ゲーム紹介
  • HOME »
  • ゲーム紹介 »
  • ゲーム紹介

ゲーム紹介

「グループあわせ」─聞いて覚えて、おんなじ色を4枚集めろ─

quartett_001

「グループあわせ」は、他のプレイヤーからカードを集めて、同じグループのカードを4枚揃えた組数を競うゲーム。箱にあるように「カルテット」とも呼ばれるものです。

quartett_002

中身はカードのみで、全部で32枚。カードには全て違う絵が描かれていますが、色ごとの8つのグループがあります。ゲーム中、同じ色を4枚を集めると1組獲得です。

quartett_003

例えば緑のグループは、ピーマン・キュウリ・葉っぱ・カエル。それぞれのカードには同じグループの絵が小さく描かれていて、グループの把握がしやすいデザインです。

quartett_004

さて、ゲームは2~4人でできて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。人数によって初期手札の枚数は違いますが、一番おすすめの4人の場合は8枚ずつで配り切ります。

quartett_005

スタートプレイヤーのAさんになったつもりで進めてみることにして、手札がこんな感じだったとしましょう。自分の番にすることは、他のプレイヤーに「◯◯さん、□□色の△△を持っていますか?」と質問すること。もしも相手が持っていたら、そのカードをもらうことができます。

ただし、質問には1つルールがあります。それは、「自分が持っている色のカードしか聞けない」というもの。今回の場合、赤を集めるべく対面のプレイヤーに「Cさん、赤のトマトを持っていますか?」と質問したことにしましょう。

……しかし、返ってきた答えは「いいえ、持っていません」。残念ながらはずれだったので、自分の番は終わりです。質問を受けたCさんの番に移ります。

quartett_006

そんなやりとりをしつつ、再び回ってきた自分の番。今度は「Bさん、赤のジュースは持っていますか?」と聞いたところ、「はい、持っています」と差し出されました。Bさんは残念でしょうが、正直に答えなくてはなりません。

これでジュースを手に入れました。そして、質問が成功した場合は、再び質問を続けることができます。

quartett_007

続いて「Dさん、赤のトマトを持っていますか?」と質問したところ、見事成功。4枚揃った赤のカードを表向きに前に出して、1組獲得です。この場合、左隣のプレイヤーに順番が移ります。

…という流れでゲームが進んでいき、全てのグループが揃えられたらおしまい。獲得した組数で競って順位をつけます。

シンプルなルールながら、人のやりとりをよく聞くことがまず大事。また、カードの行き来を覚えておくことが勝利への道。クジラはBさんが持ってて、Cさんのところには緑が3枚あるはず…など、記憶があればカードが透けて見えるようにもなってきます。

quartett_008

箱には「4歳以上」と書いてあるこのゲーム。小さな子がたくさんのカードを持つのは難しい場合もあるので、カードホルダーが2つセットになっています。道具のサポートも利用しながら、「カードを少しずつずらして片手で持つ」という手先の使い方の経験をしていくのもよいでしょう。

また、「質問できるのは持っている色のカードだけ」「質問されたら正しく答えなくてはならない」というルールは、嘘もつけちゃう場面で正直であることを求められるもの。共有するルールを守ってこそ成り立つゲームであるわけです。

それから、「◯◯さん、□□色の△△を持っていますか?」という質問フォーマットを繰り返すことは、適切な言葉づかいをする経験の積み重ねでもあります。何度も名前を呼びあうのも特徴で、初対面でも自然と名前を覚えられるよさもあります。

「□□色の△△」と絵まで指定するのはやや難しくもあるので、色だけを質問して集めるルールにしても十分楽しめます。実のところトランプでもできちゃうゲームですが、小さい子でも楽しめるデザインになっているのは専用品ならでは。シンプルながらいろんな要素があるゲームです。

(おわり)

「私たちのツリーハウス」─嵐が来る前に、みんなでハウスを完成させよう!─

ourtreehouse_001

「私たちのツリーハウス」は、集めた材料を組み立ててツリーハウスを作る、全員協力型のゲーム。できるだけ高いハウスができるとよいですが、嵐が迫っているので欲張らないのも大切かもしれません。

ourtreehouse_002

2~6人で遊べて、セット例はこんな感じ。何人でもセットの仕方は同じです。

ourtreehouse_003

目を引くのはボードの角に生えている大きな木。ここに写真左下の建築キューブを積んで、ツリーハウスを作っていくのが目的です。ラウンド制で、嵐がやってくる3ラウンド終了までにツリーハウスを完成させましょう。

ourtreehouse_004

さて、自分の番にすることは、物置に積んである丸い材料タイルの山から1つ選び、最上段のタイルを取って作業場である芝生に置くこと。準備の際に全部で21枚ある材料タイルはランダムに混ぜて、7枚ずつ3箇所に表向きで積んでおきます。

ourtreehouse_005

芝生に置ける材料タイルは3つまで。同じ材料を同時には置けないので、この場合はボード外に捨て置きます。また、今は使いたくない材料を取った場合も同様です。タイルを置くか捨てるかしたら、基本的に次のプレイヤーに交代です。

ourtreehouse_006

ボードには材料の組み合わせの説明書きが。「板+工具+釘」で、ハウスを建てるためのキューブを1つ手に入れられます。板の代わりに屋根材だと、ハウスを仕上げるための屋根が作れます。これを踏まえて状況に応じた材料選びをしつつ、時にはあえて捨てるという選択もあり得ます。

上の写真のようにキューブを手に入れられることになった場合は、そのプレイヤーの順番のまま、キューブ置き場に行ってみましょう。

ourtreehouse_007

キューブは12個あり、4×3でランダムに並べておきます。このうち2~3面が見えているキューブから1つ選んで手に入れることができます。

ourtreehouse_008

キューブには、外壁・窓・ドアが描かれていて、絵の構成には何種類かあります。ここで手に入れたのは外壁のみのキューブ。取ったところの奥には窓が見えますので、次に取るときには窓つきキューブも選べます。

ourtreehouse_009

手に入れたキューブはツリーに設置してハウスを作っていきましょう。キューブを置いたら次のプレイヤーに交代です。

上の写真はある程度作り進んでいったところですが、ハウスには設計のルールがあります。外壁がハウス囲むように並べ、また、各階の向かって右手前には窓をつけなくてはなりません。さらに、1階の左手前には1つしかないドアのキューブを置く必要もあります。

というわけで、キューブを選ぶ際には状況を踏まえて考えることが必要。選ぶときには全部の面が見えないため、結果的に積めないキューブを選んでしまう場合もあり、そのときは再び置き場に戻さなくてはいけません。

うまくいかなくても、見えた面を覚えて推理すれば次は欲しいキューブが取れるかもしれません。もちろん全員協力型ですから、記憶や知恵は出し合って考えることもできます。

ourtreehouse_010

しかし、のんびり作っているわけにはいきません。材料タイルの中には1枚だけ「雲タイル」が混ざっています。これが出てきたら、だんだん雲行きが怪しくなってきたしるし。その山の残りタイルはボード外に出し、このラウンドでは使えなくなります。また、四角い「お天気タイル」を1枚表にします。

他の山からはタイルを取り続けることができます。全ての山のタイルがなくなったらラウンド終了。材料タイルを全てよく混ぜて3つの山に積み直し、次のラウンドが始まります。

ourtreehouse_011

ラウンドを示す「お天気タイル」は3枚。3つ目のタイルがめくられるといよいよ風が強くなってきたようで、ツリーに積んだキューブの最上段から1つを置き場に戻さなくてはいけません。でも、材料タイルがなくなるまで続けられますから、最後まであきらめず作っていきましょう。

ourtreehouse_012

ゲームの目的は、各階に設計ルール通りにキューブを積み、その上に屋根を乗せてツリーハウスを完成させること。ただし、1・2・3階の指定はなく、何階建てにするかは自分たちで決めます。それぞれ小成功・中成功・大成功といったところでしょうが、何階建てでも屋根が乗らなければ失敗です。

多くの全員協力型のゲームは、明確な一つの成功条件が決まっているものですが、このゲームでは成功の規模を決めることもプレイヤーに委ねられています。手堅く低層で仕上げるか、リスクを取って高層にするか。この点も相談のしどころ、というわけです。

ourtreehouse_013

タイルとキューブの並び運に、観察と状況判断と記憶とが絡んできて、さらにはどれくらいの成功を目指すかも考えどころ。特に、何階建てのハウスを目指すかには意見も分かれそう。プロジェクトの着地点をチームのメンバーと一緒に探るような感覚で、ツリーハウス作りという楽しいテーマを達成するのがおもしろいゲームです。

(おわり)

「ぴっぐテン」─10ぴったんこを目指してカードを出そう─

pigten_001

「ぴっぐテン」は、場の数と出す数の合計が10になるようにしながら、カードをたくさん手に入れることを目指すゲーム。先の展開の予想がうまくいって、ホクホクするのが楽しいんです。

pigten_002

中身は0~10までの数字カードのみで、合計80枚。0は7枚、5は5枚、10は4枚で、残りは8枚ずつです。

pigten_003

2~8人でできて、4人で遊ぶときのセット例はこんな感じ。手札を3枚ずつ配って、残りは山札。他の人数でもセットの仕方は共通です。

pigten_004

自分の番にまずすることは、手札から1枚場に出すこと。出しながら「山の数字」をコールすることになっています。最初のプレイヤーは、出したカードの数字をそのまま「2」と言えばオッケー。そして山札から1枚カードを引いて、自分の番は終わりです。基本的に手札はいつも3枚となります。

pigten_005

続いてのプレイヤーもすることは同じですが、「山の数字」が変わってきます。「山の数字」は出されたカードの累計。上の写真の場合、2+6なので「8」と言ってカードを出します。ルールでは「山の数字」だけを言えばよいのですが、小さな子がいる場合は、間違い防止とわかりやすさのために、「2+6=8!」とコールするのもいいでしょう。

pigten_006

さて、次のプレイヤーが出したカードは「2」。「山の数字」は累計ですから、「8+2=10」。こうして「10」になったときは「ぴっぐテン!」とコールして、出されたカードを得点として全て手に入れることができます。1枚1点なので、この場合は3点。裏向きに重ねて自分の近くに置いておきましょう。そして、次のプレイヤーがまた1枚目を出してゲームは続きます。

この場合はうまく10にできましたが、ちょっと巻き戻って別のカードを出した場合も見てみましょう。

pigten_007

出したカードが「7」だったとき、コールは「8+7=15」。このように「山の数字」が11以上になったときは、その前のプレイヤーが出されたカードを全て手に入れます。10をオーバーする手札しかないときは、泣く泣く出して取られてしまう、というわけ。でも、どのカードを温存しておくかには考えどころもあるでしょう。

もちろん、次のプレイヤーがオーバーするように見越して手札を出すのも作戦。自分で10にできなくてもカードを手に入れるチャンスはあるわけです。

さて、ここまでが基本の流れですが、例外的な出し方もいくつかあります。

pigten_008

例えば「5」のカードはよく見ると「±5」と書いてある。状況に合わせてプラスかマイナスかを選んで出せるわけです。上の状況では「マイナス5」として出すのがよさそう。

pigten_009

また、通常は数を足していくわけですが、「山の数字」と同じ数のカードをたし算しないで出すこともできます。上の場合は「8+8=16」だとオーバーするので、「そのまま8!」とコールして「8」を出せる、というわけ。

pigten_010

そして、「0」はまた特別なカード。足し算することはできず、出すときのコールは「0!」。「山の数字」にリセットがかかり、0に戻ります。

pigten_011

流れによってはこんなことも。「3+4=7」→「7+2=9」→「そのまま9」→「9-5=4」→「4+1=5」→「5+2=7」→「0」。次が自分の番で「10」を持っていたら、一気に9枚ゲットです。

この流れを繰り返していきます。山札がなくなったら手札の補充がなくなり、さらに続けて全員の手札がなくなったらおしまい。手に入れたカードの枚数で競います。

pigten_012

2011年から販売されているゲームですが、2016年にゲーム内容はそのままにリニューアル。変更点は箱が薄くなったことと、カードにエンボス加工がされたこと。コンパクトになってカードの手触りがよくなりました。

pigten_013

カードのブタの絵はよく見ると、有名な童話がモチーフ。1と9、3と7など、合わせて10になるカード同士は数字の色が同じで、同じ童話の一場面となっています。デザインの工夫にニヤリとさせられます。

運の振れ幅は強いながらも、その中で見通しを立てて出していくのが勝利への道。うまくいったり、してやられたりの攻防が面白い。足し算を覚えたばかりの子にとっては、それを実践活用するのも楽しいはずのゲームです。

(おわり)

« 1 20 21 22 46 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.