ゲーム紹介

*個人戦

「グースカパースカ」─確率計算や戦略思考が鍵になるジャンケン─

gusukapasuka_001

「グースカパースカ」は、カードを使ったジャンケンで勝つともらえるコインを集める、2人専用のゲームです。ジャンケン…?と思うかもしれませんが、ちゃんと仕掛けがあって読み合いが熱いんです。

gusukapasuka_002

箱の中身は12枚のカードと13枚のコイン。カードにはグー・チョキ・パーが描かれていますが、枚数に偏りがあります。

gusukapasuka_003

また、グー・チョキ・パーのマークの下には、0~2枚のコインの絵があります。「グー・チョキ・パーのカードの枚数」「カードに描かれているコインの枚数」という要素が、ゲームを進める上でのポイントになってきます。

gusukapasuka_004

さて、セット例はこんな感じ。カードは全てシャッフルして、5枚ずつ配ります。2枚は裏向きのまま脇に置き、ゲームには使いません。

勝負が始まったら、プレイヤーはそれぞれカードを1枚伏せて出し、2人とも出したら「せーの!」でめくってジャンケンをします。

gusukapasuka_005

上の写真の場合、手前のプレイヤーが勝ち。場に出されたカードに描かれたコインの数の合計は3枚なので、ストックからコインを3枚手に入れます。

しかし、このゲームでは負けた場合も手に入れられるものがあります。それは、その勝負で場に出されたカードたち。それらを全て手札に入れて、次のジャンケンに臨めるわけです。

こうしてコインをたくさん手に入れるべくジャンケンを繰り返し、ストックからコインがなくなるまで勝負を続けます。

gusukapasuka_006

というわけで、相手の出方を推理しながら、増減する手札の中から戦略的にカードを出していくことがポイント。もともとのカード構成は説明書にわかりやい一覧が載っているので、見えるように置いておくといいでしょう。

考えどころは、グー・チョキ・パーのどれを出すか、また、何枚のコインが描かれたカードを出すか。勝負が進むうちに相手の手の内がわかってきますが、あらかじめ2枚のカードは抜いてあるので、完全に読み切れるとは限りません。

gusukapasuka_007

あいこになった場合は、それらのカードを場に出したまま次のカードを出していき、勝負が着くまで続けます。

gusukapasuka_008

上の例では、3回目の勝負で勝敗が決まりました。場にあるカードに描かれたコインの合計枚数は7枚。一気に大量ゲットです。

ただし、場にある6枚のカードは全て相手の手札に行きます。次の勝負での選択肢の量という点では、不利になるかもしれません。あえて負けを狙ったり、あいこにしたくなったりする場面も出てくるかもしれません。

gusukapasuka_009

手に入れるべきコインがストックからなくなったらゲーム終了。最後となる勝負に限り、取れるはずのコインがストックでは足りなくなった場合、足りない分は相手から奪うことができます。

つまり、コイン増減の意味合いで言うと1枚で2枚分の価値。結構な差がついていた場合でも、さっきのような大勝負になれば一気に逆転できる。最後まで気が抜けない展開も多々生まれます。

普通のジャンケンは全くの運ですが、このゲームの場合、カード構成やこれまでのカードのやりとり、今後の展望といった情報を基に考えると、かなりの考えどころが生まれてきます。確率計算と心理の読み合いを組み合わせ、有利な展開にするべく考えるのが楽しいゲームです。

(おわり)

「わたしはだあれ?」─視覚・記憶・コミュニケーションの動物絵あわせ─

watashiwadaare_001

「わたしはだあれ?」は、カードをよく見て探したり、質問をやりとりしたりして、動物を探すゲーム。特に小さな子にとって、視覚・記憶・言葉をさまざまに使いながら楽しむのにぴったりなゲームです。

watashiwadaare_002

箱の中身は全てカード。裏が緑色のは「動物カード」で、それぞれ違った動物が描かれています。裏が青のは「子供カード」で、「動物カード」に対応する動物の衣装を着た子供が描かれています。16枚ずつで、全部で32枚となります。

説明書に載っている遊び方は2種類。セットの仕方は共通で、「動物カード」は裏向きの山札、「子供カード」は全て表向きに広げて並べます。

watashiwadaare_003

ゲーム1は、スピード勝負のカードあわせ。1枚ずつ配られた「動物カード」の手札と同じ動物の「子供カード」を場から探し、見つけたらゲット。すぐに山札から次の「動物カード」を1枚取って手札とし、どんどんこれを繰り返します。大人からするとゲームと言えるか疑問かもしれませんが、これはまあ練習みたいなもの。

それでも、小さな子にとってはよく見て素早く探すのがポイント。また、絵あわせとは言っても、片方が「動物そのもの」であるのに対し、もう一方は「動物の衣装を着た子供」。全く同じ絵ではないところがこのゲームの特徴でしょう。「絵は違っていても意味は同じ」という認識をする練習になるわけです。

watashiwadaare_004

また、筆者のアレンジですが、全てのカードを裏向きに広げてトランプの神経衰弱のように遊ぶこともできます。

当然ながら、見たことを覚えておくことがポイント。トランプと違って数字ではなく絵であること、また、組み合わせは必ず緑と青のカード同士になるのもヒントになることから、初めて神経衰弱を遊ぶ小さな子にもちょうどよさそうです。

watashiwadaare_005

ゲーム2は、質問と回答をやりとりして探している動物がどれなのかを推理するコミュニケーションのゲーム。「答え役」は動物カードを1枚めくって自分だけが見えるように持ち、「質問役」はそれがどの動物を当てるべく、質問をします。

質問の仕方は、「はい」か「いいえ」で答えられるものに限られます。「しっぽの長さはどれくらいですか?」は聞けませんが、「しっぽは長いですか?」ならオッケー。ルールに適う言い方で、言葉をやりとりするのがポイントです。

また、やりとりの中で蓄積される情報を覚えておくのもポイント。「しっぽが長い」「肉食ではない」「小さい」ということは……と、明かされた情報をまとめて推理したり、それを踏まえてさらに絞り込むような質問することも重要です。

質問を繰り返す中、どの動物なのかわかった「質問役」は答えを発表し、正解なら1点獲得。「答え役」を交代してゲームを進めます。

watashiwadaare_006

説明書には「答え役」は「はい」か「いいえ」で答えるように書いてあるのですが、やってみると「どちらとも言えません」「わかりません」と言いたくなる質問も出てくるので、私がやるときはこの2つの答えもオッケーにしています。ヒツジは大きい?ハリネズミは夜行性?といった場合です。

どの答えにするにしろ、「答え役」は聞かれた質問に対して適切に答えることが必要。ただ、実際のゲームでは「かわいいですか?」など、主観にかかわる質問が出ることもあります。答えが明らかになったあとに「えー、ブタってかわいい?」「いやいや、かわいいって!」と、感じ方の違いを知り合う機会が生まれることがあるのもおもしろどころ。

watashiwadaare_007

絵柄がかわいく、カードが厚くてかなりしっかりしていることからも、小さな子ども向けとしてデザインされているのがよくわかります。とてもシンプルながら、いろいろな遊び方ができるゲームです。

(おわり)

「ウォッチャ」─発想や言葉が引き出される、不思議な絵のしりとり─

wocha_001

「ウォッチャ」は、不思議な絵のカードを使って早い者勝ちのしりとりをするゲーム。絵からたくさんの言葉をどんどんイメージしていくのが、もどかしくて楽しいゲームです。

wocha_002

箱の中身のメインは40枚のカード。どのカードにも、なんとも言えない不思議な絵が描かれています。しりとりをするために、このゲームでは絵からいろいろな言葉を思い浮かべることがポイントになってくるので、まずはその練習をしましょう。

wocha_003

練習その1はこのカード。描かれているものはそのまま言葉にして使ってオッケー。「ふすま」「スイカ」「皿」「ちゃぶ台」「塩」「空」「山」…といったあたりはすぐに浮かんでくるでしょう。

ただ、「ちゃぶ台」をよく見ると、「どら焼き」にも見えてくる。ということは、間に挟まっているのは「あんこ」。右上の赤い丸は普通に見れば「太陽」でしょうが、よく見ると黒い点があるので「リンゴ」にも見えてきます。こうして、さまざまな物の見方をしていくことがポイント。地面は「畳」のようでもありますが、「草原」にも見えなくもない…ですが「ん」で終わるのでしりとりには使えませんね。

また、言葉として挙げるのは連想でもオッケー。ふすまが笑っているようにも見えるので「笑顔」「スマイル」もありでしょう。「夏休み」「おやつ」もいいんじゃないでしょうか。直接見えないものでも、発想を広げると言葉がさらに増えていきます。こんな感じで、たくさんの言葉が広がっていきます。

wocha_004

練習その2はこのカード。「顔」「口」「鼻」「あくび」「ビル」「電柱」「うがい」「のどちんこ」。「のどちんこ」の正式な名前は「口蓋垂(こうがいすい)」。おっ、さっきのカードの「あんこ」と「口蓋垂」がつながって、しりとり成立です。自分の持っている語彙を絞り出すのもポイントでしょう。

という風に、どんどん言葉を見つけてしりとりをしていきます。

wocha_005

さて、ここからがゲーム本番。2~6人でできて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。各プレイヤーにはカラーキューブが4つずつ配られます。ゲームが始まったら、チェーンエリアの横にあるカードとしりとりでつなげるカードを全員共通のカードの中から見つけましょう。

自分の番というものはなく、常に早いもの勝ち。つながるカードを見つけたら「ウォッチャ!」とコールしましょう。

wocha_006

ここでは、青のプレイヤーが最初のカードを「太陽」とした上で、全員共通のカードから「ウマ」として並べました。置いたカードの上には自分のカラーキューブを置きます。自分のキューブを最初に全て置いたプレイヤーが勝ち、というわけです。

wocha_007

全員共通ゾーンには山札から新しいカードを補充しましょう。あっ、「ウマ」のあとに「マトリョーシカ」ですぐにつなげられますね。

wocha_008

続いて赤のプレイヤーが「カッパ」を置きました。ここまで続いてきたカード、よく見ると「ウマ」のカードの車の上にはパトライトらしきものもあって、「パトカー」にも見えるような気もします。この場合、「カッパ」のあとに「パトカー」とつなげて再利用することもできます。青いキューブは青のプレイヤーに戻すので、邪魔することもできるわけです。

ただ、青のプレイヤーは納得いきません。この車、本当にパトカーに見えるでしょうか?

wocha_009

こういうときは「異議あり!」と異議申し立てができます。この場合、パトカーと言ったプレイヤー以外が、「せーの!」で指を上または下向きに出して、オッケーを意味する上向きが過半数なら採用です。不満がある場合は申し立てて、他の人の意見を聞けるというわけです。

wocha_010

こうして阻止や協議を時には入れながら、誰かがキューブを全て置くまで続けます。絵を見て発想を広げ、自分の中にある言葉を引っ張り出してくるのが楽しいこのゲーム。こどもとするときは、競うルールにせず「これとこれがつながるねー」と、発想やコミュニケーションの道具にするだけでも面白そうです。

(おわり)

« 1 15 16 17 37 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.