ゲーム紹介

#アクション

「そっとおやすみ」─かわいいデザインでも一瞬も気を抜けない駆け引き─

「そっとおやすみ」は、同じ絵柄のカードを集めるゲーム。シンプルなルールですが、他のプレイヤーの動向に素早く反応しなくてはいけないので、気を抜く隙が全くありません。

3~7人でプレイできて、5人プレイ時のセット例はこんな感じ。手札は5枚ずつ配られます。

ゲームの目的は、「ある条件」が起きたときに手札を伏せること。伏せるのがビリになってしまうと、マイナス点になるので気をつけましょう。

「ある条件」は2つあって、その1つは「同じ絵柄の手札を4枚集める」というもの。上の写真では右の2枚が同じ絵柄なので、これを集めていくことにしましょう。

ちなみに5人プレイ時のカード構成はこんな感じ。同じ絵柄のカードは4枚ずつで、5種類。上段の5枚はジョーカー扱いで、どの絵柄のカードとしても使えます。

自分の番にすることは、手札の1枚を次のプレイヤーに裏向きで渡すこと。これを順番に続けていき、カードが回っていきます。

しばらく続けるうちに、手札がこんな状態になりました。条件成立ですので、手札を伏せることができます。ただし、伏せるタイミングはいつでもオッケー。すぐでもいいし、わざとしばらくしてからでも可能。

ここでは、他のプレイヤーがカードを受け渡していて、手札から気をそらしていそうな瞬間を狙って伏せてみることにしました。そっと手札を伏せて置いたら、そのラウンドは勝利です。

そして、手札を伏せることができるもう1つの条件は、「他の誰かが手札を伏せた」というもの。つまり、誰かが伏せたらその瞬間から自分の手札の状況に関係なく、伏せることができるわけです。

他の全員が伏せているのに気づけなかったり、伏せるのが最後になってしまったときは、そのラウンドは負け。マイナス点となる「おねむちゃんカード」を1枚受け取ります。このカードの枚数である13回これを繰り返して、一番多いプレイヤーが負け、というわけ。

かわいいデザインなのに、ルールは一瞬も気を抜けないもの。自分の手札を気にしつつ、他のプレイヤーの動きにも素早く反応する必要があります。視野を広く持つこともポイント。

わざとゲームに関係ない雑談を始めて、他のプレイヤーに隙を生むのもテクニックだったりします。負けると悔しくもあるのですが、「えっ、あれ!?」と、自分の間抜けさに笑えるのも不思議と楽しいゲームです。

(おわり)

「クレイジーココナッツ」─カップを狙ってココナッツを弾き飛ばそう!─

「クレイジーココナッツ」は、ココナッツを弾いてカップに入れて、カップのピラミッドを完成させるゲーム。慎重に狙ったり、カップを奪い合ったりするのがおもしろどころです。

2~4人でプレイできて、4人でのセット例はこんな感じ。各プレイヤーに向き合う形で配られているのは、ちょっと大きめのサルの人形。丸くて茶色いのがゴム製のココナッツ。36個あるのを共用で使います。

自分の番ですることは、サルの手にココナッツを乗せること。サルの腕はバネ仕掛けになっていて、下にグッと押してから離すと、ビヨーンと元に戻ります。

では、ほどよく力を込めて押し込み、適当なところで離してみましょう。

スポーンとココナッツが飛んでいきます。どこにも入らなかったら何も起きずに自分の番はおしまい。上のようにカップに入ったら、それを手に入れることができます。

サルの位置と方向と押す力を調節し、指先をうまく使うのがポイント。バネの力はそこそこ強いので、一番下まで押し込むとかなり飛んでいく。繊細に調整することで、狙ったカップに入りやすくなるでしょう。

ココナッツが入ったカップは、自分の3つの切り株のうち、いずれかの上に置きましょう。こうしてカップを手に入れて、次のプレイヤーに交代です。

カップは黄色だけではなく、赤いものも。赤いカップにココナッツが入ると、カップを手に入れられるのに加えて、もう1回ココナッツを弾くことができるのでチャンスです。

こうしてカップを手に入れていき、3・2・1とピラミッドのように重ねられた優勝、というわけ。

開始時に中央に並んでいたカップは、ゲームが進むに連れて各プレイヤーのところに移動していきます。ココナッツを入れるべく狙うカップは、中央のものでなくても構いません。他の誰かのカップに入れれば、それを手に入れられます。

というわけで、容赦のないカップの奪い合いも発生。特に子どもにとって、直接攻撃されて奪われるのは悔しいでしょうが、それはルール内の攻防。取ったり取られたり、気持ちの起伏を乗り越えて勝利を目指しましょう。

みんながうまくなってくると、誰もピラミッドを作れない状況も生まれます。このゲームのもう1つの終了条件は、全てのココナッツがカップの中に入ったとき。この場合、自分のカップに入っているココナッツの合計数で勝敗を決めます。展開によっては、移動すればするほどココナッツが溜まっていくカップの奪い合いもあるわけです。

やることはシンプルなゲームですが、ままならなさは結構なもの。狙いを定めて力を調節し、スカッと入ったときが気持ちいいゲームです。

(おわり)

「プリンセス・ミーナのキラキラ首飾り」─実際にネックレスを作れちゃう、宝石絵あわせ─

「プリンセス・ミーナのキラキラ首飾り」は、宝石タイルの絵あわせゲーム。基本的にはトランプの神経衰弱と似ていますが、取った宝石で実際に首にかけられるネックレスを作れるのが特徴です。

2~4人で遊べて、何人でもセットの仕方はこんな感じ。自分の番ではこの中から2つめくって、同じ宝石だと手に入れることができます。

ここでは、ちょっと試しに全部ひっくり返してみましょう。

表側はこんな風に色とりどりの宝石になっています。ビジュアル的に引きが強いのはいいですが、トランプが1・2・3…というはっきり違う数字であるのに対して、宝石の色の違いは結構微妙。

「薄い黄色」「濃い青」と言葉に変換するのか、あるいは見たままの色のイメージで覚えるのか。トランプのときとはちょっと違った記憶の仕方をする必要があるかもしれません。

さて、これらを整理して並べてみると…。

こんな風になっています。タイルはいっぱいありますが、同じ形のタイルは8枚ずつ。ペアは必ず同じ形なので、形を目印にすれば見つけやすくなるわけです。説明書では4歳からとなっているこのゲーム、形がヒントになるのはちょうどよいかもしれません。

ゲーム中めくっていくうちに、たまに出てくるのが黒い石ころ。4種の形に1枚ずつ混ざっているこのタイルはハズレ。他の宝石と違い、「めくらないように覚えておく」という覚え方の違いが出てくるのが面白い要素です。

見事同じ宝石をめくったら、手に入れることができます。ただし、普通にもらうだけではないのがこのゲームの特徴。

各プレイヤーに配られているのは、こんなペンダント。ここにゲットした宝石を入れて、豪華にしていくわけです。

2つの穴にヒモを通していくのは、小さな子が手先を使う経験としてちょうどよさそう。そして、熱心に宝石を通しているうち、伏せられている宝石の場所を忘れがち。ここが普通の神経衰弱にはない要素で面白い。手先の作業をしつつも、これまで見た記憶を保っておくのがポイントです。

また、通している間に他のプレイヤーがめくる宝石も見ておかなければ当然不利になってしまいます。手先の作業と宝石の確認と、視線を切り替えるのも大事です。

場から宝石がなくなったら、手に入れた宝石の数を比べて順位をつけます。ヒモを結んで首にかけて遊びましょう。数が少なくても、お気に入りの宝石を手に入れられたのなら、数の順位とは違う嬉しさがあるかもしれません。

神経衰弱と同じと思いきや、色の記憶・手先の使い方・注意の切り替えと、いろんな要素が混ざっています。そしてなんと言っても、できあがったネックレスのキラキラ感が嬉しいゲームです。

(おわり)

「騎士たちの塔」─みんなで輪ゴムを引っ張って、急いで塔を建てよう!─

kishitachinotou_001

「騎士たちの塔」は、プレイヤー全員が輪ゴムを引っ張って、制限時間内に設計図通りに積み木の塔を建てる、全員協力型のゲームです。これがゲームの概要ですが、何言ってんだかわかりづらいですよね。

kishitachinotou_002

2~4人でプレイできて、何人のときでもセット例はこんな感じ。箱の周りには塔の材料となる積み木が並んでいます。

kishitachinotou_003

このゲームのプレイヤーは、お城で王様に仕える騎士たち。ある日、王様が「わしが帰ってくるまでに、塔を建てておくようにな!」と命じて出かけていきました。というわけで、このゲームの目的は砂時計が落ちきる前に、「設計図カード」と同じように積み木を積んで塔を作ること。手で積むならこんなの簡単なのですが…

kishitachinotou_004

このゲームではこの謎の道具を使うことになっています。写真上部に見える輪っかはゴムでできていて、それ以外は普通のヒモです。

さて、ゲームを始めたらまずは「設計図カード」を山札から1枚めくって、どんな塔を建てるのかをみんなで確認。そして砂時計をひっくり返し、いよいよ塔の建設開始。

kishitachinotou_005

塔を建てるには、プレイヤー全員が分担して球を持って引っ張ります。こうすることで輪ゴムが大きくなるので、まずは輪の中に積み木を入れましょう。しっかり入れて力を抜くと、ゴムがギュッと締まってそのまま持ち上げられるようになる、というわけです。

kishitachinotou_006

輪と積み木をよく見て、力や角度を調節しながら引っ張ることがポイント。これが結構難しい。他のプレイヤーの引っ張り加減も踏まえて調節しないとうまくいかないので、声をかけあって協力するのも重要です。

やってみるとわかりますが、積み木をつかむときより、下ろすときの方が難しい。2段目以降は下の積み木と位置を合わせなければならないので、より慎重に息を合わせる必要があります。

kishitachinotou_007

「設計図カード」にはいろいろな積み方が載っていますが、最上段は必ず「王子」「王女」「おばけ」のいずれかの積み木。形が複雑で底面積が狭いので、他のものより積むのが難しい。特におばけは難度が高いです。

kishitachinotou_008

王様から作るように命じられた塔の数は3つ。砂時計が落ちきる前に、1つの塔を建てられないと失敗です。失敗すると王様コマが1マス、城に近づいてきます。4回失敗すると王様が城に戻ってきてしまって全員の負け。

kishitachinotou_009

塔を建てるのは、高さが違う3つの場所。高さによって難しさがちょっと変わるので、どの塔をどこに建てるかも相談のしどころ。

kishitachinotou_010

成功したところにはその証として、「設計図カード」を置いておきましょう。建てるのに成功や失敗しつつ、王様が城に戻るまでに3つの塔を建てたらミッション成功で全員の勝ちです。

kishitachinotou_011

全員協力型のゲームはいろいろあるものの、「全員で息を合わせながら、力や向きを調節して手先を使う」という要素は他にはない特徴。砂時計は45秒で時間制限も結構シビアなので、うまくいったときの達成感を共有するのもしっかりうれしいゲームです。

(おわり)

「ラ・ボカ」─協力して2人同時にお題を完成させるブロックパズル─

laboca_001

「ラ・ボカ」は、ペアの相手と協力しながら、お題カード通りに素早くブロックを積むゲーム。お互いの都合を伝え合ってうまくやらないと、お題をクリアできないんです。

laboca_002

3~6人でプレイできて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。各プレイヤーに配られた大きい方のタイルは、自分の色を表しています。裏向きになっている小さいタイルは他のプレイヤーの色が1枚ずつ配られたもので、シャッフルして裏向きに置いておきます。

laboca_003

自分の番では、まず小さいタイルを1枚めくります。ここでは向かいに座っているプレイヤーである緑が出ました。このラウンドでのペアの相手は緑のプレイヤーです。

laboca_004

さあ、パズル開始。タイマーをスタートさせたら急いでするべきことは、ボードに1枚立てた「お題カード」と同じように積み木を積むこと。ボード中央の4×4のマスの中に並べます。真横から見た時に同じになっていればいいので、奥行きにズレがあってもオッケー。

laboca_005

「お題カード」には上下に2種類の問題が載っています。いずれかを上にしてボードに立て、それを揃えるのがミッション。ただしこのカード、両面に別々のお題が載っています。つまり、対面にいるペアの相手は自分のお題とは別の積み方をしないといけないわけです。

laboca_006

さて、カチャカチャ積みはじめて、お題を完成させた様子はこんな感じ。カードをよく見て、パズルを解くように考える必要があります。

では、このままぐるっと反対に回っていき、ペアの相手側の視点になってみます。

laboca_007

こうなっていればオッケー。自分のことだけではなく、相手の視点も意識するのが重要です。2人とも完成させたら、タイマーを止めます。

当然ながら、完成させるには言葉のやりとりが必要。「ここ、水色いるんだけど!」「じゃあ縦向きに置いたらどう?」と、必要な条件を伝え合って、同時に満たす並べ方を見つけるのがおもしろどころ。もどかしくもありますが、うまく伝わったときに「よしっ!」となるのが嬉しい。

laboca_008

斜め上から見るとこんな感じ。10個の積み木は全て使い切るというルールがあるので、お題の両側ともに見えていない茶色は、どこかしらに埋め込む必要があるわけです。こうしたところでも、コミュニケーションと立体パズルの同時進行がポイントになってきます。

laboca_009

完成した時点で止めたタイマーの経過時間によって、2人とも得点をゲット。短いほど高得点で、2分を超えると0点になってしまいます。手も口も素早く動かすのが高得点への道でしょう。

順番に回していき、全員の小さなタイルが表向きになったらゲーム終了。全員が全員と2回ずつペアになっているはずです。各自得点を合計して、順位を競います。15秒以内だと10点もらえるけど、そんなのできるんだろうか?

laboca_010

先ほどの「お題カード」はバックが淡い色で、まだ簡単な方。濃い方のカードを使う場合は、赤の積み木を加えてパズルの難度がアップ。11個の積み木を使い切って、両面のお題を完成させなくてはいけません。

laboca_011

「相手の条件を満たしながら、自分のするべきことを達成する」って、生きてく上で誰かと何かをするときに、ほとんどついてまわるもの。そんな人生の重要な要素に、ここまであからさまに直結してるゲームってあまりない。

自分のことばかりでなく、「相手の都合も考える」ということがシステムに組み込まれている。こういうことを明確に経験するって、特に他者意識がまだ育ってないこどもにとっては新鮮なんじゃないだろうか。うまくいかなくてタイムオーバーになっちゃうときもありつつ、素早く積んで完成できたときの爽快感が気持ちいいゲームです。

(おわり)

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.