ゲーム紹介
  • HOME »
  • ゲーム紹介 »
  • ゲーム紹介

ゲーム紹介

「ごちそうがこぼれちゃう!」─かわいい見た目に駆け引き熱く、思惑飛び交うブロック積み─

gochisougakoborechau_001

「ごちそうがこぼれちゃう!」は、買い物するごちそうに見立てたブロックを崩さないように積んでいくゲーム。ブロックを崩さないようにするのはジェンガと同じですが、ルールに駆け引きの要素があるのが面白いんです。

gochisougakoborechau_002

2~5人でプレイできて、中身のセット例はこんな感じ。セットの仕方は何人でも共通です。

gochisougakoborechau_003

自分の番にまずすることは、丸い「ネズミコイン」を1枚めくること。ここでは緑色のネズミが出てきました。

gochisougakoborechau_004

続いて、ネズミと同じ色のブロックの中から1つ選びます。このあと積んでいきますが、ブロックを積む向きには決まりがあって、必ず写真のような向きで積んでいきます。ここでは縦長に置くブロックを選びました。

gochisougakoborechau_005

そして、選んだブロックを真ん中の「ショッピングカート」に積みます。これで次のプレイヤーに交代です。こうしてショッピングカートに買い物品を崩さないように積んでいくわけです。

gochisougakoborechau_006

だんだん高くなるので、どの形のブロックを乗せるか考えたり、指先を慎重に使ったりすることがポイント。そのうち、もうこれ以上積みたくないな…という状況になってきます。このゲームの場合、ここでパスすることもできます。積む番が回ってきたAさんが、ネズミタイルをめくったあとパスしたとしましょう。

gochisougakoborechau_007

続いてのBさんもパスしましたが、その次のCさんは挑戦することにして、見事成功させました。ここでCさんは「お買い物タイル」を1つゲット。この「お買い物タイル」を先に3枚集めた人がゲームの勝者なので、一歩リードです。場を全てリセットして、Cさんの次のプレイヤーが最初から積み始めます。

危ないのでパスはしたいけど、それは同時に他の人にチャンスを与えることにもなりかねない。このあたり、リスク管理をどう判断するかが考えどころ。

また、自分がパスしたあと、他のプレイヤーが全員パスする場合もあります。

gochisougakoborechau_008

一周回って全員パスの場合は、強制的に自分が挑戦することになります。一旦パスした場面で積むわけですからリスクは高いですが、ここで成功すると「お買い物タイル」を1枚もらえるのでチャンスでもあります。さらにはリセットすることなく積み続けていくので、全体の緊張感が高まります。

gochisougakoborechau_009

また、いずれの場面でも崩してしまった場合は、崩した人以外のプレイヤー全員が「お買い物タイル」を1枚ゲット。崩して即刻負けではありませんが、不利になるので要注意です。崩れた場合は、場をリセットして次のプレイヤーがまた最初から積み始めます。

gochisougakoborechau_010

こうしたゲームの流れなので、駆け引きをする場面はいろいろ。3点先取という勝利条件を見通して考えたり、わざと意地悪な積み方をしたりと、どういう戦略を取るかが考えどころ。テーマや雰囲気はかわいいですが、手先も頭もしっかり使うゲームです。

(おわり)

「すすめ!!海賊さん」─確率計算や勝負どころのあるババ抜きすごろく─

susumekaizokusan_001

「進め!海賊さん」は、ゴールを目指して船を進める、すごろくとババ抜きが合わさったようなゲームです。普通のすごろくやババ抜きはほぼ運だけのゲームですが、このゲームではしっかり勝負のかけどころがあります。

susumekaizokusan_002

2人専用のゲームで、中身のセット例はこんな感じ。左端の船を進めて、右端のゴールに先に着けば勝ち。はじめの手札は共通で、1・2・爆弾の3枚。

susumekaizokusan_003

自分の番にまずすることは、裏向きの相手の手札から1枚引くこと。ここでは1を引きました。このカードを自分の手札に入れて、自分の番をおしまいにすることもできます。その場合、1を引いたので自分のコマを1マス進めます。

まだおしまいにしないこともできます。1を引いた時点で、相手の手札は2と爆弾。さらに引くことにして2が出れば、1+2で3マス進めます。2分の1の確率に賭けて、もう1枚引いてみた場合も見てみましょう。

susumekaizokusan_004

残念ながら爆弾でした。この場合は1マスも進めず、手札は相手に戻します。うまくいく確率とそのときの状況を踏まえて、カードを引くかどうかを考えるのがポイント。

もちろんババ抜き的な要素として、ポーカーフェイスをしたり、それを逆手に取った表情をしたりするのもありでしょう。特に子どもと遊ぶときには、表情を見て察し合うのもおもしろどころ。

susumekaizokusan_005

もしも2枚引いて成功し、3マス進んでいたとしましょう。この場合引いたカードは手札に入れるので、手札は合わせて5枚。相手の番に移るわけですが、5枚中4枚は数字カードなので、相手にとっては結構チャンス。成果は裏返って返ってくるので、勝負が拮抗するのがおもしろどころ。

susumekaizokusan_006

場合によっては相手の手札が1枚で、それが爆弾という場合も起き得ます。この場合は特別ルールで、無条件に2マス進んでオッケー。

susumekaizokusan_007

また、進路には特別な絵の描かれたマスもあります。上の写真の雲のマス、ここに止まると逆風で1マス戻されます。

susumekaizokusan_008

上の写真の宝箱のマスに止まると、場に置いてある「スペシャルカード」をゲット。裏側に効能が書いてありますが、次回以降の自分の番が始まる前にこのカードを使うことを宣言すると、その番で引いた数字を2倍にして前に進めます。

温存することもできますが、相手が宝箱のマスに止まると取られてしまうので、使うタイミングも考えどころ。

susumekaizokusan_009

こうしてコマを進めていき、先にゴールに着いたプレイヤーの勝ち。カード引きは基本的には運ですが、表情のやりとりや簡単ながら確率計算という要素も。特別マスがらみの攻防には戦略性も生まれるので、シンプルながらも考えどころのちゃんとあるのが楽しいゲームです。

(おわり)

「アウトフォックスト!」─探偵チームで手がかり集めて泥棒を見つける、全員協力型─

outfoxed_001

「アウトオックスト!」は、パイを盗んだ泥棒キツネを見つけるべく、手がかりや容疑者の情報を集めて犯人を見つける、全員協力型のゲーム。「outfoxed!」は「出し抜かれた!」「裏をかかれた!」といった意味。巣穴に逃げられる前に、16人のキツネの中から犯人を特定するのが目的です。

outfoxed_002

2~4人で遊べて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。人数による違いはボード中央に置く「探偵帽子コマ」の数だけです。

outfoxed_003

ゲームを始める前に16枚の「泥棒カード」から1枚、表を見ないようにして引き、「デコーダー」と呼ばれる道具に挿入します。カードの表側にはキツネの名前が書いてあり、それが今回の犯人です。

outfoxed_004

ゲームに使うサイコロは3つ。目のマークと足跡のマークが3面ずつで、面の構成はどのサイコロも同じです。自分の番では3つのサイコロの絵を揃えるべく振るので、振る前にまず「目」と「足跡」のどちらを揃えるか宣言してから3ついっぺんに振りましょう。

とは言っても、一発で目を揃えるのは難しいですよね。宣言通りの目が出たサイコロは脇に置いておき、違ったものは3回まで振ることができます。

outfoxed_005

3回以内に目のマークが揃った場合は、ボードの周りに並べてある「容疑者カード」を1枚めくれます。そこには、キツネのイラストと名前が。イラストをよく見るとわかりますが、容疑者キツネは必ず3つのアイテムを身につけています。上の写真のマギーの場合は、メガネ・手袋・傘。これらは犯人を特定する手がかりとなります。

outfoxed_006

3回以内に足跡のマークが揃った場合は、自分の「探偵帽子コマ」を動かせます。動けるマスは縦横いずれかで、最大で足跡マークの合計数まで進めます。

そして、ボード上の「足跡マス」に入ったら、ボード脇に裏向きで積んである「手がかりチップ」を1枚ゲット。今回は傘が出ました。

outfoxed_007

「手がかりチップ」を手に入れたら、デコーダーにはめ込んでスライダーを引きます。小さな穴から緑色がのぞいて見えました。この緑色は「犯人はこのアイテムを持っていない」という意味。ということは、マギーの疑いは晴れたので、カードは箱に戻しておきましょう。

outfoxed_008

デコーダーではこのように赤が見える場合も。赤は「犯人はこのアイテムを持っている」という意味。手がかりチップはボードの足跡マスに置くので、どのアイテムが何色だったかを覚えて置かなければなりません。

outfoxed_009

ゲームを続けて新たな容疑者カードをめくっていくうちに、時計を持っているキツネが現れました。チャールズは怪しい。ただ、まだ確定はできません。

outfoxed_010

もちろん、サイコロのマークが3つ揃わない場合もあります。この場合、犯人キツネのコマがボード上の道路に沿って3マス進みます。この道路の最終地点には…

outfoxed_011

キツネの巣穴が。ここまでキツネのコマが逃げきってしまったら全員の負け。それまでに犯人を探さなくてはなりません。

outfoxed_012

はじめのうちはともかく、ゲームが進むに連れて手がかりを見つけるべきか、容疑者カードをめくるべきか、価値に変化が出てくるので、それを考えてサイコロを揃える必要が生まれます。

もちろんプレイヤー全員はチームですから、作戦や記憶のコミュニケーションも重要。手がかりチップの赤か緑かを忘れてしまっても、他の誰かが覚えてくれているかもしれません。

outfoxed_013

犯人がつけている3つのアイテムを特定し、それら全てをつけている容疑者カードが見つかったら、犯人は確定。泥棒キツネの名前をコールし、デコーダーからカードを引き抜いて同じどうかを確かめます。一致していたら全員の勝ち。

ただ、そこまでうまくいくとは限りません。完全に特定できてないけど、もうすぐ巣穴に逃げられちゃう……という場合は、怪しいキツネの中から1人、犯人とおぼしき名前をコールすることもできます。運まかせにはなりますが、この場合も一致していたらみんなの勝ち。違っていたら負けてしまいます。

outfoxed_014

手がかりと容疑者を効率的にバランスよく見つけるのが重要で、ベストな効率性とバランスとをチームで話し合うのがポイント。キツネのコマも結構なペースで進んでくるので、サイコロやカードの運にハラハラしながらだんだん答えに近づいていくのが楽しいゲームです。

(おわり)

« 1 20 21 22 43 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.