ゲーム紹介

#コミュニケーション

「ゴーストブラスター」─変則すごろく+神経衰弱でおばけを捕まえる全員協力型─

ghostblaster_001

「ゴーストブラスター」は、お城を探検しながら、記憶を駆使してオバケを捕まえるゲーム。プレイヤー同士で競うのではなく、全員で協力して全てのオバケを捕まえるのが目的です。

ghostblaster_002

セット例はこんな感じ。左下のタイルがお城の入り口で、その上にはブラスター銃を手にしたゴーストハンターのコマが3つ乗っています。

ghostblaster_003

各プレイヤーは自分の番が回ってきたら、サイコロを振ってその数の分だけコマを動かし、タイルの上を進めます。斜めには進めませんが、四方には自由に進めて、途中で曲がるのもオッケー。また、普通のすごろくと違ってコマはプレイヤーと結びついていないので、誰がどのコマでも動かせます。

そして、動かした先のタイルをめくりましょう。多くの場合、そこにはオバケが隠れていて、その姿を確認できます。

ghostblaster_004

こうしてプレイヤーは、順番にコマを進めてお城の中を探検します。

隠れているオバケは3種類。上の写真では3つのコマがばらけていて、別々のオバケの姿が見えている状態。タイルをめくったまま保持できるのはコマが上にいるときだけで、コマが移動したらタイルは裏返して戻します。

ghostblaster_005

サイコロを振ってコマを動かしタイルをめくり…を繰り返していくうち、同じオバケが3つ現れたら、オバケ捕獲に成功です。ブラスター銃から一斉にベトベト弾を放った気分で、3つのおはじきをそれぞれのタイルに乗せましょう。これらのタイルはコマが離れても、ずっとこのままにしておけます。

こうして18匹、全てのオバケを捕まえることができたらミッション成功です。どこにどのオバケがいたか、よく見て覚えておくことが成功への道。

ghostblaster_006

しかし、サイコロを振って出てくるの数字の目だけではなく、クモの巣時計のマークの場合もあります。このときコマは進められず、時計の針が1つ分進みます。オバケを全て捕まえる前に針が一周したらミッションは失敗。ですから、タイムアップになる前に効率よくコマを進めることもポイント。

ghostblaster_007

また、めくったタイルから出現するのはオバケだけではありません。鍵穴のタイルが2枚混ざっていて、このタイルをめくってしまうと…。

ghostblaster_008

そのコマの色と対応するお城の隅の地下牢へと、コマを移動させなければなりません。捕まった目印としてコマを倒しておきましょう。ここに入ったコマは動かせません。ですから、同じオバケを3つ同時に出すことも不可能になってしまいます…。

しかし、地下牢に囚えられたコマを救う方法があります。それは、別のコマがその地下牢タイルを通過または止まること。助けられたらコマを立てて復活、再び3つのコマでオバケ探索を続けましょう。

ghostblaster_009

18匹のオバケは3種類が6匹ずつ。会話は自由なので、「ここはこどもオバケだったはず!」「そっちはじいさんオバケだろ!」と、記憶を共有して協力するのも大切。鍵穴だったのを忘れて止まろうとするプレイヤーもいたりするので、「やばいって!」と止めることもあるかもしれません。

ghostblaster_010

まず、オバケ退治というテーマがキャッチー。「あれ、ここなんだっけ?」「女オバケだよ!…あれ、違った……」なんてワイワイ言いながら、協力したり混乱したりするのが楽しいゲームです。

(おわり)

「バウンス・オフ!」─弾んでカシャ!が気持ちいいバウンド玉入れ─

bounceoff_001

「バウンス・オフ!」は、ボールを弾ませてトレーに投げ入れ、お題通りに並べるゲーム。うまくいったときの「コツーン、カシャ!」という感覚が気持ちいいんです。

bounceoff_002

2~4人で遊べて、4人でのセット例はこんな感じ。何人で遊んでも楽しいですが、向かい合ったプレイヤー同士がチームになって順番に投げ入れる4人プレイがおすすめなので、ここではその進め方で紹介します。

bounceoff_003

プレイ開始前には、チームごとに1枚ずつ「お題カード」引きます。各プレイヤーが順番にボールをトレーに投げ込み、カードと同じように先に並べたチームが勝ち。ルールはとてもシンプルです。

ただし、投げ入れるときにはルールがあります。それは「1回以上バウンドさせてトレーに着地させる」というもの。失敗したときはボールを戻します。

bounceoff_004

うまく弾ませて、スコッ!とトレーに入るのがなんとも気持ちいい。力の込め方・手首の使い方・球を放すタイミングなど、連続した流れで総合的に調整するのがポイント。

bounceoff_005

 

戦略的には、どんな風に並べていくかが考えどころ。いつも狙ったところに入るわけでもないので、状況に応じて柔軟に対応することも必要。また、自分チームの手を進めるのか、相手チームの邪魔をするのかも状況判断のしどころ。もちろん、場面によっては攻守一体化した選択もあって、その発見・成功がまた気持ちいい。

そして、今回は4人プレーでのチーム戦。作戦を相談するコミュニケーションも生まれたり、「ナイス!」「ドンマイ」「おいおい!」と飛び交ったりもするわけです。

お題カードは回転させてもオッケー。上の写真の場面では、青チーム・黄色チームともにお題達成のリーチ。個人的な感覚では、自分の手前側を狙うのは比較的やさしく、奥側は難しい。こうした要素も狙いを定めるときのポイント。

bounceoff_006

手元にボールがなくなったら、すでに入っている自分チームの球を1つ取って、それを投げ入れる。どこを取ると有利に進められるのかも考えどころです。

bounceoff_007

お題カードは黄色枠の初心者用と、青枠の上級者用とがあるので、使い分けたりハンデをつけたりすることも可能。個人戦もオッケーだし、順番制にしないでリアルタイムの早い者勝ちにする方法も。ルールがシンプルな分、いろんなアレンジの仕方がありそう。

いろんな人たちと遊びましたが、年齢を問わず楽しく感じる打率の高さはかなりのもの。幅広く楽しめるゲームです。

(おわり)

「虹の国」─魔法使いVSプレイヤー全員の協力型すごろく─

nijinokuni_001

「虹の国」は、すごろくタイプのゲームですが、ゴールに入る順位を競うわけではありません。虹のしずくを集めて、魔法使いが壊してしまった虹を取り戻すというミッションを全員で成功させることが目的です。

nijinokuni_002

2~6人まで遊べて、6人プレイ時のセット例はこんな感じ。人数が違った場合も、左上のスタート地点にいるコマの数が変わるだけです。

nijinokuni_003

プレイヤーは自分のコマの色を決めて、順番にサイコロを振ってコマを進めていきます。上の写真は、スタート地点にいた赤のプレイヤーが4を出して進んだところ。止まったマスにあるのは色おはじきは「虹のしずく」。ちょうどで止まると手に入れることができます。

nijinokuni_004

手に入れた虹のしずくは、壊れてしまった虹に戻しましょう。色を合わせて欠けた部分に乗せると、本来の色に戻ります。この仕掛けがビジュアル的にきれいで楽しい。

nijinokuni_005

すごろくタイプのゲームですが、前に進むだけでなく、後ろに戻ることもできます。上の写真で5の目を出した黄色のプレイヤー、後ろに戻ればちょうど青い虹のしずくを手に入れることができます。こうしてみんなで虹のしずくを集めていきますが、コマの動かし方の特徴はこれだけではない。

nijinokuni_006

上の写真、青のプレイヤーが1を出したところ。実はこのゲーム、誰がどのコマを動かしてもいいことになっている。この状況だったら、青のプレイヤーが緑のコマを動かせば虹のしずくを得られる、というわけ。

そのため、サイコロを振ったら、自分のコマだけでなく全てのコマを見渡して、どれを動かしたらいいのか考えるのがポイント。普通のすごろくと違い、視野を広く持つことがミッション成功につながるわけだ。

nijinokuni_007

他にも考えどころは発生する。例えば上の写真、茶色のプレイヤーが虹のしずくを取ったところですが、そのマスには5の目の表示が。これは「サイコロの目が書いてあるマスに止まったコマは、その目が出たとき以外には動かせない」という意味。

先のルール通り、茶色のプレイヤー以外が5を出したときにも茶色のコマは動かせます。常に他のプレイヤーのコマの状況も把握しておけば、そのときにベストの選択がしやすくなる。もちろん、サイコロを振ったプレイヤーが気付かないときは、他のプレイヤーが伝えてもいいでしょう。プレイヤー全員は、共通の目的をもったチームであるわけです。

nijinokuni_008

こうしてマスを行き来しながら虹のしずくを集めていくわけですが、虹を壊した魔法使いも黙っているわけではない。全てのプレイヤーが魔法使いの手下であるカラスのマスを通過すると……。

nijinokuni_009

それ以降、各プレイヤーはサイコロを振るとき、普通のものと合わせて紫のサイコロも一緒に振ります。そして、紫の目の数の分、魔法使いが進んで追いかけてきます。魔法使いの紫サイコロの目は1・2・0となっていて、0が出るとホッとしますが、どんどん進んでくることもある。迫りくる魔法使いにドキドキしながら、その場でのベストの判断を考えるのが楽しい。自分が気付かない場合でも、他のプレイヤーが教えてくれることもあるでしょう。

nijinokuni_010

こうしてマスを進んでいき、全ての虹のしずくを集めて、全員がゴールである太陽にたどり着ければミッション成功。全員がゴールする前に、魔法使いが太陽にたどり着いてしまったらミッション失敗です。

すごろくだけど協力型というのが珍しい。自分のことだけでなく、ボード全体をみんなでよく見て考えるのがポイントのゲームです。

(おわり)

« 1 6 7 8 13 »
PAGETOP
Copyright © さいころテーブル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.