ゲーム紹介

ゲーム紹介

「クアルト」─うっかり厳禁の多重四目ならべ─

「クアルト」は、共通点のあるコマ4つを1列に並べるゲーム。つまりは四目ならべですが、成立条件がいっぱいあるので油断禁物度がものすごいです。 箱の中身はボードとコマ。ボードのマスとコマはそれぞれ16個ずつあります。 碁石の …

「ドメモ」─論理と確率と駆け引きの数当てゲーム─

「ドメモ」は、自分からは見えないタイルの数字を推測して当てるゲーム。とても簡単なルールながら、しっかり考えどころがあります。 箱の中身は全て数字のタイル。1~7までで、タイルはそれぞれに書かれた数字と同じ枚数だけあります …

「グラビティ・メイズ」─やりごたえが頭にも手にも気持ちいい、立体迷路パズル─

「グラビティ・メイズ」は、立体迷路を組み立てて、スタートのブロックに入れた球をゴールまで転がすゲーム。大人でもかなりやりごたえのある3Dパズルで、複数人でワイワイ解くのも楽しいです。 箱の中身はこんな感じ。右上の「グリッ …

「ゴーゴージェラート」─カップでアイスを移して作る、スピードアクションパズル─

「ゴーゴージェラート」は、お客さんの注文通りにアイスを作るゲーム。カップでアイスの玉を移動させ、頭も使いながらすばやく手先を動かします。 2~4人で遊べて、3人プレイ時のセット例はこんな感じ。各プレイヤーは3色のアイス玉 …

「コードネーム:デュエット」─ヒントを出して言葉を見つけ合う協力型─

「コードネーム:デュエット」は、相手にヒントを出して、答えである言葉を伝え合うゲーム。全ての答えを見つけるために、協力しあって頭をひねるのがおもしろどころです。 基本的には2人でプレイするゲームですが、2チームに分かれれ …

「トレーディングフェイス」─カードを集めて表情あてっこ─

「トレーディングフェイス」は、さまざまな感情の表情をしてみせたり読み取ったりして、カードを手に入れていくゲーム。喜怒哀楽だけにおさまらず、いろんな顔をし合うのがおもしろどころです。 箱の中身は全てカードで、まずはこちらの …

「ウェンディゴの伝説」─おばけの正体を見破る、1人VSチームの対決バトル─

「ウェンディゴの伝説」は、子どもの姿に化けてまぎれ込んだおばけの正体を見破るゲーム。おばけ役の1名と、そのほかみんなのチームで、隠し通すか正体を見破るかで競います。 箱の中身は砂時計と、「キッズタイル」と「ウェンディゴタ …

「ピタンゴ」─カードの言葉にハマる言葉を見つける、早出ししりとり─

「ピタンゴ」は、カードの言葉と自分で考えた言葉を組み合わせ、カードを出しながらしりとりをしていくゲーム。頭の中をいろんな言葉がどんどん駆け巡ります。 箱の中身は全てカードで、メインとなるのはこの「お題カード」。100枚あ …

「サウンドカルテット」─動物の鳴きまねでにぎやかにカード集め─

「サウンドカルテット」は、他のプレイヤーからカードを集めて、同じ動物のカードを4枚揃えた組数を競うゲーム。ドイツでポピュラーなゲーム「カルテット」のアレンジ版で、ブヒブヒだのコケコッコーだの、このバージョン独特の楽しいに …

「ポニーラン」─相談とカードのやりとりで牧場づくり─

「ポニーラン」は、馬や柵のカードを並べて、上手に牧場を作ることを全員で目指すゲーム。プレイヤー同士、協力や相談をしながら進めていくタイプのゲームです。 箱の中身は全てカードで、柵・干し草・蹄鉄、そして馬の4種類です。 2 …

« 1 2 3 4 17 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.