ゲーム紹介

*個人戦

「トゥクトゥクウッドマン」─観察と力の微調整がポイントの、リアル木こり体験─

toctocwoodman_001

「トゥクトゥクウッドマン」は、木を斧で叩いてうまく樹皮を剥ぐゲーム。なんだそりゃと思うでしょうが、ゲームの内容はまさにその通り。仕掛けがよくできてて面白いんです。

toctocwoodman_002

箱の中身はこんな感じ。上の方の細かい部品が樹皮。下の輪切りになった幹にそれぞれ樹皮が4つずつはまるようになっています。

toctocwoodman_003

箱には2~7人と書いてありますが、やろうと思えば何人でもできます。樹皮をはめこんだ幹を全て重ねて、セット完了です。

toctocwoodman_004

この樹木、試しに最上部を押してずらすとわかりますが、樹皮は下に支えがなくなるとストンと落ちるようになっています。この仕掛けがよくできていて、ちょっとでもひっかかっていたら落ちなかったり、意図せぬところが落ちたりと、惜しさや意外性が生まれます。

toctocwoodman_005

さて、自分の番では斧を手に取り、樹木のどこかを叩きます。叩ける回数は2回。うまく樹皮が落ちたら、1つにつき1点の得点になります。順番に叩いてゲームが進むうちに樹木全体は写真のようにずれていくので、どこを狙うと樹皮が落ちやすいかよく観察するのがポイント。

toctocwoodman_006

ただし、力を入れすぎて幹まで落としてしまうのはまずいです。幹を1つ落とすとマイナス5点。結構なペナルティなので、バランスを考え、叩く力の入れ方を調整することが大事。

幹まで切っちゃダメで、樹皮だけ剥ぐ木こり。そういう専門的な木こりがいるのか知りませんが、子どもに説明するときは「この木の皮からは貴重な薬が取れるんだ。でも、幹まで切ったら木が死んじゃうよね」と、やや無理のある説明をしてます。

toctocwoodman_007

やってみるとわかりますが、樹木の下の方は重さがかかるので叩いてもそんなに動きません。でも、上の方は軽く叩いたつもりでもスッと動く。経験の中からそうした物理法則を発見できるのもおもしろどころ。もちろん、そうわかっていても力の加減は意外と難しくて、期せずしてガッシャーン!と、笑いどころもいっぱい生まれます。

toctocwoodman_008

うまくするとこれくらいのゆがみでも崩れず、緊張感も高まっていく。いっぺんに4つほど樹皮を取れるようなスーパープレイが生まれることもある。全ての樹皮がはがれたらゲーム終了で、樹皮と幹との得点計算をして順位が決まります。

観察と手先の微調整に加えて、叩き方によるリスク管理も考えどころ。堅実にいくか、思い切ってリスクを取るか。シンプルながら、自制心との戦いも楽しいゲームです。

(おわり)

「ワイルドバイキング」─お宝をめぐって、わくわくオークション!─

wildviking_001

「ワイルドバイキング」は、バイキング船が集めてきた宝石をたくさん得るべく、プレイヤー同士がオークションをするゲームです。簡単ルールながら、競りの楽しさがしっかり味わえます。

wildviking_002

2~5人でプレイできて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。場の右上にある村に、赤・青・黄のバイキング船が順番に近づいていると思ってください。セット時には船に1個ずつ宝石が乗っています。手札は6枚ずつ。

wildviking_003

自分の番ではサイコロを振ります。赤・青・黄の船の目が出たら、場の山から宝石を1つ取って同じ色の船に乗せます。バイキング船は村に近づきつつ、宝石を集めているようです。

wildviking_004

こうしてサイコロを振っていくうち、船にだんだん宝石がたまっていくのがワクワク感をそそります。ちなみに上の写真のサイコロでこちら側を向いているのは黒い船のマーク。この目が出たら、振ったプレイヤーが好きな船を選んで宝石を1つ増やせます。

wildviking_005

さて、サイコロで村の絵の目が出たら、一番近いバイキング船が村に到着した合図。その船に乗っている宝石を賭けての競りが始まります。バイキングたちは宝石と引き換えに、装備が欲しいようです。

wildviking_006

手札として持っているのは、バイキングが欲しがっている「装備カード」。赤いカードは赤い船への入札に、青いカードは青い船への入札に……という色対応で使えます。写真上段の3色カードは、どの船の入札にも使えるジョーカーです。

wildviking_007

さて、自分の手札はこんな感じだったとしましょう。村に着いたのは黄色い船。黄色いカードは2枚あり、ジョーカーも2枚あるので最大で4枚を賭けて入札できます。

競りのルールをまとめておきましょう。入札は村の目を出したプレイヤーから時計回りに1周だけおこないます。パスはできますが、途中で装備カードを継ぎ足すことはできません。1周回ったら最も多くの装備カードを出したプレイヤーが、その船に乗った全ての宝石を手に入れます。入札したけど宝石を取れなかったプレイヤーの装備カードは手札に戻ります。

うーん、何枚出そう…と考えるのがおもしろどころ。黄色の船には4つ宝石があるけど、次の青には6つも乗ってる。でも、入札しておかないと他のプレイヤーに少ない枚数で取られちゃうかも。

wildviking_008

では、2枚にしよう!と競りを始めたところ、3枚出してきたプレイヤーがいたので獲得ならず。でも装備カードは戻ってくるので、次の競りではうまくいくかも。手札や船の状況を踏まえた上で、他のプレイヤーの動向も推理して決める必要があります。

wildviking_009

サイコロの目が装備カードの目を出したら、プレイヤー全員が山札の装備カードを1枚ずつ引きます。こうして装備カードは使ったり補充したりしていきますが、装備カードの目は1つだけ。補充は結構貴重な機会であることも踏まえて入札する必要もあるでしょう。

wildviking_010

競りが終わったら、宝石を取った船を最後尾に回し、船全体を村にちょっと寄せましょう。次の船が村に近づいてきているわけです。こうしてゲームを進めていき、船の目が出たのに乗せる宝石がない!というタイミングでゲームは終了。一番多くの宝石を手に入れたプレイヤーが優勝です。

競りの場面は、限られたカードをどんな風に使うか見通しを持ったり駆け引きを意識したりと、複数の考えどころがある。ザクザクとたまっていく宝石がドキドキ感を煽り、競りの結果に一喜一憂するのが楽しいゲームです。

(おわり)

「ディクシット」─わかりやすさの微調整がポイントの連想ゲーム─

dixit_001

「ディクシット」は絵カードから浮かんでくるイメージを当て合う連想ゲーム。ただし、ヒントはわかりやす過ぎでも難し過ぎでもダメなんです。

dixit_002

3~6人でプレイできて、5人プレイ時のセット例はこんな感じ。各プレイヤーには人数と同数の数字チップが配られます。手札は何人でも6枚で固定です。

dixit_003

このゲーム、「語り部」と呼ばれる役割を順番に回していきます。ここでは最初に白のプレイヤーが語り部となることにしましょう。白さんの手札は上の写真のようなもの。84枚あるカードそれぞれには、なんとも不思議な絵が描かれています。

語り部は手札から1枚選んで、そのカードのイメージを言葉に表して裏向きで出します。表現の仕方は完全に自由。ただし、理由はあとからわかりますが、他の人が聞いたときに、わかりやす過ぎず、難し過ぎない表現がよいです。

ここでは右から2番目のカードを選び、「あ~、よく寝た~」という言葉で表すことにしましょう。

dixit_004

他のプレイヤーは、自分の手札の中から「あ~、よく寝た~」という言葉に最も近いカードを選んで裏向きに出します。カードが揃ったらよくシャッフルして表向きに並べましょう。

dixit_005

並べてみるとこんな感じに。2番が語り部のカードですが、それ以外も「あ~、よく寝た~」っぽい雰囲気があります。

dixit_006

そして、語り部以外のプレイヤーは、どのカードが語り部の出したカードなのかを推理します。決まったらそのカードと対応する数字チップを裏向きに出しましょう。揃ったら表にして、カードのところに並べて整理します。

dixit_007

こんな投票結果になりました。ここで得点計算です。

語り部を当てたプレイヤーは3点ゲット。語り部も誰かに当ててもらえたなら3点もらえます。そのほか、語り部ではないプレイヤーは自分の出したカードに投票されていたら、その数だけ得点となります。

まとめるとこんな風になる。

dixit_009

得点を確認し、自分の色のうさぎコマをその分進めましょう。

さて、ここでちょっと巻き戻して、投票結果が違うパターンの場合の得点計算もしてみましょう。もしも語り部が「女の人が海で船を眺めてる」と言ったとしましょう。

投票が全て語り部に集まりました。この場合、「語り部のヒントがわかりやす過ぎる!」ということで、語り部は0点。当てた人はちょっと少なめの2点となります。

もう一度巻き戻って、語り部が「食べたいなあ…」と言ったとしましょう。

誰も語り部のカードを当てられませんでした。この場合、「語り部のヒントが難し過ぎる!」ということで、語り部は当然ながら0点。他のプレイヤーは「わかるわけないだろ!」ということで2点もらえます。自分のカードに投票があればその分の得点はゲット。

というわけで、語り部には「やさし過ぎず難しすぎないヒントを出す」他プレイヤーには「語り部のヒントに近いカードを出しつつ、語り部のカードを当てる」という動機付けが得点システムに組み込まれているわけです。

dixit_012

そしてそれぞれ手札を1枚補充し、次のプレイヤーに語り部役が交代。これを繰り返し、山札がなくなった時点の得点で順位を決めます。

程よいわかりやすさがポイントになってくる連想ゲーム。絵の不思議さに想像力を喚起されてのやりとりで「えっ、それなの?」「やっぱりそうかー!」と盛り上がるのが楽しいゲームです。

(おわり)

« 1 14 15 16 30 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.