員協力型のゲーム。ボードゲーム版スイカ割りといった感じでもあります。

2~4人で遊べて、セット例はこんな感じ。箱を囲むようにして、自分の「辺」を決めて座ります。

ゲームの目的は、プレイヤーが交代で磁石の仕込まれた杖を持ち、箱の中をスライドさせて指定のアイテムを時間内に手に入れること。自分の辺からスタートして、ツツツーッと杖を滑らせていき…

「クエストカード」で指定されたアイテムをカチッとくっつけて、再び自分の辺まで戻せばオッケー。クエストカードに描かれた2つのアイテムを手に入れたら、次のプレイヤーに杖を渡して役割交代です。

…ただ、これだと簡単でゲームにならないですよね。実は、杖を持つ役のときにはこの道具を使う必要があります。

それは、このおばけマスク。これを顔の上半分に着けなくてはいけません。

つけるとこうなる。なんだろう、このたたずまい。なんかウケる。

こどもおばけが大人おばけの仲間入りをする試験としてアイテムを集める、というテーマのこのゲーム。楽しげでかわいいはずですが、撮影を頼んだ妻は「なんかむかつく」と3回くらい言いながら撮っていました。

着けたビジュアルはともかく、マスクに穴はないのでなんにも見えない状態で杖を動かします。他のプレイヤーは、うまくたどりつけるように指示を出さなくてはいけません。「右!右!」「こっちに進んで!」と伝えるのは、スイカ割りに似ています。

ただ、「右!」というのは誰にとっての右でしょう。「こっちに進んで!」の「こっち」はどっちでしょう。というわけで、目隠ししている相手の立場に立って、伝わるように工夫するのがポイント。時間制限があるので、正確さだけでなく、素早さも大事です。

また、お城の中にはアイテムに以外におばけも潜んでいます。こいつをくっつけてしまったら、どこかの辺に連れていってお祓いしなくてはいけません。お祓いできる数には制限があるので、あまりにも間違えると時間制限を待たずにゲームオーバーです。

ゲームの難易度は、時間や使うものの数によって調整します。基本ゲームでは、18分以内に6枚のクエストカードをクリアする必要があって、お祓いは10回まで。

「右…じゃない、左!」「奥!違う、逆!いやいや行き過ぎ!」と、スイカ割りの思い出がよみがえるこのゲーム。聞き取ったことを正確に実行するのも大切です。

お互いに慣れてくると、音声で指示が出せるUFOキャッチャーのような感じにもなってくる。ときどき混乱しつつ、正しく伝える、正しく聞き取るやりとりをワイワイやるのがゲームです。

(おわり)

「ミノとタウリ」─相棒とワイワイ協力して、アイテム探す迷路探検─

「ミノとタウリ」は、ボードの向こうのプレイヤーと協力して、迷路に散らばるアイテムを素早く手に入れるゲーム。相手と忙しくワイワイやりとりするのが盛り上がります。

2~4人でプレイできて、おおまかなセット例はこんな感じ。立ててセットされたボードの左上には、赤と青のコマが。それぞれ磁石が仕込まれているので、ボードを挟んでくっつき合っています。

何人でプレイする場合もすることのベースは同じですが、2人プレイ時の進め方を説明しましょう。ボードを挟んで2人が座り、お互いに協力して進めていきます。

ゲームの目的は、迷路に散らばるアイテムのところまでコマを移動させ、約3分の砂時計が落ちきるまでの間にできるだけたくさん手に入れること。手に入れるアイテムは、山札のアイテムカードをめくって指定されます。上の写真では、「ワームホール発見器」なるものが出てきました。

目指すアイテムは、赤コマのすぐ下にあります。というわけで、赤コマ側のプレイヤーがコマを持って移動させましょう。ただし、アイテムの手前に壁があるので、このまま進むことはできません。

「すぐ下がアイテムなんだけど、壁あるんだよね。そっちはどう?」と、相棒に聞いてみましょう。

さて、その状態を反対側から見たところ。磁石でくっついた青コマも一緒に動いています。両側の迷路は違っていて、こちらのボードには壁がない。これなら青コマ側のプレイヤーがコマを持ち、下に移動できます。こうしてめでたく赤コマがアイテムをゲット。手に入れたアイテムは共有の得点となります。

時計の砂はどんどん落ちていくので、先を急ぎましょう。再びアイテムカードをめくって、次のアイテムが指定されます。

まずはお互いの状況を伝え合うのがポイント。左右は相手と入れ替わるので、言葉だと伝わりづらいかも。指で示すなど、コミュニケーションの仕方を工夫するとうまくいきやすい。

やってみるとわかりますが、3分の間とにかく話しっぱなし。そのうちお互いの見えない壁を覚え合って、やりとりがうまくいきやすくなるのも気持ちがいい。「あっちはここに壁がなかったはず!」と、記憶しておくのもポイントです。アイテムは全部で12個ですが、3分間で全て手に入れるのはなかなか難しいです。

迷路ボードはA~Dの4枚あり、その順に難度が上がっていきます。ここまでの例で使っていたのはBで、写真左のはA、右のがD。どのボードを使うかは一緒に遊ぶみんなで決めて、難易度調整ができます。

3~4人プレイ時は、自分の色を決めて全員で協力したり、パートナーを変えてペアごとの得点を競ったりする遊び方もできます。ベース部分は紹介した通りで、人がてきぱきあたふたやってるのを見てるのも面白いです。

互いの状況を、的確かつ素早く伝えるコミュニケーションを積極的に取り合うのがポイント。進めるうちに、相手と息があってススーッとアイテムまでたどり着ける瞬間があるのも気持ちいいゲームです。

(おわり)

「そっとおやすみ」─かわいいデザインでも一瞬も気を抜けない駆け引き─

「そっとおやすみ」は、同じ絵柄のカードを集めるゲーム。シンプルなルールですが、他のプレイヤーの動向に素早く反応しなくてはいけないので、気を抜く隙が全くありません。

3~7人でプレイできて、5人プレイ時のセット例はこんな感じ。手札は5枚ずつ配られます。

ゲームの目的は、「ある条件」が起きたときに手札を伏せること。伏せるのがビリになってしまうと、マイナス点になるので気をつけましょう。

「ある条件」は2つあって、その1つは「同じ絵柄の手札を4枚集める」というもの。上の写真では右の2枚が同じ絵柄なので、これを集めていくことにしましょう。

ちなみに5人プレイ時のカード構成はこんな感じ。同じ絵柄のカードは4枚ずつで、5種類。上段の5枚はジョーカー扱いで、どの絵柄のカードとしても使えます。

自分の番にすることは、手札の1枚を次のプレイヤーに裏向きで渡すこと。これを順番に続けていき、カードが回っていきます。

しばらく続けるうちに、手札がこんな状態になりました。条件成立ですので、手札を伏せることができます。ただし、伏せるタイミングはいつでもオッケー。すぐでもいいし、わざとしばらくしてからでも可能。

ここでは、他のプレイヤーがカードを受け渡していて、手札から気をそらしていそうな瞬間を狙って伏せてみることにしました。そっと手札を伏せて置いたら、そのラウンドは勝利です。

そして、手札を伏せることができるもう1つの条件は、「他の誰かが手札を伏せた」というもの。つまり、誰かが伏せたらその瞬間から自分の手札の状況に関係なく、伏せることができるわけです。

他の全員が伏せているのに気づけなかったり、伏せるのが最後になってしまったときは、そのラウンドは負け。マイナス点となる「おねむちゃんカード」を1枚受け取ります。このカードの枚数である13回これを繰り返して、一番多いプレイヤーが負け、というわけ。

かわいいデザインなのに、ルールは一瞬も気を抜けないもの。自分の手札を気にしつつ、他のプレイヤーの動きにも素早く反応する必要があります。視野を広く持つこともポイント。

わざとゲームに関係ない雑談を始めて、他のプレイヤーに隙を生むのもテクニックだったりします。負けると悔しくもあるのですが、「えっ、あれ!?」と、自分の間抜けさに笑えるのも不思議と楽しいゲームです。

(おわり)

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.