ゲーム紹介

*個人戦

「ドラゴン・ディエゴ」─演技と観察のせめぎあいがあるビー玉はじき─

dragon-diego_001

「ドラゴン・ディエゴ」は、火の玉を模したビー玉を弾いて狙った的に入れるゲーム。ただ、自分の番以外でも得点のチャンスがあるのが特徴です。

dragon-diego_002

中身をセットするとこんな感じ。プレイヤーは順番に口から火を噴くドラゴンになって、火の玉を模した赤いビー玉を弾きます。

dragon-diego_003

自分の番で狙うのは、他のプレイヤーに見せないようにめくったタイルに描かれた宝物。上の写真の場合、弾いた火の玉が王冠のところに入れば得点になります。

dragon-diego_004

この場合は2つ入ったので2点。指先を慎重に使って狙うのが高得点への道。火の玉は3発ありますが、発射場所が少しずつ違うので全て命中させるのは大人でもなかなか難しい。

そして、火を噴いたプレイヤーが狙っていた的を明かす前に、他のプレイヤーにはすることがある。

dragon-diego_005

それは、火を噴いたプレイヤーがどの宝物を狙っていたか推理し、そのカードを出して発表すること。見事的中すると1点もらえるので、目線や指先の動きをよく観察しておく必要がある。他のプレイヤーの順番のときも、単なる待ち時間でないのがいい。

そういうシステムなので、ビー玉を弾くときの動作にも考えどころが出てくる。じっくり的を見て狙いたいところだけれど、ジロジロそればかり見てるとバレバレで、他のプレイヤーの得点につながってしまう。あえて目標から視線を外すことや、感情表現の演技が有効かもしれない。

もちろん見ているプレイヤーは、その行動が本当かどうかを察して判断してもいい。

演技とそれを抜見くこと、大人なら実生活の中で双方の必要がある場面、それぞれいくつか思い当たるだろう。

dragon-diego_006

箱のフチに乗ってるドラゴンのコマは、得点すると進めて順位がわかるようになっている。ゲームの内容に合わせ、各ドラコンが観客になっている演出がかわいい。

「行動の慎重さと正確さ×狙いを隠すための演技×それを見抜く観察力」ってなんだこれ、要素を書き出してみると大人向けにも思えてくるぞ。もちろん、対象年齢となっている5歳くらいの子から楽しめるゲームです。

(おわり)

「ペンギンパーティ」─もう1回!度が高い、勝ち方の試行錯誤─

penguinparty_001

「ペンギンパーティ」は、できるだけたくさんのペンギンカードをピラミッド状に並べていくゲームです。ルールはとっても簡単ですが、勝つ方法を探るのが難しい。

penguinparty_002

中身は5色のペンギンカード。緑だけ8枚で、他はそれぞれ7枚ずつ。

penguinparty_007

同じ色のカードにはちょっとずつ違いがあって、それを探すのも楽しい。ただ、イラストに少々の違いがあってもそれは機能や価値に関係なく、どれも「青のカード」というだけ。つまり中身は5色のカードだけというわけで、とてもシンプル。

penguinparty_003

自分の番では手札から1枚、ピラミッド状に並べていきます。並べ方のルールは「最下段は8枚まで」「2段目以上に並べるとき、下の2枚どちらかと同じ色しか出せない」というもの。

penguinparty_004

下の段が上限枚数に達していなくても、上の段に出していくことはできます。こうして順番に出していき、全員が出せなくなるまで続けていく。出せずに手札に残ったカードは枚数分だけマイナス点となります。

並べていくうちに、ある色が出せなくなる場面も出てきます。上の写真は、黄色が出せなくなった状態。

手札に黄色があるプレイヤーはショック、黄色がないプレイヤーはしめしめ、という状況。こうして、自分にはもうない色をふさいでいく、というのが基本的な戦略なのだろうと思う。

penguinparty_005

ただ、個人的な感想だが、どうもそういう意地悪とも言える考えだとあんまりうまくいかない。結果的に自分の勝利に結びつかないことが多いのだ。

妻はこのゲームが強いのだが、話を聞いてみると「自分にない色をふさぐことは考えてなくて、できるだけたくさんの色がずっと出せるように、大きなピラミッドになるように出してる」とのこと。場合によっては上の写真のように重なっていき、うまくいくと頂点の一匹まで完成することもある。

そうなのか。そういう考え方の方が結局強いのか。いやいやそれはたまたまなのか。

penguinparty_006

マイナス点を示すためのチップもかわいいこのゲーム。個人的な感想としては、どうやったら勝ちやすいのかがよくわからない。だから勝っても負けてももう一度やりたくなる。そしてそのたびに「こうしたらどうなるかな?」と考えては試すを繰り返す。手探り感が強いのだ。

ルールがシンプルで、1回の時間も短い。そういう点で、小さなこどもから繰り返しの試行錯誤を楽しめるのが楽しいゲームです。

(おわり)

「ドブル・キッズ」─よく見て探してる、はずなのに…─

dobblekids_001

「ドブル・キッズ」は、2枚のカードの中から共通に描かれている動物を探し当てるゲームです。カード同士にはある仕掛けがあり、言われてみれば単純なのにこんなに目や頭がグルグルするなんて!と思わされます。

dobblekids_002

中身はこんな風にいろいろな動物が描かれたカードが30枚。仕掛けとは「どれかとどれか、2枚のカードを比べると、ひとつだけ同じ動物が描かれている」というもの。上の写真、試しにしばらくじっと見つめて、それぞれのカード同士で同じ動物を探してみると面白さがわかると思います。

dobblekids_003

マニュアルにはこの仕掛けを生かしたミニゲームの遊び方が5種類載っています。上の写真はそのうち「5本の指」と名付けられたもの。プレイヤーそれぞれにカードを4枚ずつ配り、真ん中に1枚置きます。スタートの合図で自分のカードのうちどれかと、真ん中のカードと共通する動物を探します。

dobblekids_004

見つけたらその動物名を言いながら真ん中のカードに重ねます。上の例なら「シマウマ!」。こうして全てのカードを出し切ったプレイヤーの勝ち。カードの間で視線を行き来させ、素早く見つけ出すのが大事。

真ん中のカードはどんどん変わり、真剣に見つめながらも「あっ…あっ…」と思っているうちに他のプレイヤーが次々に出していくこともある。そうしたもどかしさも楽しいのがすごい

dobblekids_005

楽しいながらも、この手のゲームは実力差が出やすい。ゲームの楽しさを維持するためのハンデとして、始めの枚数を増やすのはすぐに思いつく。そのほか、真ん中のカードの場所を強い方のプレイヤーから遠ざけても、視線の移動距離が伸びてグッと難しくなる。

どんな方法にするかを相談することで、力の差があってもお互い楽しめる。もちろん、苦手な方のプレイヤーがハンデなしで何回も根気強く挑戦するのもいい。

dobblekids_007

「ドブル・キッズ」はその名の通りこども向け版で、上の写真はオリジナル版の「ドブル」。「キッズ」はカードに動物の絵が6つ描かれているのに対し、「ドブル」はノンジャンルの様々な絵が8つ。当然こっちの方が難しいが、こどもでも歯が立たないほどではないので、どっちもありだと思います。

自分もそうですが、プレイした人に聞くと、みんな「調子よく連続で見つけられたり、急にさっぱり見つけられなくなったりする」と言うのが不思議。マニュアルの他のミニゲームも面白いのに加え、仕掛けを生かしたオリジナルの遊び方をいろいろ考えられそうなのも楽しいゲームです。

(おわり)

「イチゴリラ」─やる気の出る神経衰弱─

ichigorira_001

「イチゴリラ」はトランプでおなじみ神経衰弱のアレンジ版。個人的に神経衰弱はその名の通り頭が疲れてしまってこどもの頃から苦手でしたが、こちらは間違っても「あれ?まちがえた~」と笑ってしまう楽しさがあります

ichigorira_002

中身はこんな感じ。ゲームの際はこれらのタイルを全て裏返して広げ、神経衰弱のように並べます。イラストが描かれたタイルの数字は、そのタイルが全部で何枚あるかを意味します。

ichigorira_004

自分の番ではタイルをめくり、同じタイルが出るとめくり続けられます。そして、タイルの数字の枚数をめくれるとそのタイルを取って得点。サンタクロースの場合は3なので、上の写真のように3枚めくれると3点になります。イチゴやイチョウは1枚しかないのでめくったら即得点です。

ichigorira_005

逆にゴリラやごくうは5枚。5枚続けてめくれないと得点にならない難しさはありますが、めくれると一気に5点。よく見え覚えておくのはもちろん、細かく稼ぐか、大量得点を狙うか、神経衰弱なのに方針を立てて考えられるところが面白い。

ichigorira_006

同じ数字のカードは2種類あり、イラストが似ているのが曲者。ゴリラ4連続のあとにごくうをめくったときの衝撃と落胆、そしてなぜだか笑い。失敗も楽しいのがすごい。だから神経が衰弱しない。

順番制のゲームですが、神経衰弱と同じく他のプレイヤーがめくるタイルの情報も重要になるので、楽しい中でも集中力を持続させることが勝利への道。記憶力を競う真剣勝負の中で、いろんなドラマが生まれるのが楽しいゲームです。

(おわり)

「よくみてごらん!?」─「まちがい探し」を出し合う─

yokumitegoran_001

「よくみてごらん!?」は、場にあるカードの中からさっきまでと違うカードを見つけるゲーム。昔からある「まちがい探し」の問題を互いに出し合うような感じです。

yokumitegoran_002

中身はいろいろな絵柄が描かれたカードがたくさん。人数によって変わる手札の枚数は4~6枚。そしてまず場には5枚並べます。自分の番では、他のプレイヤーが目をつぶっている間に場のカードから1枚選んでめくります。

yokumitegoran_003

このカード、表と裏でちょっとだけ絵が違う。他のプレイヤーは目を開けたらそれを探し出し、早い者勝ちで見つけ出す。正解すると手札から1枚選んで場に出せます。これを繰り返して手札がなくなったプレイヤーの勝ち。場のカードをじっと見て、覚えておくことが勝利への道。

やってみるとわかるが、目をつぶっていると自然と耳が研ぎ澄まされる。そういうゲームじゃないはずですが、カードをめくる音が聞こえてきて場所がなんとなくわかっちゃう。それに気づけば、逆に自分がめくるときは音を立てないよう慎重に手先を使うでしょう。

ただ、説明書ルールの「早い者勝ち」は実力差が出やすいところ。年齢差のあるメンバーでやったときは、カードをめくったプレイヤーの左隣から回答権が順番に移っていくルールにしてやってみたところ、競争性がマイルドになった。わかってて言いたいのを抑え、自分の順番が来るまで待つドキドキも味わえる

yokumitegoran_004

変わったカードを見つけるのは、最初の5枚だとまだ簡単ですが、だんだん増えていくと混乱するのがおもしろい

yokumitegoran_005

この写真、ひとつ上の写真と比べて1枚めくってあります。見つけられるでしょうか。

このゲーム、2人1組のチーム戦にしてもよいかもしれない。2人で意見が一致したり、1人がわからなくても相棒がわかって助かったり、意見が分かれて相談したりと、2人の間でいろいろなやりとりが発生しそう。覚えるカードを分担すれば、協力もできる

アレンジはともかく、どれが違う…?と考えて、わかった!とひらめく瞬間が楽しいゲームです。

(おわり)

« 1 14 15 16 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.