ゲーム紹介
  • HOME »
  • ゲーム紹介 »
  • ゲーム紹介

ゲーム紹介

「畑に水」─苗を植えて水をやって、元気な野菜を育てよう─

「畑に水」は、苗や道具を手に入れながら野菜を植えたり水をやったりして得点を集めるゲーム。「自分の畑にできるだけたくさんの元気な野菜を育てる」というイメージがわかりやすく楽しいです。

2~5人でプレイできて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。苗カードの手札とコインがそれぞれ4枚ずつ配られます。

自分の番ではまず、「池」の脇にセットしてある「チップ」を必ず1枚入れましょう。チップは両面印刷で、片面に水、反対面はコインとなっていますが、池に入れる時点では、面については気にしないでオッケーです。

4人プレイの場合、入れるチップは84枚。入れるチップがなくなった時点で育てた野菜を出荷して得点計算し、ゲームはおしまいになります。

池にチップを入れたら、7つの選択肢からどれか1つをおこないます。7つって多いな…と思うかもしれませんが、どれもやることはシンプルで、ゲームのテーマである野菜育てに直結することばかりなので心配はいりません。説明書でも8歳以上が対象とされています。

選択肢の1つ目は、場の市場から苗カードを買って手札に入れること。市場には購入に必要なコインの枚数が示されているので、その分コインを支払います。

苗カードが売れたら価格が高い方からカードを詰めて、一番高い価格のところに山札から1枚補充します。価格はコイン1~4枚ですので、欲しいカードをよいタイミングで買うことがポイントです。

選択肢の2つ目は、山札から苗カードを1枚無料で引いて手札に入れること。何の苗が手に入るかわからない分、タダで手に入るというわけです。

選択肢の3つ目は、手札の苗カードを自分の前に出すこと。自分の畑に苗を植えるイメージです。

ただし、場に出すにはルールがあります。苗カードの上部には、苗の種類によって1~5枚の葉っぱマークが描かれています。植えるためにはそのマークと同じ枚数のカードをまとめて出す必要があります。上の写真のカリフラワーだと3枚。

出した時点で、カードに書かれた数字の分だけ得点が確定します。カリフラワーだと6点ゲット。こうしてどんどん苗カードを場に出していくのが、基本の得点方法です。理由は後述しますが、カード下部の太陽マークが見えるように重ねて出しましょう。

選択肢の4つ目は、道具カードを買って手札に入れること。道具は4種類で、カード上部に購入に必要なコインの枚数が載っています。それぞれ人数分だけあって同じものを2枚買うことはできませんので、早い者勝ちではありません。道具はそれぞれに機能があるのですが、まだ効果を発揮しません。

選択肢の5つ目は、手札の道具カードを自分の前に出すこと。道具カードは場に出すことで初めて効果を発揮します。例えば上の写真の「堆肥」を出すとそれ以降、苗カードを場に出すたびに山札から1枚苗カードを引くことができます。

苗とは違って得点に直結しない道具カード。でも、長い目で見ると大きな効果につながるかもしれない。手に入れるにはコインが必要ですが、目先の利益だけに囚われない発想の活かしどころです。

選択肢の6・7つ目は、池に貯まったチップの半分を水またはコインとして手に入れることです。水とコインを混ぜて取ることはできず、どちらかに揃えることが必要です。残した半分は池から井戸に移動させます。

水は手に入れたら、すぐさま使う必要があります。場に出してある苗カードの太陽マークに乗せましょう。ひとまとまりになっているカードの全ての太陽マークに水を乗せると、その得点が倍になります。植えた苗に水をたっぷりやると、元気な野菜になって価値が上がるというイメージでしょう。

池のチップはたくさん貯まってから取る方が効率的。でも、誰かが取ったらまた1から貯め直し。他のプレイヤーの動向も意識して、判断する必要があります。

こうしてゲームを進め、池に入れるチップが尽きたらゲーム終了。植えた野菜を出荷するイメージで得点を計算し、一番高いプレイヤーが優勝です。

手に入れた苗を植えつつ、道具も揃えたい。そのためにはコインが必要だし、元気な野菜にするには水も欲しい。やりたいことがあれこれあるので、計画的に考えたり、行動するタイミングをうかがったりすることがポイントです。

選択肢は多いもののそれぞれはシンプルで、野菜育てというテーマもわかりやすい。アナログゲーム初心者や子どもでも、高得点を目指して「自分なりのやり方」を模索する楽しさを味わえるゲームです。

(おわり)

「デイサービス農園(協力ルール)」─動物が荒らしに来る前に、みんなで作物を育てよう─

「デイサービス農園」は、動物が農園を荒らしに来る前に、作物を育てて収穫するゲーム。個人戦ルールと協力ルールがあり、それぞれにルールの難易度が3段階ありますが、ここでは「協力ルールの中級モード」を紹介します。

1人以上の何人でも遊べて、セット例はこんな感じ。どの人数でプレイするときもセットの仕方は変わりません。

ボードの左上と右下にいるのはサルとイノシシ。ゲームが始まると、両方ともだんだん農園に近づいてきます。いずれかが農園にやってくる前に、カボチャ・ナス・トマト・メロンを育てて収穫することがゲームの目的です。

さて、自分の番ではまずサイコロを2つ振りましょう。そして、そのうち1つのサイコロを選んで、それと対応する作物の畑に「新芽チップ」を置きましょう。作物の下にあるマスの全てに「新芽チップ」を置けたら、その作物を収穫できます。

「新芽チップ」を置くマスに「足跡マーク」が描かれている場合は要注意。イノシシが1マス進んでくるからです。イノシシがだんだん進み、4つの作物を収穫する前に農園に来てしまったらミッション失敗です。

また、サイコロで1が出た場合は、サルが進みます。全ての作物の収穫前にサルが農園に来てしまった場合もミッション失敗です。

しかし、動物たちを後退させる方法もあります。サイコロの目の2を選んだ場合は、「猟師マス」に「新芽チップ」を置けます。チップを2つ置けたら、サルかイノシシのいずれかを選んで1マス後退させることができます。

作物の畑にチップを置いて育てたいけど、動物が来るのに備えて猟師マスにも置いておきたい…。攻守のバランスを見極めるのが考えどころです。

畑をチップで満たしたら、その作物を収穫することができます。

保管庫に移動させて一安心……なのですが、野菜の大きなタイルをどかすと、そこに描かれているのは動物。収穫したあと、対応する数のサイコロを選ぶ(選ばざるを得ない)ときには、描かれた動物が1マス進みます。というわけで、作物を収穫するほど動物の歩みは加速するわけです。

あと少しで全ての作物を収穫できる、でも、動物もかなり近づいてきてる…。どうすれば無事に成功できるかは、サイコロ運だけでなく1回1回の選択にも大いに関わってきます。

もちろん、協力型ですから、知恵や意見を出し合って判断の精度を高めることもポイント。迷ったときに意見を尋ねたり、人が気づいてない視点を伝えたりと、コミュニケーションも盛り上がります。

上級ルールでは使う「新芽チップ」の数に制限があって難度がグッとアップ。私も数回やってみましたが、一度も成功できずにうなりました。わかりやすいテーマとサイコロのドキドキ感の中、みんなで先を見通した考えを見出していくのが楽しいゲームです。

(おわり)

「キングドミノ」─タイルを並べて高得点の王国づくり─

「キングドミノ」は、できるだけ高得点になるようにタイルを並べて、自分の国を作るゲーム。思惑がうまくいき、得点の高い国を作れたときの気持ちよさが楽しいゲームです。

箱の中身のメインは、草原や森といった6種類の地形が描かれたタイル。タイルは1枚で2マス分の広さがあり、よく見るとわかりますが、中には王冠が描かれたものもあります。これらのタイルをつなげて並べ、自分の国を作っていきます。

タイルの並べ方にはルールがあるので、まずはそれを紹介しましょう。自分の城があるのは「スタートタイル」。ここには、どんな地形でもつなげることができます。

普通のタイル同士をつなげるときには、どこか1つでいいので同じ地形の辺が接するように並べなくてはいけません。森と森、湖と湖といった具合です。

また、自分の国の幅と奥行は、5マスまでにしなくてはいけません。6マス以上になるようには置けません。ゲーム本番で、つなげないタイルを取ってしまったときには捨てなくてはいけませんので要注意です。

続いて、国を作り終わったあとの得点計算のルールです。まずは、王冠の描かれたタイルに注目します。そして、そのタイルとつながっている同じ地形のマス数を確認しましょう。得点は「王冠の数×つながっているマス数」となります。

王冠タイルが孤立していても「王冠の数×1」の得点です。逆に地形がつながっていても、王冠がなければ0点です。計算結果を合計したものが総得点となり、一番多いプレイヤーが優勝となります。これでタイルのつなげ方と、得点のルールが確認できました。

もう一つ、タイル裏面の数字について説明しましょう。タイルの裏側には1~48の数字が振られています。上の画像を見るとわかりますが、小さい数字よりも、大きい数字のタイルの方が王冠が多くなっていくという傾向があります。

さて、ここまで確認したら、実際のゲームの流れを見ていきましょう。

ゲームは2~4人でプレイできて、4人プレイ時のセット例はこんな感じ。それぞれのプレイヤーの前には「スタートタイル」があります。

他のタイルはシャッフルして箱に入れ、そのうち4枚を取り出して並べます。箱に近い位置から、数字の小さい順に並べます。

続いて4枚のタイルをめくり、ジャンケンで勝った順に自分の「王様コマ」を欲しいタイルの上に置いていきます。このタイルはあとから自分のものになるので、ここでは「予約した」と考えておけばよいでしょう。

そして、新しくタイルを4枚取り出し、数字の小さい順に並べてめくります。これらが次に予約するタイルです。

今度の予約は、さっきの予約で数字の小さいタイルに置いたプレイヤーから順番におこなっていきます。さて、どこにしよう?数字の大きいタイルは得点につなげやすいけど、次の予約順は遅くなる。メリットとデメリットを踏まえて判断する必要があります。

ただ、自分にとってのタイルの価値は、いつでも数字の大きい方が高いとは限りません。得点のルールを踏まえて、どんな国を作っていくかの見通しをもつことも大切でしょう。

新しいタイルを予約したら、先ほど予約したタイルを取って、自分の国に並べていきます。どの地形をどんな風につなげるか、考えどころです。

これを繰り返して全員が12枚のタイルを取ったら王国づくりは終了。得点を計算して、順位を競います。

タイル選びの際には他のプレイヤーの国を確認することもポイント。自分の得点を追求しつつ、他人に取られせたらまずいタイルを察することも必要かもしれません。

この地形を育てていこう……と思っても、なかなかよいタイルが回ってこなくてもどかしいことも。その分、きれいに高得点の国を作れたときの嬉しさはひとしお。1ゲーム15分ほどと短い時間の中で、じっくり考える面白さを味わえるゲームです。

(おわり)

« 1 2 3 52 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.