ゲーム紹介

*個人戦

「パカパカお馬」─サイコロ選択が考えどころのお馬さんすごろく─

pakapakaouma_001

「パカパカお馬」は、道具を集めながら自分の馬をゴールの馬小屋に連れていくゲーム。一度に振った2つのサイコロのうち、どちらを選ぶかが考えどころのすごろくタイプです。

pakapakaouma_002

2~4人まで遊べて、3人プレイ時のセット例はこんな感じ。3つの馬コマがある右下がスタートで、左上の馬小屋を目指していきます。

pakapakaouma_003

コマを進めるボードとは別に、各プレイヤーに配るのは道具をはめ込むミニボード。7つの穴の全てに道具をはめ込んだ上で、自分の馬を馬小屋にゴールさせるのがゲームの目的です。

pakapakaouma_004

さて、自分の番ではサイコロを2つ振ります。赤いのには1~3の数字、青いのにはいろいろな道具が描かれています。出た面の2つのうち、選べるのは1つ。数字の分だけコマを進めるか、道具を手に入れるかのいずれか、というわけ。

うーん、どうしよう。ここでは青いサイコロを選んで、出た絵のバケツを手に入れることにしましょう。

pakapakaouma_005

こうしてコマを進めたり道具を集めたりしながらゴールを目指します。2つあるサイコロのうち、状況に合わせてどちらを選ぶのかが判断のしどころ。

赤サイコロの目は「1・2・3」が2つずつ。青サイコロの絵は「バケツ・革袋・ニンジン・蹄鉄・蹄鉄・星」。星は好きな道具を選んでもらえます。蹄鉄は2つの面にありますが、4つ集める必要があります。どんなサイコロ構成になっているかに関心をもって知ることも、判断の助けになるでしょう。

pakapakaouma_006

上の写真は、茶色い馬のプレイヤーが「2」と「蹄鉄」の目を出したところ。ゴールまではあと3マス、ミニボードの足りない道具は蹄鉄が1つ。説明書では対象年齢が3歳からとなっているこのゲーム、どっちを選ぶと有利なのか、初歩的な状況判断の場面でしょう。

馬の木製コマが大きめだったり、ミニボードに道具をはめ込む感触が気持ちよかったりと、モノとしての手ざわりもよい感じ。そんな質感を味わいながら、ほんわかムードの中で思考・戦略性がちゃんと効いてるのが楽しいゲームです。

(おわり)

「お宝はまぢか」─乗っかり合いながら、ゆっくり目のゴールを狙うすごろく─

otakarawamazika_001

「お宝はまぢか」は、お宝の眠る海賊島を目指す、すごろくタイプのゲーム。すごろくなのでさいころ運もありますが、たくさんのコマが乗っかり合ったり、わざとゆっくりゴールを狙ったりと、考えどころがたくさんあります。

otakarawamazika_002

2~4人で遊べて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。人数によって、右下のスタートにあるコマの色が増減します。

otakarawamazika_003

基本的にはさいころなので、出た目の数だけ自分のコマを進めます。普通のすごろくと違い、各プレイヤーの持ちコマは4つ。このあとコマがコースに散らばっていきますが、自分のコマならどれを動かしてもよいわけです。

otakarawamazika_004

ゲームが進んでいくうち、同じマスに複数のコマが止まった場合は上に重ねて積んでいきます。上に乗っかられているコマは動かすことができません。

上の写真だと、赤のコマは全て上に乗っかられてる。なので、赤のプレイヤーの番が来ても何もできないわけです。これは苦しい。乗ったり乗っかられたり、複数のコマのうちどれをどう動かすと自分が有利になるのか考えるのがおもしろどころ。

…ただ、後でわかりますがこのゲームの場合、動けないのは必ずしも悪いことではありません。

何もできない赤のプレイヤーの次は、黄色のプレイヤーだとしましょう。上の写真、さいころで5が出てますよね。先ほど「どれを動かしてもよい」と書きましたが、これは「どれか1つは動かさなくてはならない」という意味でもあります。

黄色で動かせるコマは1つだけ。5マス進めるとその先は、陸地ではなく水色の海のマス。

otakarawamazika_005

海に落ちたらドボン、というわけでスタートに戻されます。ただ、これも後でわかりますが、スタートに戻ることも必ずしも悪いわけではないんです。そして、誰かが落ちた海のマスには木の板が浮かび、これから先は普通のマスとして止まることができるようになります。

otakarawamazika_006

ゲームはさらに進み、ボード左上のお宝が眠るゴールである海賊島にコマが進んできました。海賊島にはちょうどの数でしかゴールできませんが、青のプレイヤーが2を出したので、見事上陸できます。

できるんですが、それほど嬉しくないんです。

otakarawamazika_007

1番目にゴールしたコマは、1と書かれた宝箱の上に乗せておきましょう。全ての宝箱にコマが置かれたらゲームはおしまい。自分の色のコマが乗った宝箱の数字分の合計が、各プレイヤーの得点となります。

上の写真だと5点獲得の黄色のプレイヤーが優勝。緑よりも赤よりも、さらには2つのコマがゴールしている青よりも得点が多いからです。

普通のすごろくと違って、先着優位ではないので「どうすれば遅くゴールできるか」と逆転の発想をするのが勝利への道。でも、5位までには入らないと得点にならないので、遅すぎてもダメ。コマの進め方の調整も考えどころです。

otakarawamazika_008

さいころに6の目はなく、代わりに船の絵が。これが出ると自分のコマを1つ、1~5のうち好きな数だけ進められるのでラッキー。ここも考えどころです。

乗っかり合いの駆け引きや、ゴール順の調整など、試案のしどころがたくさんあるすごろく。現在の状況からどんな行動を取ればよいのか、選択肢を自ら見つけて判断するのが楽しいゲームです。

(おわり)

「ナインタイル」─お題通りに、素早くタイルをめくって入れ替えて─

ninetiles_001

「ナインタイル」は、9枚のタイルをめくったり入れ替えたりして、素早くお題と同じように並べるゲーム。タイルには仕掛けがあって、あわてて混乱しつつ、正解を目指すのがおもしろどころ。

ninetiles_002

2~4人でできて、4人でのセット例はこんな感じ。プレイヤー1人ずつ、9枚のタイルが配られ、3×3の形でランダムに並べます。このタイルに仕掛けがあります。

ninetiles_003

タイルに描かれた模様は6種類で、タイルの両面は必ず別々の模様。表裏が同じ組み合わせのタイルはありません。9枚×両面=18面で、6種類が3つずつあります。

ninetiles_004

ゲームは小さなラウンドを繰り返していきます。ラウンドの開始では、まん中の「お題カード」の一番上を表向きにします。さあ、ここからはスピード勝負。

ninetiles_005

自分の9枚のタイルをめくったり入れ替えたりして、お題カードの模様と同じように並べます。お題とタイルをよく見比べて、素早く手を動かすのが勝利への道。お題をどの向きから見た並べ方でもオッケー。また、お題は9枚のタイルで必ず正しく並べられるようになっています。

あと1枚、というところでうまく並べられないこともよくある。急いでタイルを入れ替えたり裏返したりと忙しい。お題とタイル両面の模様と、目で見た情報を一時的に覚えておくと素早くできやすい。

ninetiles_006

正しく並べられたら、お題カードを手で覆います。

ninetiles_007

そして、本当にお題通りに並べられているか全員で答え合わせ。上の写真の例では正しくできています。

ninetiles_008

正解ならばそのお題カードをもらって得点とし、最初に4枚取ったプレイヤーが勝ち。間違えた場合は裏向きでお題カードを引き取り、裏向きカードが2枚になるとゲーム脱落なので注意です。

デザインかわいく、ルールは簡単。それでいて始めてみると、目と手を思いっきり集中させて使うのが楽しいゲームです。

(おわり)

« 1 15 16 17 29 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.