ゲーム紹介

#記憶

「WAになって語ろう」─話して聞いて、覚えて思い出す全員協力型─

「WAになって語ろう」は、いろいろなお題について話したことを、よく聞いて覚えて思い出すゲーム。たとえ忘れても、全員協力型なのでみんな助けてくれるのが頼もしいです。上の写真、ふろしきとお盆に箱が乗っていますが、そういうパッケージなんです。

箱の中身は全てカード。上段の「質問カード」と、下段の「お坊さんカード」の2種類があります。

ゲームをするときのセット例はこんな感じ。説明書にはプレイ人数に応じた使用カードの枚数が載っていますので、それを混ぜて1つの山札にします。今回は4人プレイの例として、15枚の質問カードと、1~5のお坊さんカードを1枚ずつ使うことにします。

自分の番にまずすることは、山札から1枚カードをめくること。めくったのが質問カードだった場合、カードを読み上げて右どなりの人に質問しましょう。そして、尋ねられたプレイヤーは質問に答えます。

このやりとりを覚えておくことがあとあと得点につながります。よく聞いて、覚えておくことがポイントです。

ゲームを進める中で、いろいろな質問が出てきます。お坊さんが作ったというこのゲーム、質問は「自分からわざわざしないような話」を意図して作っているとのこと。

上の写真の質問は「いま一番ワクワクしていること」。自分に向けられた質問だとしたら、それって一体なんだろう?答える人にとっては、改めて自分に向き合う機会になる。聞く人にとっては、一緒に遊んでいる人の内面を知る機会になる。

そして、「へー、そうなんだ!」「あー、わかる~」といった感想が飛び交うのが楽しい。答えに対して追加の質問をするのも説明書で推奨されています。やりとりが記憶に残りやすくなり、なにより会話が深まっていくのが面白い。

さて、ゲームを進めていくうちに、お坊さんカードが登場しました。この場合、めくったプレイヤーが、指定された数だけさかのぼった質問とその答えを言えたら、その数が全員共有の得点となります。記憶をたどって思い出しましょう。

上の写真では、4つ前のやりとりを思い出します。えーと、4つ前は○○さんが答えたはずだから、……なんだっけ?と、思い出せなくてもあきらめなくて大丈夫。他のプレイヤーも、そのやりとりの「感想」を言ってよいルールになっています。覚えていることからうまくヒントを伝えれば、忘れた相手も思い出せるかもしれません。

やりとりを思い出して言えたら、お坊さんカードをお盆に乗せて得点ゲット。言えなかったときは得点できません。4人プレイでは全問正答すれば15点、説明書ではそのうち10点以上取れたら全員の勝利とされています。

ここまでの写真で出てきた質問カードは、こどもでも答えやすいものとして設定されているものでしたが、大人向けのカードもあります。下の段の黒いカードは、「ブラックな質問」とされているもの。メンバーや雰囲気によって、使うカードはあらかじめ選択しておくとよさそう。

「みんなで答えよう」と書かれている質問カードも。これが出たら、全員が質問に答えます。また、この質問を思い出して言うときには、全員の答えを言う必要があります。これは結構難しそう。

質問カードは表・裏ともに、こども用・大人用の区別ができるデザインになっていて親切設計。こども用の方も、自分と向き合うような内容なので、大人がやっても面白いはず。

自分がやってみて一番笑ったのは、みんなで「この質問と答えだったはず」と確信したあと、さかのぼって質問カードを確認したら全然違ったとき。点を取るのが目的ですが、なんだっけ?あれ?と、みんなで迷ったり失敗したりしたときが楽しいというのが逆説的で面白い。

話して聞いて、覚えて思い出すというやりとりで、お互いを知り合ったり、協力して思い出したりするこのゲーム。「へえー!」「そうそう!」「あれ…?」となるのが楽しいです。

(おわり)

「ミノとタウリ」─相棒とワイワイ協力して、アイテム探す迷路探検─

「ミノとタウリ」は、ボードの向こうのプレイヤーと協力して、迷路に散らばるアイテムを素早く手に入れるゲーム。相手と忙しくワイワイやりとりするのが盛り上がります。

2~4人でプレイできて、おおまかなセット例はこんな感じ。立ててセットされたボードの左上には、赤と青のコマが。それぞれ磁石が仕込まれているので、ボードを挟んでくっつき合っています。

何人でプレイする場合もすることのベースは同じですが、2人プレイ時の進め方を説明しましょう。ボードを挟んで2人が座り、お互いに協力して進めていきます。

ゲームの目的は、迷路に散らばるアイテムのところまでコマを移動させ、約3分の砂時計が落ちきるまでの間にできるだけたくさん手に入れること。手に入れるアイテムは、山札のアイテムカードをめくって指定されます。上の写真では、「ワームホール発見器」なるものが出てきました。

目指すアイテムは、赤コマのすぐ下にあります。というわけで、赤コマ側のプレイヤーがコマを持って移動させましょう。ただし、アイテムの手前に壁があるので、このまま進むことはできません。

「すぐ下がアイテムなんだけど、壁あるんだよね。そっちはどう?」と、相棒に聞いてみましょう。

さて、その状態を反対側から見たところ。磁石でくっついた青コマも一緒に動いています。両側の迷路は違っていて、こちらのボードには壁がない。これなら青コマ側のプレイヤーがコマを持ち、下に移動できます。こうしてめでたく赤コマがアイテムをゲット。手に入れたアイテムは共有の得点となります。

時計の砂はどんどん落ちていくので、先を急ぎましょう。再びアイテムカードをめくって、次のアイテムが指定されます。

まずはお互いの状況を伝え合うのがポイント。左右は相手と入れ替わるので、言葉だと伝わりづらいかも。指で示すなど、コミュニケーションの仕方を工夫するとうまくいきやすい。

やってみるとわかりますが、3分の間とにかく話しっぱなし。そのうちお互いの見えない壁を覚え合って、やりとりがうまくいきやすくなるのも気持ちがいい。「あっちはここに壁がなかったはず!」と、記憶しておくのもポイントです。アイテムは全部で12個ですが、3分間で全て手に入れるのはなかなか難しいです。

迷路ボードはA~Dの4枚あり、その順に難度が上がっていきます。ここまでの例で使っていたのはBで、写真左のはA、右のがD。どのボードを使うかは一緒に遊ぶみんなで決めて、難易度調整ができます。

3~4人プレイ時は、自分の色を決めて全員で協力したり、パートナーを変えてペアごとの得点を競ったりする遊び方もできます。ベース部分は紹介した通りで、人がてきぱきあたふたやってるのを見てるのも面白いです。

互いの状況を、的確かつ素早く伝えるコミュニケーションを積極的に取り合うのがポイント。進めるうちに、相手と息があってススーッとアイテムまでたどり着ける瞬間があるのも気持ちいいゲームです。

(おわり)

「犯人は誰だ!」─みんなの記憶を結集して、犯人を追い詰めろ!─

あるところに、平和な王国がありました。そこで人々が穏やかに暮らしているのは、賢い国王が悪から守る力のある指輪を持っているからです。しかしある日、その指輪が盗まれてしまいました。国王は犯人を突き止めるべく、城にいる動物たちに聞き込みをすることにしました。

…というわけで、「犯人は誰だ!」は、プレイヤー全員で協力して、犯人を見つけるゲームです。

箱の中にはタイルがいっぱい。上段は動物タイルと食べ物タイル。長方形の人物タイルは、同じ絵柄のものが大小2セットあります。

2~5人で遊べて、セット例はこんな感じ。伏せてあるタイルは裏向きのままシャッフルして並べるので、表が何かは誰もわかりません。1枚だけ離してある小さい人物タイルが、指輪を盗んだ犯人です。

自分の番にまずするのは、サイコロを振ること。数字が出たらその数だけ全員共用の国王コマを時計回りでタイルの上を進めます。

今回は動物のタイルに止まりました。その動物の好きな食べ物を思い出して与えることができると、犯人のヒントをくれるようです。

というわけで、動物タイルの隣にある食べ物タイルが何なのか宣言して、めくります。

まあ、序盤は勘で言うしかありません。今回は外れてしまったので、時計の針を5分進めます。時計の針が一周した時点で犯人を見つけられないと全員の負けとなってしまいます。

そして、食べ物タイルを裏返しに戻します。ただ、再びここに来るときのために、何の食べ物だったか覚えておくといいでしょう。

続いては宣言が正解。この場合、さらに隣にある小さい人物タイルをめくります。動物が「ギタリストは犯人じゃないよ」と教えてくれた、というわけです。大きい人物タイルを裏返して、容疑が晴れた目印にします。この場合、時計は進めなくてオッケーです。

こうしてゲームを進めていきます。だんだん食べ物タイルの正体がわかってくるので、見たことをしっかり覚えておくのがポイント。もちろん全員協力型ですから、みんなで記憶を確認したり、伝え合ったりしていいわけです。

コマが止まるタイルは動物だけではありません。星のタイルに止まった場合、コマを好きな動物タイルに移動させ、その動物の好きな食べ物を宣言することができます。既知の記憶を生かすチャンスというわけです。

サイコロの面は、1・2・3の目が1つずつ。「サイコロの絵」の面が出たら、コマを1から3の好きな数だけ移動させられるので、うまく使えるチャンス。でも、時計の面が出たら問答無用で時計が5分進みます。サイコロ運もほどよく成否に絡んできますが、チャンスを生かしましょう。

また、おばけの面が出たら、時計回りで次の位置にある食べ物タイルと、まん中のおばけが持っているタイルとを入れ替えます。おばけの面だけは2面あるので、頻繁に入れ替わってかなりわかんなくなってきます。でも、全員協力型なので自分が忘れてしまっても誰かが覚えてくれているかもしれません。

さあ、もう少しで時計の針が一周します。このあとさらに時計が進み、一周した時点での人物タイルの状況を見てましょう。

一周するまでに、表向きの人物タイルが1枚になっていたら完全勝利。そいつか犯人です。犯人を完璧に追い詰めることができました。

複数枚の場合は、運にまかせて最後のチャンス。残っているうちのどれが犯人かを宣言して、犯人である小さい人物タイルをめくって確認しましょう。宣言したのと同じだったら全員の勝ち、違っていたら負け、というわけです。

完全勝利はなかなか難しく、達成する手応えもあります。必要なのは、運と記憶と、ちょっとの戦略。全員で運と記憶を共有して、状況によっては知恵を出し合うのもポイントになってくるゲームです。

(おわり)

« 1 2 3 12 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.