ゲーム紹介

#記憶

「バーディーパーティー」─色とモノを覚えてめくる全員協力型─

「バーディーパーティー」は、パーティー主催者のリクエストに合ったプレゼントを見つけるゲーム。よく見て覚えて、全員で協力してミッションを成功させるタイプのゲームです。

箱の中身は全てカード。まずはこちらの「鳥カード」が16枚。ハチドリ・ホロホロチョウ・オウム・フラミンゴという4種類の鳥が4枚ずつ。めくると4色・4種類のアイテムが描かれています。これがそれぞれの鳥が持っている、パーティーに持参するプレゼントというわけです。

こちらは主催者から届いた「招待状カード」で、枚数はやはり16枚。片面の上段には鳥が1羽、下段には絵の具とプレゼントが描かれています。上の写真の例は「ハチドリさんへ…赤いもの、または、ケーキを持ってきてね」という意味です。

さて、ゲームを始めましょう。説明書には1~4人用とありますが、実際は何人でもオッケー。どの人数でもセット例はこんな感じ。

自分の番でまずするのは、「招待状カード」の山札から1枚めくること。出てきたのは「フラミンゴさんへ…青いもの、または、ネックレスを持ってきてね」という招待状です。

続いてするのは、招待状のあて先と同じ「鳥カード」を1枚めくること。上の写真でめくったところ、ネックレスではありませんが青いものが出てきました。色またはモノのうち、片方が合っていたので、この招待状はクリア。「鳥カード」は裏返して場に戻し、次のプレイヤーに交代です。

次の招待状は「オウムさんへ…黄色いもの、または、手袋を持ってきてね」。でも、めくったオウムのカードから出てきたものは、黄色でも手袋でもないので失敗です。この場合はその「鳥カード」を場から取り除きます。

続けて招待状と合ったプレゼントを探さなくてはいけません。一度違った場合は、もう鳥の種類に関係なくどの「鳥カード」でもめくれます。失敗したら「鳥カード」を取り除いて再挑戦、クリアしたら場に戻して次のプレイヤーに交代…を繰り返していきます。

こうして、全ての「招待状カード」をクリアできたらミッション成功。その前に「鳥カード」が場からなくなってしまったらミッション失敗です。

ゲームを進めるうちに、「あの鳥カードの裏は○色の□□だったな」ということがわかっていくので、見たことをよく覚えておくのがポイント。全員でミッション達成を目指すので、他の人の番のときにもコミュニケーションを取り合って協力できます。

箱には「4歳から」と書かれているこのゲーム。色または絵のマッチングということで、1つのカードに2つの情報があるわけです。「招待状カード」と「鳥カード」の照合は、自分がやったときも一瞬だけ「…ん?」と、合ってるかどうかの確認に時間がかかりました。小さな子どもにとっては、「どちらか片方でも条件が合っているか」ということを認識する経験になりそうです。

やってみるとわかりますが、全員協力型のゲームの中でもミッション成功はかなり簡単な部類。そういう意味では負けや失敗の受容が難しい子でも、安心して楽しめそうとも言えます。ルールに従って情報を処理し、達成感を味わう経験になるのが楽しいゲームです。

(おわり)

「スリーヒントゲーム」─聞いて覚えて絵札を探す、まぎらわカルタ─

「スリーヒントゲーム」は、読み上げられる3つのヒントに合う絵札を素早く探すゲーム。「聞いて覚えて探す」という連携が普通のよりもちょっぴり難しいカルタです。

箱の中身は全て厚紙製のカードで、読み札と取り札が48枚ずつ。読み札には3つのヒントが書かれていて、取り札にはヒントと対応する絵が描かれています。基本の遊び方はカルタ。読み上げをよく聞いて、それに合う取り札を探しましょう。

(※本来の製品はカドが直角ですが、写真は筆者がかどまるPROのMサイズで丸めたものです。さわり心地がグッと変わります。)

普通のカルタでは最初のひらがなだけで探せますが、このカルタはちょっと違う。読み上げを最後までよく聞いて、3つの説明を満たす札を探す必要があります。

48枚を広げると、なかなかの混乱度。たくさん散らばる札の中から、聞いた内容を一時的に保持してよく探すことが重要です。また、音声言語として得た情報を、絵という視覚情報に変換することも必要になってきます。

札を取るのはもちろん早い者勝ち。一連の情報処理と取るという行動を素早くおこなう必要があるので、実は結構シビアなゲームかもしれません。

動物は12種類で、それぞれ4枚ずつ。たぶん意図的なデザインだと思いますが、形や色合いが似ているもの同士があるので、よく観察することも大切です。

たくさん散らばる中から探すのは結構難しい。でも、読み上げを聞きながら「ぞうが確定した時点でぞうの位置を探し始めて、さらに続く情報から絞り込んでいく」ということは可能。もちろん年齢にもよりますが、情報の入力と行動を同時進行させれば、取れる確率は上がるわけです。

動物が違っても動作は似ているものもあるので、紛らわしさはさらにアップ。48枚の中から見極めるのは、なかなか大変で探しがいがありそうです。札を半分だけ使うなど、難易度の調整をしてもいいかもしれません。

説明書には、トランプの神経衰弱と同じルールの遊び方も掲載。絵には「動物・動作・服装」の3要素があるので、子どもによってはまずは絵合わせで遊んで「同じ/違う」を理解するステップをじっくり取るのもよさそうです。

個人的にはこのゲーム、3セット購入。カルタは年齢差や実力差がはっきり出やすいゲームなので、本気で競うと勝ち目がなくてやる気をなくす子が出る場合もありがち。

でも、取り札を複数セット使ってそれぞれに「自分専用の取り札」があるようにすれば、取る早さに差があっても人に取られることはなくなって、勝敗の厳しさがマイルドになります。1つ463円という価格も買いやすいです。

他にも、お話作りやクイズなど、遊び方のアレンジはいろいろできそう。普通のカルタからちょっとステップアップしつつ、遊びの幅も広がりそうなゲームです。

(おわり)

「証拠さがし」─ゲームとして成立するのか心配になるシンプルさの記憶勝負─

「証拠さがし」は、これまでに出てきた言葉を言わないようにするゲーム。なんだそれは…?と思うかもしれませんが、それがゲームの全て。ゲームとして成り立つのかと私も疑問でしたが、謎のおもしろさがあります。

箱の中身は4枚のボードと、36個の虫めがね型ピン。2~4人でプレイできて、プレイヤーはボードを1枚と、同じ数ずつピンを持ちます。

全てのボードには、アイテムが36種類描かれています。アイテムの種類は全てのボードで共通ですが、描かれている場所はボードごとに違っています。

自分の番にすることは、どれか1つのアイテムを言って、その絵の下にピンを刺すこと。たったそれだけ。ボードは他のプレイヤーに見えないように持ちましょう。

だんだん増えていくピン。もしも、すでに誰かが言ったアイテムを再び言ってしまったら、そのプレイヤーはゲーム脱落。最後まで残ったプレイヤーが優勝です。これがゲームの全て。衝撃的なシンプルさ。

言うまでもなく、聞いたことをしっかり覚えておくことがポイント。ゲームが進むに従ってだんだんきつくなっていく。やってみると、自分の番のときに「パイプって出たっけ?自信ないな…。あ、時計は大丈夫な気がする」と、頭の中で記憶の優先順位みたいなものがついて、それを吟味するのがなぜだか楽しい。

ボードの裏面は1~36の数字が書かれていて、こちら側を使うこともできる。覚えることが無機的になって、難度アップだ。

1回間違えると脱落という厳しさもいいけど、マイルドにしたいときは既出を言ったらマイナス1点で、全てのアイテム/数字を全員で出し切るまでやってもいいかもしれない。どっちにしても2回目は混乱度が一気に高くなる。間違えたときには、悔しさよりも笑いが来る感じなのも楽しい。

超シンプルな記憶ゲームという点では神経衰弱と同じだけど、プレイ感は全く別物。記憶の仕方が視覚と聴覚で違いがあるからだろうか。個人的にはこっちの方が断然好き。自分の得意度の差を知れるのも、おもしろどころかもしれないです。

(おわり)

1 2 3 12 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.