ゲーム紹介
  • HOME »
  • ゲーム紹介 »
  • ゲーム紹介

ゲーム紹介

「あわてんぼ魔女」─サイコロの条件通りにコマを動かして、鍋の中を探そう─

「あわてんぼ魔女」は、魔法の薬を煮込んでいる鍋の中から、足りない材料を見つけ出すゲーム。難しさの調節ができ、だんだん頭がこんがらがります。

2~4人でプレイできて、何人でもセット例はこんな感じ。ボード上にある大きめの丸タイルが鍋で、その中では材料がぐつぐつ煮えています。

まずは基本ルールでのプレイ例を紹介しましょう。自分の番にすることは、カップの中でサイコロを転がし、それをひっくり返して目を出すこと。出した瞬間、他のプレイヤーは声を揃えて説明書に載っている「魔法の呪文」を唱えます。時間にすると15秒くらいかかるでしょうか。

唱え終わったらサイコロにカップをかぶせて隠します。それまでの間にサイコロの目を覚えなくてはならないわけですが、この基本ルールではサイコロは1個なのでとりあえずは簡単ですね。

そして、心の中で魔女のコマをサイコロの目の数だけマスを進ませ、コマの前にある鍋をのぞき込みます。この魔女はおっちょこちょいなので、鍋の中に材料を1つ入れ忘れてしまっています。その入れ忘れを探しまょう。

上の写真ではわかりやすいように、鍋を1つと入っているべき10種類の材料チップを取り出してみました。10種類の材料のうち、まん中の鍋に足りないものが1つあるはずです。

鍋をひっくり返すと正解が載っています。この場合は靴下。これを正答できれば1点もらえるというわけです。答えを言ったら、全員でサイコロの目の通りにコマを動かして鍋を確認し、正解かどうかチェックしましょう。

サイコロを振る役を交代しながら、全員が4回その役をおこない、得点の多かった人が優勝、というわけです。これが基本ルール。

さて、ここからが本番。このゲームには追加用のサイコロがいくつか用意されています。緑のサイコロを入れると、コマを動かす向きが指定されます。水色のサイコロを入れた場合は、コマが止まった場所から、前後どちらの鍋を探すのかが指定されます。

これらのサイコロを増やして振って、上の写真のように出てきたとしましょう。心の中で操作すべきは「コマを反時計回りで5マス動かして、その後ろ側にある鍋の中を探す」というもの。まずはこれを呪文が唱えられる約15秒の間で覚えましょう。そして、プログラムを実行するように正しく処理しなくてはなりません。

さらなる追加要素もあります。それは、フェクスというキツネとオレンジのサイコロ。これらを追加して、オレンジのサイコロで月のマークが出た場合は、魔女ではなくフェクスを動かします。

ただし、フェクスはあまのじゃく。進む方向も、コマの向きも、探す鍋の前後も反対になるんです。

上の写真のようにサイコロが出たとしましょう。この場合、心の中で操作すべきは「フェクスを反時計回りに後ろ向きで3マス動かして、その後ろ側にある鍋の中を探す」というもの。

探すものも魔女の場合と違います。鍋の中には材料のうちどれか1種類が2つ入っているので、フェクスの場合はそれを見つけましょう。

この鍋だったら、答えはリンゴの芯。こうして文で書くとまだわかりますが、実際にコマを動かすところからやってみるとかなり混乱。サイコロの目を覚えて、するべき処理を理解して、正確に実行することが重要です。

テーマこそファンタジー風ですが、やってることはプログラミングっぽいのが意外なゲームです。

(おわり)

「プリンセス・ミーナのキラキラ首飾り」─実際にネックレスを作れちゃう、宝石絵あわせ─

「プリンセス・ミーナのキラキラ首飾り」は、宝石タイルの絵あわせゲーム。基本的にはトランプの神経衰弱と似ていますが、取った宝石で実際に首にかけられるネックレスを作れるのが特徴です。

2~4人で遊べて、何人でもセットの仕方はこんな感じ。自分の番ではこの中から2つめくって、同じ宝石だと手に入れることができます。

ここでは、ちょっと試しに全部ひっくり返してみましょう。

表側はこんな風に色とりどりの宝石になっています。ビジュアル的に引きが強いのはいいですが、トランプが1・2・3…というはっきり違う数字であるのに対して、宝石の色の違いは結構微妙。

「薄い黄色」「濃い青」と言葉に変換するのか、あるいは見たままの色のイメージで覚えるのか。トランプのときとはちょっと違った記憶の仕方をする必要があるかもしれません。

さて、これらを整理して並べてみると…。

こんな風になっています。タイルはいっぱいありますが、同じ形のタイルは8枚ずつ。ペアは必ず同じ形なので、形を目印にすれば見つけやすくなるわけです。説明書では4歳からとなっているこのゲーム、形がヒントになるのはちょうどよいかもしれません。

ゲーム中めくっていくうちに、たまに出てくるのが黒い石ころ。4種の形に1枚ずつ混ざっているこのタイルはハズレ。他の宝石と違い、「めくらないように覚えておく」という覚え方の違いが出てくるのが面白い要素です。

見事同じ宝石をめくったら、手に入れることができます。ただし、普通にもらうだけではないのがこのゲームの特徴。

各プレイヤーに配られているのは、こんなペンダント。ここにゲットした宝石を入れて、豪華にしていくわけです。

2つの穴にヒモを通していくのは、小さな子が手先を使う経験としてちょうどよさそう。そして、熱心に宝石を通しているうち、伏せられている宝石の場所を忘れがち。ここが普通の神経衰弱にはない要素で面白い。手先の作業をしつつも、これまで見た記憶を保っておくのがポイントです。

また、通している間に他のプレイヤーがめくる宝石も見ておかなければ当然不利になってしまいます。手先の作業と宝石の確認と、視線を切り替えるのも大事です。

場から宝石がなくなったら、手に入れた宝石の数を比べて順位をつけます。ヒモを結んで首にかけて遊びましょう。数が少なくても、お気に入りの宝石を手に入れられたのなら、数の順位とは違う嬉しさがあるかもしれません。

神経衰弱と同じと思いきや、色の記憶・手先の使い方・注意の切り替えと、いろんな要素が混ざっています。そしてなんと言っても、できあがったネックレスのキラキラ感が嬉しいゲームです。

(おわり)

「あの雲なあに?」─雲のタイルを並べて作る、お絵かき当てっこ─

「あの雲なあに?」は、雲タイルを並べて絵を描き、それが何かを当て合うゲーム。空に浮かぶ雲が何かの形に見えるときってありますよね。そんなシーンがモチーフです。

2~4人で遊べて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。人数での違いはプレイヤーコマの数が変わるだけ。たくさん広がる白いものは「雲タイル」。これを並べて絵を作っていきます。

自分の番にまずすることは、お題カードを自分だけが見るようにして引くこと。カードにはある絵が描かれているので、それが何かが他のプレイヤーに伝わるように、絵の制作者となって雲タイルを並べていきましょう。

例えばこんな感じ。他のプレイヤーは何の絵かわかったら、早い者勝ちで答えを言います。

正解できたら得点ですが、間違っていたらその問題での解答権はなくなります。じっくり見て確実に正解したいけど、急がないと他の人に答えられちゃう。正確さと早さのバランスを取りながら、相手が何を描こうとしてるかよく見て考えるのがポイントです。

今回の正解はカタツムリ。雲タイルの形と数には限りがあるので、そっくりそのまま作るのは難しいかもしれません。でも、特徴を捉えて作れば伝わるはず。誰かが正解してくれれば制作者の得点にもなるので、うまくやりくりして表現するのがポイントです。

誰かが正解したら、正解者と絵の制作者のコマを1マスずつ進めます。全員が不正解の場合は、悲しいことに誰の得点にもなりません。こうして順番に制作者を回していきます。

この問題、あせって「太陽」と答えてしまったら間違い。

正解はヒマワリ。解答者はどのタイミングで答えるかがポイント。制作者は雲タイルをうまく組み合わせるのがポイントです。これ、なんとかヒマワリって伝わったでしょうか…。

こうして制作者を交代しながら進めていき、自分のコマを最初に10マス進めたプレイヤーが優勝です。

カードのお題は身近でやさしいものが多いので、慣れてきたらオリジナルのお題を自分たちで作ってもよさそう。大人なら「恋愛」「ストレス」といった抽象的なお題も面白いかも。

なんとか工夫して作った絵をわかってもらえる瞬間がうれしい。早い段階で先読みして正解するのもしてやったり。絵作りでお互いに通じ合うのが楽しいゲームです。

(おわり)

« 1 20 21 22 52 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.