ゲーム紹介

#コミュニケーション

「いかだ動物園」─昨日の敵は今日の友─

ikada-doubutsuen_001

「いかだ動物園」は、いろいろな形のいかだに、どれだけ動物を入れることができるか予想するゲームです。手を寄せ合って協力する場面では、フィジカルでも距離が縮まる楽しさがあります。

ikada-doubutsuen_002

中身のセット例はこんな感じ。上の写真ではちょっと見づらいかもしれませんが…

ikada-doubutsuen_003

いかだの周りの動物カードの上には、同じ動物の木製コマが載っています。この、ぐるっといかだを囲んだ動物コマが、いかだの中の穴におさまるかどうかを予想します。

ikada-doubutsuen_004

プレイヤーは入ると思えば緑のチップ、入らないと思ったら赤のチップを出します。全員が緑チップなら動物カードと動物コマを1つ追加して再予想を繰り返していきます。複雑な形のいかだの中に、これまた複雑な形の動物コマが入りきるかどうか、よく見て見当をつけて考える必要があります。

さて、1人でも赤チップを出したなら…

ikada-doubutsuen_005

本当に入るかどうかの答え合わせ。入ると思ったプレイヤーは、砂時計が落ちるまでの間にみんなで動物コマをいかだの穴に入れていきます。手を動かしてカチャカチャさせるのがまず楽しい。うまく入らなくても、角度や順番を変えると入り方は結構変わる。アイデアを出し合って協力しながらの工夫が生まれます。

見事おさまれば緑チップのプレイヤーに得点、入らなければ赤チップの人に得点です。

ikada-doubutsuen_006

いかだは全部で6つあるので、ゲームは全6ラウンド。1ラウンド目は1点、2ラウンド目は2点…と得点があがっていくので、後のラウンドになっても順位が確定しづらいのも面白い。

「よく見て予想+手先を動かす+工夫と協力」という要素でテンポよく進みます。さっき意見が分かれた相手と今度は協力して動物を入れるなど、関係に変化があるのも楽しいゲームです。

(おわり)

「かたろーぐ」─楽しく距離が縮まる、おしゃべりのゲーム化アイテム─

catalo-gue_001

「かたろーぐ」は、互いの好みのランキングを当てあうゲームです。ゲームと言うより、おしゃべりのサポートアイテムとも言えますが、おしゃべりをゲーム以上にも面白くしてくれます。

catalo-gue_002

中身はこんな感じ。「かたろーぐ」にはいくつか遊び方があり、ここでは3人以上用のルール「パティろーぐ」を紹介します。

catalo-gue_003

まず、なんでもよいのでカタログ的なものを用意して、適当に7つのマーカーを置きます。写真の例ではゲームにサンプル用カタログとして入っている「たのしいこと」を使っています。

catalo-gue_004

出題役はマーカーと同じマークが描かれたカードを、裏向きにして自分の好みの順番に並べます。ここから他の出題者がこのランキングを当てていくのですが、ヒントとして4位だけは最初から明かします。

解答役は、まず1位を予想します。ただ、個人的にはすぐに答えの発表に移らず、質問タイムを設けた方が楽しかった。相手のことを知ろうとする、ちょっとこっぱずかしくもあるやりとりがゲームの中で自然発生するからだ。

そして、質問に答えるかどうかは出題役が決める、というくらいのゆるいルールの方がおすすめ。教えてくれなくても、その反応の仕方から読み取れるものもあるだろう。

catalo-gue_005

それぞれの予想の発表は、かけ声の合図で1位だと思うマーカーを指さしておこないます。そして…

catalo-gue_006

出題役が1位のカードをめくり、答えの発表。正解者はハートのトークンをもらえます。マーカーは裏返すと色違いになっているので、既出のものがわかりやすくなります。

これを他の順位でも繰り返していき、たくさんのハートをもらえた人が勝者、というわけです。ゲーム中は「そうなの~?」「意外!」「ほら~」「やっぱり!」と言った言葉が飛び交います。理由のやりとりも始まるので、自然と理解が深まっていきます。

catalo-gue_007

「かたろーぐ」のキャッチフレーズは「世の中全てがゲームになる」。サンプルカタログ以外に、チラシでも図鑑でもなんでも使えるのが楽しい。カタログにするものを選ぶ時点からゲームが始まってるとも言える。

身近な人でもそんなに仲良くない人とでも、年齢も問わず一気に距離が縮まるのが楽しいゲームです。

(おわり)

「ドラゴン・ディエゴ」─演技と観察のせめぎあいがあるビー玉はじき─

dragon-diego_001

「ドラゴン・ディエゴ」は、火の玉を模したビー玉を弾いて狙った的に入れるゲーム。ただ、自分の番以外でも得点のチャンスがあるのが特徴です。

dragon-diego_002

中身をセットするとこんな感じ。プレイヤーは順番に口から火を噴くドラゴンになって、火の玉を模した赤いビー玉を弾きます。

dragon-diego_003

自分の番で狙うのは、他のプレイヤーに見せないようにめくったタイルに描かれた宝物。上の写真の場合、弾いた火の玉が王冠のところに入れば得点になります。

dragon-diego_004

この場合は2つ入ったので2点。指先を慎重に使って狙うのが高得点への道。火の玉は3発ありますが、発射場所が少しずつ違うので全て命中させるのは大人でもなかなか難しい。

そして、火を噴いたプレイヤーが狙っていた的を明かす前に、他のプレイヤーにはすることがある。

dragon-diego_005

それは、火を噴いたプレイヤーがどの宝物を狙っていたか推理し、そのカードを出して発表すること。見事的中すると1点もらえるので、目線や指先の動きをよく観察しておく必要がある。他のプレイヤーの順番のときも、単なる待ち時間でないのがいい。

そういうシステムなので、ビー玉を弾くときの動作にも考えどころが出てくる。じっくり的を見て狙いたいところだけれど、ジロジロそればかり見てるとバレバレで、他のプレイヤーの得点につながってしまう。あえて目標から視線を外すことや、感情表現の演技が有効かもしれない。

もちろん見ているプレイヤーは、その行動が本当かどうかを察して判断してもいい。

演技とそれを抜見くこと、大人なら実生活の中で双方の必要がある場面、それぞれいくつか思い当たるだろう。

dragon-diego_006

箱のフチに乗ってるドラゴンのコマは、得点すると進めて順位がわかるようになっている。ゲームの内容に合わせ、各ドラコンが観客になっている演出がかわいい。

「行動の慎重さと正確さ×狙いを隠すための演技×それを見抜く観察力」ってなんだこれ、要素を書き出してみると大人向けにも思えてくるぞ。もちろん、対象年齢となっている5歳くらいの子から楽しめるゲームです。

(おわり)

「モンスターがすむ家」─相手と息を合わせて「ちょうどよさ」を体感する─

 

monstergasumuie_000

「モンスターがすむ家」は、ペアで協力してモンスターを運び、穴に落っことすゲームです。このゲームの場合、運ぶというのは実際に物理的に運びます。

monstergasumuie_002

中身はこんな感じ。ボードの中にいるオレンジ色のコマが運ぶべきモンスター。これを可動式のバーで挟んで迷路を移動させ、まん中の穴に落とします。

monstergasumuie_003

2人ずつ順番に、隣り合わせたプレイヤーでこうしてバーを持ち、スライドさせてどんどんモンスターを移動させていきます。角まで進むと交代、ハイッハイッと小気味よく進めていくのがコツ。まん中の穴に落としたらモンスターカードをめくって新しいモンスターを出現させ、これを砂時計が落ちきるまで続けます。

時間が来た時点までに落としたモンスターの数が、2人共通の得点。相手と息を合わせて手を動かすのが高得点につながります。

monstergasumuie_005

ただ、急ぐだけではうまくいかない。勢いをつけ過ぎるとこうしてモンスターが倒れてしまいます。この場合、スタート地点からやり直しになるので結構なタイムロス。素早く、でもちょうどよい手の動かし方が必要になってくる。

monstergasumuie_006

こうして2人ペアを交代しながら進めていきます。上級ルールでは迷路のポイントカードが登場し、モンスターを運ぶ際に必ず通らなくてはならない地点が指定される。この場合、どのルートを通るか2人で相談することも重要になってきます。

知人はこのゲームをしながら「これは…なんか…仕事みたいだ!」と言っていました。「時間制限×相手と息を合わせる×素早く、ちょうどよく手を動かす×ルートの打ち合わせ」というゲームの要素を考えると確かにそうとも言える。もちろん基本的にはワイワイと純粋に楽しいのに、仕事のシミュレートになってるかもしれないのがすごいゲームです。

(おわり)

「お姫様を助けるのは誰だ」─隠されたカギを探り、推理と記憶を共有─

ohimesama_001

「お姫様を助けるのは誰だ」は、魔法使い役と勇者チームで競ってすごろく状の盤面に隠されたカギを探し、先に手に入れた方がお姫様を塔から出すことに挑戦するゲームです。黒ひげ危機一髪システムも活用されています。

ohimesama_002

中身をセットするとこんな感じ。赤いコマの勇者を動かすプレイヤーのチームと、青いコマを動かす魔法使い役1名と分かれて、盤面のマスの下に隠されたカギを探します。

ohimesama_007

ゲーム開始前にカギを隠すのは魔法使い役。盤面の丸いチップがはまっているマスは、チップを外すと穴があり、勇者チームが目をつぶっている間にいずれかの穴へカギを入れて隠します。

ohimesama_003

2種類のさいころを振って動く順番や進むマス数を決め、盤面上を移動して探索。魔法使い役がカギを隠してるんだから有利でしょ!となりますが、魔法使いのコマのスタート位置は8マス分進まないと盤面に上がってこられない場所なのでご心配なく。

ohimesama_004

勇者チームはあとからやってくる魔法使いより前に、カギを見つけなければいけません。もちろん魔法使いも、勇者より先にカギを取ろうとします。

マスは分岐がたくさんあって迷路のよう。勇者は効率的にたくさんのマスを通るように考える必要があります。一度通ったマスは調べ済みなので、どこを通ったか覚えておくと有利になるでしょう。

カギのありかを探すヒントは、魔法使い役の動きや表情にあるかもしれません。勇者はそれを読み取ろうとしますが、魔法使い役は上手にコントロールしたり惑わせたりするとばれにくいでしょう。

ohimesama_005

そして、勇者はチーム。交代でさいころを振りながら、魔法使い役の様子や通ったマスの記憶を頼りに、どうコマを進めていくか相談が生まれます。誰かが忘れても、他の誰かが覚えていれば協力できます。

動かしたコマにカチッと手ごたえがあったらカギを見つけた合図。持ち上げると、コマの下に仕込まれた磁石にカギをくっついてきます。写真では勇者ですが、もちろん魔法使いが先に見つけることもあります。

ohimesama_006

見つけた人は姫が囚われている部屋ある6つの鍵穴のどこかにカギを挿します。1つだけが当たりですが、どれが当たりかは魔法使いも勇者もわかりません。当たると姫が飛び上がり、挿したプレイヤー側が勝ち。反応しない場合は魔法使い役がカギをセットしなおして2回目の探索が始まります。その場合、どこに挿してはずれたかを覚えておかないと、せっかくのチャンスを無駄にするかもしれません。

勇者チームはカギを早く見つけるべく相談し、魔法使いはそうはさせじと表情やコマの動かし方を工夫。挿絵もきれいな舞台の中で、それぞれの思惑が交差するのが楽しいゲームです。

(おわり)

 

« 1 5 6 7
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.